人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

映画と私(20) 『リバティ・ハイツ』 | トップページ | テレビと私(19) 『R30』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/81-ada0d46a

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
『記憶のはばたき』
【※ネタバレあります※】


原題:TILL HUMAN VOICES WAKE US
製作年:2001年
製作国:米国・オーストラリア  101min.

・監督:マイケル・ペトローニ
・出演:ガイ・ピアース/ヘレナ・ボナム=カーター/ブルック・ハーマン/リンドレイ・ジョイナー 他

記憶のはばたき - allcinema ONLINE


内容紹介:
精神分析医のサム・フランクスは15歳の時、幼馴染みのシルヴィを故郷の湖で失ってしまった。遺体は見つからなかった。2人の触れ合いの中で一番のお気に入りは“言葉あそび”だった。サムはその事件以来、感情を抑制して生きていた。ある日、父親が亡くなり、サムは事件後初めて故郷の町へと戻った。ある嵐の夜、サムは増水した川に落ちた女性を助けた。彼女は、サムが故郷へ戻る列車の中で出会ったルビーと名乗る謎めいた女性だった。ルビーは事故の影響で記憶を失ってしまう。サムは“言葉あそび”で彼女の記憶を取り戻させようとするが…。

評価:★★★☆☆(3点/5点)
・2005/04/30 fox


 この映画のジャンルは何になるのだろう。おもしろいかと言われれば、しごく退屈な時間をすごすことになった。途中でオチは見えてくる話だ。そういう意味では『シークレット・ウィンドウ』を観た後の不足感がある。

 けれども、きれいな風景、きれいな音楽に終始していて、心地よい感覚はあった。ストーリーよりは感覚に訴えかけてこられた感じがする。きれいな映像と音楽で心地よい気分をもたらし、韻のある言葉や含蓄ある言葉で何だか心の琴線をはじいてくる。

 そういうわけで、特に感想といったものには乏しい。。。娯楽とか感動とかはないけど、精神安定のためとか睡眠薬として見たい映画かも知れない。。。



■トラックバック送信先



■関連リンク
映画「記憶のはばたき」______Till Human Voice Wake Us
記憶のはばたき@映画生活
記憶のはばたき - allcinema ONLINE



■関連エントリー
映画と私(16) 『コンスタンティン』
映画と私(15) 『コーラス』
映画と私(14) 『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』
映画と私(12) 『真夜中の弥次さん喜多さん』





記憶のはばたき
記憶のはばたき
posted with amazlet at 05.05.05
ケイエスエス販売 (2003/04/25)
売り上げランキング: 33,741
通常4日間以内に発送



シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2005/04/22)
売り上げランキング: 121
通常24時間以内に発送


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/81-ada0d46a

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。