人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

教育と私(14) 習熟度別クラス | トップページ | 映画と私(44) 『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/300-02a4e065

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
えっ!?今どき通達手渡し 大阪市教委「逓送員」廃止へ (産経新聞) - goo ニュース

「実働4時間」人件費5億円

 大阪市では市立学校全520校で市からパソコンが全く配備されず、LAN(構内情報通信網)などのネットワークはおろか、通達などの公文書を「文書逓送員」と呼ばれる専従職員がわざわざ手渡して回る。しかも「実働4時間」(ある市幹部)といわれ、人件費は年間約5億円。民間では考えられない非効率な状態が続いてきたが、新年度からやっと各校にパソコンを配備、Eメールを活用するなどして逓送員を廃止することになった。


 同市教委によると、大阪市内の市立中学校には生徒の学習用としてパソコンが配備されているが、小中高校や幼稚園など全五百二十校に市側が配備している業務用パソコンはゼロ。


 「各校で単独で購入しているところもあるかもしれないが、市の施策としての配備はしていない」(教職員課)


 経理などの作業を行う事務室にもなく、LANも当然なし。市教委(市役所本庁)とのITネットワークは存在しない。


 文書は、市内十一カ所の事務所に勤務する計六十六人の「文書逓送員」が一日二回、三十四台の車両で各校を回ってわざわざ配送してきた。


 文書逓送員の制度は昭和五十三年、管理作業員(用務員)の見直しを図った際、削減した職員の一部を充てて始められた。


 制度ができるまでは、各校の教職員が市教委に文書を受け取りに来ていたという。


 文書逓送員は文書以外の教材なども配送しているとされるものの、「実働四時間」(市幹部)と内部から批判を浴びることも。一方で、人件費だけで年間五億円。当然「ファクスやEメールで済むのではないか」と、市の内外から無駄を指摘されていた。


 「職員の業務の削減がからむこともあり、長年踏み込めなかった」とある市関係者は明かすが、関淳一市長が昨年から見直しを表明。市教委は配備したパソコンを使って、本庁や各校との間にLANを敷いてネットワーク化、電子メールでも通達や連絡を行えるようにする。電子メールで送れない公文書や教材などについては、民間の配送サービスなどの利用も検討している。


 ある市関係者は「市内の小学校で、校長から『市教委からの公文書は、ファクスでも送られずに手渡し』といわれ、あきれた。もっと早く改善すべきだった」と話している。


 大阪で何をやっていようが、今さら驚かない。

 しかし、文書をデジタルで扱えないことに不便さを感じないことが、教育現場の特徴かとも思う。生徒に対しては、必ず紙媒体で文書を配布するという点で、教育現場はアナログだし、コピー機や印刷機が重宝されるのだろう。

 そういった点で、不満の声が多数にならず、デジタル化がすすみにくかったということがあるだろう。しかし、業務の効率化という点で、紙媒体に頼ったものは不利になる。年配の教員も多く、慣れるには時間がかかるだろうが、業務は生徒へ配布するプリント類だけではないはず。効率化と経費削減へ向上すべきだ。



■トラックバック送信先



■関連リンク
えっ!?今どき通達手渡し 大阪市教委「逓送員」廃止へ (産経新聞) - goo ニュース



■関連エントリー





〈改革〉の技術―鳥取県知事・片山善博の挑戦
田中 成之
岩波書店 (2004/11)
売り上げランキング: 32,957
通常2~3日以内に発送
おすすめ度の平均: 5



スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/300-02a4e065

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。