人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

ニュースと私(62) 一年で最悪の日 | トップページ | ビジネスと私(17) コンビニの行方
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/307-6a3c9fc7

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
 センター試験が終わったが、今年もミスが指摘されている。特に今年は英語のリスニングを試行した年だった。それだけに細心の注意を払っていたようだ。

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - センター試験 初の英語リスニング 故障は大丈夫?

 21、22日の大学入試センター試験で、英語のリスニング(聞き取り)テストが初めて行われる。約55万人の受験生の大半が、配布されたICプレーヤーで一斉に挑む。同センターは円滑な実施に自信をみせるものの、受験生側からは故障や騒音によるトラブルへの不安の声も上がっている。【井上英介、太田阿利佐】
 東京都渋谷区の大手予備校「代々木ゼミナール」の模試を、記者も受けてみた。ICプレーヤーのイヤホンを付け、「始め」の声で再生ボタンを押すと、30分間、音声が流れる。問題文が2度朗読された後に解答するが、選択肢に気を取られて次の問題を聞き逃す。焦りが増すうちに試験終了。同室で受験した1浪生(19)は「苦手です。何でこんなことやるんですかね」と苦笑した。
 リスニングテストは、英語のコミュニケーション能力重視の新学習指導要領で学んだ高校生の大学受験を機に導入された。英語受験者は必須で、配点は筆記200点に対し50点。国公立大の多くが合否判定に利用する。
 試験会場の放送設備ではなく、巻き戻しや一時停止ができないICプレーヤーを受験生に1台ずつ配布する新方式を採用。高校や予備校は同様の機器を導入して対策を進めてきた。
 大学入試センターは「プレーヤーは腰の高さから落として動作を確認しており、故障はまずない」と話す。だが、約55万台がすべて正常に動く保証はない。予備機は50人につき2台。京都大学では試験官から「受験生にトラブルを訴えられても、確認しているうちに問題が進んでしまうので予備機を渡すしかない。それにしては数が少ない」などの指摘が相次いだ。
 事故機はセンターが回収するが、トラブルが確認できなければ「不正行為」とみなされる可能性も。河合塾進学事業推進部の藤橋研二チーフは「たとえ故障が1、2台でも、それに当たった受験生への影響は避けられない。無事故を祈るしかありません」と話す。
 また、航空機などの騒音、受験生のせきやくしゃみなど「日常的な生活騒音」の邪魔が入っても再試験などの救済措置は取られない。
 基地に近い琉球大学では、米軍に上空の飛行を避けるよう申し入れた。北海道大学では「せきのひどい受験生がいて苦情が出た場合、別室での受験も検討する」。また、京大では一つの机に受験生3人がけを予定していたが「真ん中の人が退出する際、端の人のリスニングに影響する」として2人がけに変更した。
 韓国でも「大学修学能力試験」でリスニングテストを行っているが、試験中は航空機の離着陸が禁止され、会場周辺の鉄道も徐行する。韓国の受験事情に詳しい李賢進・帝塚山大学講師(日本論)は、「日本以上に学歴重視だけに、試験中に米軍機が訓練をしたとして対米感情が一気に悪化した地域もある」と話す。


ライバルは騒音、初のリスニング 大学も神経とがらす (朝日新聞) - goo ニュース

 大学入試センター試験でのリスニングの導入を受けて、試験会場となる大学などは騒音に神経をとがらせている。周辺施設などに対し大きな音を出さないよう配慮を求めてきた。

 福岡市東区の九州大学の上空は、福岡空港を離着陸する飛行機がひっきりなしに通過する。大学入試センターは今月16日、初めて福岡空港事務所に、リスニング時間帯の配慮を文書で要請した。同事務所は「旅客機の対応は難しい」として、ヘリや小型機の団体に飛行自粛を求めたという。日本航空と全日空の広報は「航路が決まっており、現実的には難しい」と話す。

 沖縄県西原町の琉球大は米軍機の爆音が聞こえることがある。例年通り、昨春に今年度のセンター試験や各種試験時に上空を飛行しないように求める文書を、那覇防衛施設局を通じて米軍に渡した。だが、今回は、今年に入りさらにもう1回文書で依頼したという。同大によると、例年、要請通り飛行は中止されるという。

 慶応義塾大(東京都港区)は、三田キャンパスが試験会場となる。例年同大の入試が始まる2月に、近くの警察署や消防署などに、緊急車両が通過する際のサイレンに「配慮」を求めている。しかし、今年はリスニングを意識して、1月中旬に依頼を済ませたという。

 福島県郡山市の日本大工学部は、土日も関係なく、4月から使う校舎の新築工事をしてきた。しかし、騒音などに配慮して、21、22の両日は工事を一時中断する。入試担当者は「本当は一日も早く工事を進めたいところだが、受験生に不利益にならないように万全を期す」と話した。


 上記のような注意の払い方であるも、やはりミスは出ている。

リスニング不具合でも試験続行 全国で5件発覚 (朝日新聞) - goo ニュース

 トラブルが相次いだ大学入試センター試験の英語のリスニングテストで、大学入試センターは22日、機器の不具合で本来なら再テストを実施すべきなのに試験を続行させていたミスが5件発覚したと発表した。これらの受験生に対しては別な問題を使う28日の再試験を認めることを決めた。また、報告の遅れた大学の分を加えて、再テストを実施した受験生の数は453人に拡大した。

 リスニングは初日の午後に実施された。ICプレーヤーの動作確認や試験進行の説明の後、30分間実施された。受験者は49万2596人だった。

 実施ミスがあったのは群馬大▽静岡大▽名古屋市立大▽大阪産業大▽就実大(岡山)の5会場5人。

 受験生から「音が大きくなったり小さくなったりする」「片方のイヤホンが聞こえない」などの訴えがあったのに、監督者は中断して再テストに移行させずに試験を続けさせたという。受験生から実施大学側に苦情が寄せられた。

 ほかに、消しゴムを落とした受験生が、自分で拾えない規定なので手を挙げたのに「すぐ拾ってもらえなかった」など、受験生側からの苦情や申し出が4件あった。これらを含めて計9人に再試験を認めることにした。

 一方、センターによると、ICプレーヤーの不具合などのために再テストの申し出があったのは、全国の301会場461人。このうち、本人の意思で辞退した8人を除く453人が、その日のうちに再テストを受けた。

 再テストの原因をセンターが集計したところ、うち437件を「機器の不具合」が占めた。この詳細は(1)音声が止まったなどの機器不良=366件(2)音が大きくなったり小さくなったりする=52件(3)イヤホンの不良=19件――となっている。

 その他の24件は、ICプレーヤーを落とすなど機器自体の不具合とは別の要因だった。

 記者会見した松浦功事業部長は「再テスト自体はすべて順調に終わった。(機器の故障率については)ゼロだと思っており、何%の故障率になるかなど予想や把握はしていない」と、事前のトラブル想定への甘さもうかがわせた。

    ◇

 センター試験の2日目の日程は、ほぼ混乱なく終了した。各教科の受験者数と志願者に対する割合(受験率)は理科(1)20万349人(36.3%)▽数学(1)36万9951人(67.1%)▽数学(2)33万1175人(60.1%)▽理科(2)23万7090人(43.0%)▽理科(3)16万8574人(30.6%)。


 受験者数が数十万いるというのに、初の試みだというのに、トラブルがこれだけの数ですんだのはむしろ評価していいように思うのだが、大学入試センターは批判にさらされている。むしろ一人一人にICプレイヤーを用意するという方針自体に事前に批判をするべきだったのではないかという気さえ僕はする。数が増えれば増えるほどミスの起こる確率は増える。個別対応をするよりも、集団で対応できるほうが効率的という点で、放送のほうがよかったのではないかという気がする。

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 「性善説に立っている」 センター部長、謝罪なし

大学入試センター試験のリスニングでトラブルが相次いだ21日夜、東京都目黒区の入試センターで記者会見した松浦功事業部長は「(トラブルがあったと)手を挙げた受験生は、すべて再テストにすることを決めていた。性善説に立っている」と語った。
 センターに対する批判をかわすように、身ぶり手ぶりを交えながら「性善説」を繰り返す松浦部長。「不備があったのは残念だ」としながらも「再テストで手当てし無事終えた」と強調、謝罪の言葉はなかった。
 「試行テストでは、これほどの割合でトラブルは起きなかった。こんな数は想定していなかった」と、次々に寄せられた不具合の報告に驚いた様子も。「試験前の確認時に問題がなかったのに、なぜ試験途中で動かなくなったのか」と首をひねった。


Yahoo!ニュース - 共同通信 - 「受験生におわびする」 リスニングで文科相謝罪

 大学入試センター試験の英語のリスニングで、ICプレーヤーの不具合などで約450人が再テストを受けたことについて、小坂憲次文部科学相は23日、「不具合の機器に当たった受験生には大変なご迷惑を掛けた。心からおわび申し上げたい」と陳謝した。
 小坂大臣は、再テストの手順を示したマニュアルについて「現場に徹底するようしていたが、十分に対応していなかったのは遺憾。徹底的に調査し、再発防止に万全を期す」と語った。
 ICプレーヤーを使った試験の在り方には問題はないとした上で「トラブルが起きたときの障害の取り除き方に問題があった」と指摘。
 試験の公平性については「再テストを受けても問題を2度聞くことはできない」とし、問題はないとの認識を示した。


 この報道を見ていると、むしろ受験生が不正行為を行っているのではないかとにおわせているが、性善説に立ってトラブルに対処するという方針は、確かに稚拙である。不正行為をして身の丈に合わない学校へ進み、損をするのは受験生自身なので、こんなの自己責任で放っておけばよいとも思うけれども、人件費の点について看過できない。

 やはり、集団で試験をし、集団でトラブル処理できる仕組みにすべきだし、トラブル対処のマニュアルも、トラブルを試験監督が確認できるマニュアルを用意すべきだったろう。

 そんな中で、これは未然に防げたと思われるトラブル。

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 理科選択で間違い続々、旧課程の浪人生うっかり

 22日に行われた大学入試センター試験の理科で、解答用紙の旧教育課程の選択科目表記を読み違えた浪人生が、志望大学が課す科目を選択しなかったケースがあった。追試を求める声があるが、入試センターは「試験開始前にも注意をしており、対応は考えていない」としている。

 今年は新しい学習指導要領で学んだ生徒が初受験。理科では浪人生は旧課程の「1A」の問題も選択できたが、新課程「1」の出題範囲が旧課程「1B」に含まれるため、「1」の受験を求める大学が多い。解答用紙では、「○○1」と、「旧教育課程科目・○○1A」(○○は理科各科目)などのいずれかを選ぶようにしていた。

 神戸市内の男子浪人生(19)は本来、「化学1」なのに「化学1A」を選んでしまった。「旧教育課程を受けたから」と反射的に思ったという。「自分に落ち度があるが、『1B』を学んだ人は『1』を選ぶよう口頭で説明があれば」と話す。友人も間違えたという。

 また、京都市北区の試験場では、受験生の問い合わせに、監督していた京都ノートルダム女子大教員が「旧課程履修者は化学1Aを選んで下さい」と誤って説明。すぐに気付き、訂正したという。同女子大は「なぜ間違えたか、よく調べたい」としている。


Yahoo!ニュース - 共同通信 - 試験中に着メロ鳴り響く 九州大教員が携帯持ち込む

 九州大学(福岡市)は22日、福岡市内の試験場で行われた大学入試センター試験の数学2で、試験を監督した九大の男性教員の携帯電話が鳴ったと発表した。試験中に携帯電話の着信メロディーが2秒間鳴ったという。
 九大は事前に監督者らに対し、試験会場への携帯電話の持ち込みを禁じていた。教員は「昼休みに電話を使ったことを忘れ、そのままにしていた」と話しているという。
 九大によると、この教室での受験者数は42人。九大は「誠に遺憾。今後は注意喚起を徹底したい」としている。


 浪人生を巡るトラブルは耐えることがない。こちらは細心の注意を払うべきだし、間違いを生みにくい問題作成方法というのができないものだろうか。

 着メロの方は言語道断である。携帯電話をマナーモードにしていない時点で理解に苦しむし、九大は人材を得ることに熱心ではないということが見えてくる。



■トラックバック送信先



■関連リンク
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - センター試験 初の英語リスニング 故障は大丈夫?
ライバルは騒音、初のリスニング 大学も神経とがらす (朝日新聞) - goo ニュース
リスニング不具合でも試験続行 全国で5件発覚 (朝日新聞) - goo ニュース
Yahoo!ニュース - 共同通信 - 「性善説に立っている」 センター部長、謝罪なし
Yahoo!ニュース - 共同通信 - 「受験生におわびする」 リスニングで文科相謝罪
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 理科選択で間違い続々、旧課程の浪人生うっかり
Yahoo!ニュース - 共同通信 - 試験中に着メロ鳴り響く 九州大教員が携帯持ち込む



■関連エントリー





ドラゴン桜を検証!!東大合格法
2005年理3合格者有志
「東大合格法」編集委員会
データハウス (2005/07)
売り上げランキング: 2,698



「ドラゴン桜」わが子の「東大合格力」を引き出す7つの親力
親野 智可等
講談社 (2005/10/14)
売り上げランキング: 24,558



高校生のための参考書選びの本 (平成17~18年版)
高校学習研究会
日栄社 (2005/04)
売り上げランキング: 204,413
通常2~3日以内に発送


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/307-6a3c9fc7

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。