人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

政治と私(13) 公務員もクビになる | トップページ | 映画と私(19) 『ムッソリーニとお茶を』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/63-a7cbc4c3

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
天皇陛下、事故被害者たちをお気遣いに…親善訪問会見 (読売新聞) - goo ニュース

この日の会見には、外国メディアの代表も同席し、「学校で国歌斉唱と国旗掲揚を強制させることについてどうお考えか」と質問。陛下は「世界の国々が国旗、国歌を持っており、重んじることを学校で教えることは大切なことと思います。オリンピックでは優勝選手が日章旗を持ってウイニングランをする姿が見られます。選手の喜びの表情に強制された姿はありません。国旗、国歌については、国民一人ひとりの中で考えられていくことが望ましいと思います」と答えられた。


 外国人でないとこんな質問できないよな。。。質問の瞬間に記者会見に同席した人々は青ざめたことだろう。僕だって心臓とまるかと思うかも。。。

 これに対しての天皇陛下のお言葉は、さすがと言えるよう。視点が高みにある。これで園遊会での「強制でないことがのぞましい」というご発言の補足を知ることになり、すっきりした気もする。

 国旗、国歌については我々自身がそれについて考えなければならないだろう。強制されてはならないし、否定されてもならない。そして国旗、国歌はひとつの社会に属する人間にとって、その存在を必要とするものだろう。

 国際人となることを頻りにすすめられる現代社会では、その基盤となる生まれた国家の存在が不可欠。生まれた地域の文化の深みが不可欠。そんな人間にとって、自分自身のルーツの象徴は用意されているべきものだ。

 これを機に、強制も否定もされない教育政策をのぞみたい。



■トラックバック送信先



■関連リンク
天皇陛下、事故被害者たちをお気遣いに…親善訪問会見 (読売新聞) - goo ニュース



■関連エントリー
政治と私(12) 不当な予算をとって、しかも余らせる
政治と私(11) 大阪市、多忙
政治と私(10) 独立行政法人と収益
政治と私(9) 道路公団は職員用テニスコート94面所有
政治と私(8) 大阪市民の逆襲





日の丸・君が代の戦後史
田中 伸尚
岩波書店 (2000/01)
売り上げランキング: 167,434
通常2~3日以内に発送


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/63-a7cbc4c3

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
>若葉さん
- 管理人 #2mK3jtMU | URL |
いつもありがとうございます。
この会見、いろんな意味ですごかったろうなあと思います(笑)。
リンクの変更、お手数おかけしました。
2005/04/29(Fri) 22:48:49[ 編集 ]
読ませていただいています
- 若葉 #OQHa4M62 | URL |
私も強制も否定もされない教育政策をのぞみたいです。
園遊会での発言を聞いてほっとしました。
>
ブックマークの方、「人間喜劇」に変更してリンクさせていただきます。
2005/04/29(Fri) 12:47:53[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。