人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

Webサービスと私(20) プレスリリースって? | トップページ | ニュースと私(27) PS3とXbox3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/6-f63cc0d9

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
 PL学園と横浜高校の延長17回の死闘は松坂投手(現ライオンズ)の高校時代の伝説として名高い。

 春の選抜で松坂投手に抑えられたPL学園は、雪辱を期して夏の甲子園で再び松坂投手に相まみえた。

 PLファンにとって、そのPL学園の当時の主軸はエース上重投手と4番サード古畑選手というイメージだろう。だが、横浜戦でその陰は薄かった。上重投手は連投を配慮して途中からの登板だったし、古畑選手は松坂投手に全く歯が立たなかった。

 活躍したのは、田中一徳選手(現ベイスターズ)と大西選手(現バファローズ)。この二人は完全に松坂投手を打ち崩していた。そのPLをキャプテンとしてまとめあげていたのが平石選手(現ゴールデンイーグルス)。

 横浜戦で活躍した大西選手は、昨年初頭ブレイク。大阪近鉄バファローズの外野のレギュラーをつかみ、将来のバファローズの打の中心になるかと思われた。鈴木貴久コーチの愛弟子として、豪快なバッティング。振り切ったバットをクルクル回す姿は鈴木コーチの現役時代を髣髴とさせ、ボールを強く叩く意識は、いてまえのバッティング継承者として遜色ない。鈴木氏の急逝も伴い、その期待は膨らむばかりだった。

 そんな中、合併騒動でオリックスブルーウェーブ、大阪近鉄バファローズの2チームは消えてしまう。

 どさくさの中、大西選手はオリックスバファローズへ。いっぽう、ゴールデンイーグルスという新チームに平石選手が入団。



 ペナントレースが開幕して、二人の立場が入れ替わってしまった。

 新入団の平石選手はイーグルスのレギュラーを獲得しつつあり、昨年レギュラーを獲得していた大西選手は逆にベンチをあたため続けている。

もちろん平石選手にはがんばってもらいたいが、それ以上に大西選手には活躍してもらいたい。いてまえ遺伝子最後の継承者として、ガンガン試合に出て、ガンガン打ってほしいのだ。チーム編成の事情もあろうが、ここは5年後を見据えて大西選手を常時試合に出してほしい。仰木監督の英断を期待する。



■トラックバック送信先



■関連リンク







■関連エントリー


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/6-f63cc0d9

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。