人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

ビジネスと私(16) 24時間営業してほしいと思うお店ランキング | トップページ | ニュースと私(61) 積雪とセンター試験
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/304-b57d4a1f

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
『博士の愛した数式』
【※ネタバレあります※】


博士の愛した数式
製作年:2005年
製作国:日本  117min.

監督:小泉堯史
原作:小川洋子
出演:寺尾聰/深津絵里/齋藤隆成/吉岡秀隆/浅丘ルリ子


映画「博士の愛した数式」公式サイト
博士の愛した数式 - goo 映画
博士の愛した数式@映画生活
博士の愛した数式 - allcinema ONLINE


内容紹介:
 数学を媒介に綴られる美しくピュアな愛の物語が評判を呼び第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名ベストセラーを、寺尾聰、深津絵里主演で映画化した感動ストーリー。監督は「雨あがる」「阿弥陀堂だより」の小泉堯史。共演に、吉岡秀隆、浅丘ルリ子。80分しか記憶が続かない初老の天才数学者と一組の母子の心温まる交流を優しく静謐な眼差しで描く。
 家政婦をするシングルマザーの杏子が新たに派遣された先は、交通事故に遭って以来80分しか記憶が持たなくなってしまったという天才数学博士のもと。杏子は最初に博士の義姉から説明を受け、博士が住む離れの問題を母屋に持ち込まないようクギを差される。そして当の博士は記憶を補うために着ている背広にいくつものメモを貼り付けていた。80分しか記憶が続かない上、数学のことだけを考えて生きてきた博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。それでも少しずつ博士との接し方を学んでいく杏子。同時に彼女は、博士の語る数や数式に秘められた神秘的な美しさに魅了されていく。やがて、10歳の息子が一人で留守番していると知った博士は、息子も連れてくるよう杏子に約束させる。そして博士は息子がやって来ると彼のことを√(ルート)と呼んだ。ルートと博士はすぐに打ち解け合い、これを境に3人の間に楽しく和やかな時間が流れていくようになるのだが…。

評価:★☆☆☆☆(1点/5点)
浅丘ルリ子ヘアー
・2005/01/21 MOVIX橋本


 数学映画第二弾。ネット上ではおおむね好評であるものの、僕にはこの映画のよさが理解できなかった。2006年のマイ・ラジー賞を決めたと思われる。途中で劇場を出たくなることなどほとんどないのだが、この映画に関しては勘弁してくれという感覚だった。こんな感情は『A.I.』以来である。

 『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』の評判は悪く、『博士の愛した数式』のそれはよいという点を見ると、僕の感覚は世間のそれと逆をいっているのか、西洋的な感覚の持ち主なのだということなのだろう。それでも感想の詳細を書いていきたい。



 まず、この映画は何を目指していたのだろうか。宣伝を見る限りは、記憶に障害をもった数学者の心の交流を見せ、感動させるという点になるだろうと思っていた。

 しかし、心の交流はどこにあったのだろうか、理解に苦しむ。いや、確かに心の交流はあった。家政婦もルートも博士を好きになっていて、いろいろな出来事を共有していた。けれども、何をきっかけに博士を好きになっていったのだろう。それがいまいち掴めない。「友愛数」についての講義をしたことで家政婦は博士を好きななったのだろうか。それだけの出来事であんなにも心を寄せるのだろうか。

 いまいちモチベーションも低いし、説得力に欠けるように思った。そうした基盤が弱いから、いくら交流を重ねようと、それが希薄に感じられる。また、重ねていく日常も薄っぺらく単調で、どうにものめりこめない。

 こうした印象をもつから、無駄なカットも印象に残る。

 例えば最初の方で、博士が書斎を出て奇異な体の動かし方をする場面。例えば冗長な能の場面。見終わった今でも必要ないのではないかと感じる。

 加えて言うならば、ルートの成長した後の教壇に立つ姿は必要だったのだろうか。確かに吉岡秀隆さんは演技はともかく、あたたかい雰囲気を醸し出すことで好感をもつし、最近の映画は彼を出演させれば好成績になるきらいもある。

 だが、ルートの成長後はいらないと思う。数学用語を詳しく説明するための役柄なのだろうが、であるからこそ、その役割は博士に担わせるべきだったし、博士が家政婦に教える姿を描くことで心の交流をより深く描くこともできたと思うともったいない。

 深津絵里さんの起用にしても、見せ所が少なくてもったいない。彼女の事務所は、もうちょっと仕事を選んであげたほうがよいように思った。あと、ルート役の齋藤隆成さんはかつての「純くん」の雰囲気をよく出していて、こだわりが見えた。

 そう、素材は非常にいいのだ。例えば、劇中では固有名詞は登場しない。名前は記号に置き換えられ、「義弟」「博士」「ルート」「家政婦」と、別の意味を与えて呼ぶ様は、記号、つまり数字に意味を見出す姿とリンクして非常に示唆的である。

 けれどもその奥には突っ込みがたい。博士が数学にどういった思い入れをもち、どういった意味を見出しているかを表出させないと、この行為が生きないと思われる。

 博士は記憶に難があり、心情を描き出すことは困難なのかもしれないが、そこに何か片鱗を残すことで、物語を完成できると僕は考えるので、この映画は監督の力量不足といった印象でいっぱいである。

 最後のエンドロールがこの映画でもっともおもしろかった瞬間であった。「浅丘ルリ子ヘアー」なる仕事が登場し、それを担当したのはどうやらハーフの人。あの髪型にそんなに一生懸命だったとは気付かなかった。。。



■トラックバック送信先



■関連リンク
映画「博士の愛した数式」公式サイト
博士の愛した数式 - goo 映画
博士の愛した数式@映画生活
博士の愛した数式 - allcinema ONLINE



■関連エントリー
映画と私(44) 『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』





博士の愛した数式
博士の愛した数式
posted with amazlet on 06.01.21
小川 洋子
新潮社 (2003/08/28)
売り上げランキング: 1,273



メメント/スペシャル・エディション
アミューズソフトエンタテインメント
(2005/09/22)
売り上げランキング: 6,301



プルーフ・オブ・マイ・ライフ
David Auburn Rebecca Miller
池谷 律代 デイヴィッド オーバーン
レベッカ ミラー
竹書房 (2006/01)


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/304-b57d4a1f

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
- 空想俳人日記
数式に 見えない心も 見えてくる  なんてったって、吉岡ルート先生の授業は最高である。数学の教師である彼が担当するクラスの一年間の初めの授業にこんな話をしてくれるのは最高だ。自分がルートという仇名も含めた自己紹介をする最初の授業、それがこの映画、物語の全
2006/01/31(Tue) 22:14:41
- ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
220:1+2+4+5+10+11+20+22+44+55+110=284220=142+71+4+2+1:284・・・友愛数だ神の計らいを受けた、絆で結ばれた数字なんだ。私とルートにとって博士と過ごしすひとときは本当に、大切な時間でした・・・
2006/01/31(Tue) 01:37:06
- 参加型ニュースサイト@NEWZ(アット・ニューズ)
記憶障害の数学博士のストーリー。どこかでメメントとつながりますね。こっちは正反対ですけど(笑。キャストはすごく豪華だし渋いですよね★映画にあわせて、公式サイトもかなりゆったりした雰囲気。数式の解説もありますよ☆一度覗いてみては。皆さんもうみましたか?でき
2006/01/27(Fri) 20:35:16
- Spotlight 英語で歩く、噂の現場-Scanworld-英語を学ぶきっかけ探し『世界、ちょいびき!』
博士の記憶は80分しかもたない。そう始まる物語は、私たちに、見えない「真実」の美しさを教えてくれます。「君の靴のサイズはいくつかね」 「・・・24です。」「ほお、実に潔い数字だ」   潔いなんて・・何をもってそんな表現をするんですかね。「4の階乗だ」・・そ
2006/01/27(Fri) 03:24:13
- 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
この作品は小川洋子作の「第一回本屋大賞」を受賞した話題の同名小説を映画化した作品です。主人公の天才数学者「博士」は、交通事故による記憶障害のため、80分しか記憶がもちません。何を話していいかわからず混乱した時には、言葉の代わりに数字を持ち出します。博士の元
2006/01/23(Mon) 23:45:24
- わたしの見た(モノ)
博士の愛した数式 「博士の愛した数式」予告編に惹かれて、公開日の翌日に早速鑑賞してきたが、正直、感情移入できず、作品に入り込めなかった。寺尾聰、吉岡秀隆、浅丘ルリ子らの演技は素晴しいし、擬似家族の愛情に満ちた心温まるエピソード、メッセージ
2006/01/22(Sun) 22:12:39
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。