人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

ニュースと私(65) むしゃくしゃしてやった。今は反省している。 | トップページ | ニュースと私(66) 竹のキーボード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/319-26bab30b

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
反省すべきは「待ち組」…首相、猪口少子化相ら造語で (読売新聞) - goo ニュース

 小泉改革の結果として「勝ち組」と「負け組」の二極化が進んでいるという批判に対抗するため、小泉首相や猪口少子化相が「待ち組」という言葉を使い始めた。
 勝ち負けの“二元論”にくさびを打ち込み、改革の影の部分が論点になりそうな風向きを変えたいという思惑もあるようだ。

 「待ち組」は、フリーターやニートなど「挑戦しないで様子をうかがう人」を意味する造語。猪口氏は1月31日の記者会見で、「『負け組』は立派だ。その人たちは戦ったのだから。本当に反省すべきは『待ち組』だ」と述べて、フリーターらの奮起を促した。

 小泉首相も2日の内閣メールマガジンの中で「待ち組」の存在を指摘し、「そういう人々も持てる力を存分に発揮し、創意工夫を活(い)かすことができる社会にしなくてはならない」とつづった。

 こうした首相の呼びかけに連動するように自民党では、衆院当選1、2回を中心とする若手議員約50人が2日、「若者を応援する若手議員の会」を発足させた。会長の西村康稔衆院議員は設立総会で、「猪口大臣も全面的に協力する。若い世代の声を吸い上げ、国民運動を盛り上げていきたい」と訴えた。

 同会は6月までにフリーター・ニートや少子化対策に関する政策を提言する方針だ。


 小泉内閣の特徴を鑑みた上での発言ととらえると、これは「改革」への批判をかわす手段としか思えない。しかし、言っていることは至極真っ当でもあるのである。

 待ち組を生産するこの社会は問題だろう。小泉内閣がこの社会を本当に問題視しているのか、はっきりとした対策をうってくるのか。非常に期待薄なところで、やはりパフォーマンスであるとしか感じられない。

 ただ、政府に期待しないとしても、待ち組を生産しない社会とする意識は国民一人一人に必要だろう。親として子どもをどう育てるのか。教育現場でどういった施策を打つのか。デキない奴を待っていてはどうしようもない。親や教師がこの言葉をどう捉えるかが問題であると思う。



■トラックバック送信先



■関連リンク
反省すべきは「待ち組」…首相、猪口少子化相ら造語で (読売新聞) - goo ニュース



■関連エントリー





下流社会 新たな階層集団の出現
三浦 展
光文社 (2005/09/20)
売り上げランキング: 362


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/319-26bab30b

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。