人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

テレビと私(29) 『西遊記』第一話 焔の国 | トップページ | テレビと私(30) 『西遊記』視聴率
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/294-54e3ff10

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
『歓びを歌にのせて』
【※ネタバレあります※】


歓びを歌にのせて
原題:SA SOM I HIMMELEN
製作年:2004年
製作国:スウェーデン  132min.

監督:ケイ・ポラック
音楽:ステファン・ニルソン
出演:ミカエル・ニュクビスト/フリーダ・ハルグレン/ヘレン・ヒョホルム/レナート・ヤーケル/ニコラス・ファルク/インゲラ・オールソン


歓びを歌にのせて
歓びを歌にのせて - goo 映画
歓びを歌にのせて@映画生活
歓びを歌にのせて - allcinema ONLINE


内容紹介:
 本国スウェーデンで大ヒットし、2005年のアカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた感動ドラマ。世界的な指揮者の主人公が、心身共に疲弊した末に引退して戻った故郷の小さな村で、純朴な人々と音楽を通じて交流を深めるうちに、再び音楽の歓びを呼び覚していく姿を描く。
 天才指揮者として世界的に大きな名声を得ているダニエル・ダレウス。しかし想像を絶するプレッシャーと過酷なスケジュールのために彼の肉体と精神はもはや限界に達していた。そしてついに彼は第一線から退くことを決断する。すべてを捨てた彼がたった一人で向かった先は、幼年期を過ごした小さな村ユースオーケル。ここで静かに余生を送ろうとしていたダニエルだったが、やがて地元の聖歌隊を指導してほしいと頼まれる。最初は抵抗を感じたものの、素人ばかりの彼らが心から音楽を楽しむ姿に触れ、次第に彼自身も音楽の素晴らしさを改めて実感していくのだった。

評価:★★★★★(5点/5点)
酸いも甘いも積み上げた末の感動
・2005/01/09 MOVIX橋本


 長らくお休みしていた映画に関するエントリー。確かに11月以降は見る本数が確実に減っていたが、感想を書きそびれている映画もかなりある。そんな中で心機一転、新年一本目の映画のエントリーはこの一本である。

 しかもこの映画、僕の中では、今年のベストを2006年一本目から見てしまったような気がしている。すばらしい映画だった。

 映画を覆う雰囲気としては『コーラス』によく似ている。聖歌隊を育てていくプロセスとしては珍しくもない話だ。しかも、ツッコミどころや説明不足の部分が多々ある映画でもある。心臓がボロボロなのにそんなに激しい動きをしていていいのかダニエル!ってなもんである。

 それでもこの映画が輝いているのは、人間の心の機微を積み重ねていった点にあるだろう。『コーラス』の生徒たちと違い、この映画で聖歌隊を構成するのは普通の生活をする老若男女。そこには人間関係の葛藤がもちこまれ、普段の生活の悩みがもたらされる。

 また、キリスト教という世界に支配されながらもうずまく暴力や、羨み、嫉み、妬み。神様のために歌う集団にもかかわらず、そこには人間たちの悩みがあり、その弱さが展開していく。

 このように、非常にネガティブな要素を塗り込めていくなかで、聖歌は成立するのだろうかと思わせる。ダニエルの理想とするところは、歌を歌うことで心を開くこと。そして、指揮者なしで構成員が心を合わせて演奏を成立させること。課題を抱えながら生きていく人々にこうしたことは不可能のように思える。

 けれども、人間って、こういう負の部分、暗い部分があるからこそ、前向きな姿勢を求めていける生き物なのだと感じさせられた。物語の中では主要な問題について決着はつけられたかたちではあったが、人と人との関係において、軋轢が解消することなど難しいことだと思うし、それを乗り越えようとすることが力を生むのだと思う。

 最後のシーン、ダニエルが息を引き取りつつある――僕は死んだと解釈した――なか、指揮者なしでコーラスを成立させるのだろうなと思っていたところ、観客までもが立ち上がっていき、会場全体でハーモニーを成立させていったところには感動してしまった。

 自分がそこに参加できないことで、死んでいくことで自分の夢を再びかなえていく皮肉さ、名も知らぬ人々同士が、裏には悩みを抱え愛憎抱える中で、心を開き一つの理想をかなえていくカタルシス、僕は感動せざるをえなかった。

 僕の2006年のベスト、ほぼ決定である。



■トラックバック送信先



■関連リンク
歓びを歌にのせて
歓びを歌にのせて - goo 映画
歓びを歌にのせて@映画生活
歓びを歌にのせて - allcinema ONLINE



■関連エントリー
映画と私(39) 『サウンド・オブ・ミュージック』
映画と私(37) 『チャーリーとチョコレート工場』
映画と私(28) 『耳に残るは君の歌声』
映画と私(17) 『ショコラ』
映画と私(15) 『コーラス』





歓びを歌にのせて
歓びを歌にのせて
posted with amazlet on 06.01.10
Kay Pollack 高橋 千秋
ケイ ポラック
竹書房 (2005/12)



「歓びを歌にのせて」オリジナル・サウンド・トラック
サントラ ヘレン・ヒョホルム
レイラ・イルバー・ノルゲン
エイベックス イオ
(2005/12/07)



コーラス コレクターズ・エディション
アミューズソフトエンタテインメント
(2005/12/22)



コーラス・イン・コンサート ~映画「コーラス」より
ワーナーミュージック・ジャパン
(2005/08/17)



コーラス
コーラス
posted with amazlet
on 06.01.10
サントラ サン・マルク
少年少女合唱団
ワーナーミュージック・
ジャパン (2005/02/23)
売り上げランキング: 8,100



チャーリーとチョコレート工場 オリジナル・サウンドトラック
ダニー・エルフマン サントラ
ワーナー・ホーム・ビデオ
(2005/09/02)
売り上げランキング: 1,738



ニュー・シネマ・パラダイス
角川エンタテインメント
(2000/08/11)
売り上げランキング: 1,420



いまを生きる
いまを生きる
posted with amazlet on 06.01.10
ブエナビスタ・ホームエンター
テイメント (2004/03/19)
売り上げランキング: 2,268


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/294-54e3ff10

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
- あんと夢子のあん #- | URL |
ガブリエラの歌声が胸に沁みました。ラストも秀逸でしたね。
2006/01/11(Wed) 09:58:53[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
- ひらりん的映画ブログ
2004年のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。ドイツかと思ってたら、スウェーデンでした。
2006/01/14(Sat) 00:15:35
- 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
世界的に有名な指揮者、ダニエルは、病気に倒れて第一線を退き、故郷の村に戻ります。音楽から離れるつもりでいたダニエルですが、村の聖歌隊の指揮を依頼され、彼らの音楽を愛する心に惹かれて、引き受けることになります。聖歌隊のメンバーには、夫のDVに耐えながらも、素
2006/01/12(Thu) 13:59:24
- アロハ坊主の日がな一日
[ 歓びを歌にのせて ]@渋谷Bunkamura ル・シネマで鑑賞。前評判が高いのか、朝イチから満席である。
2006/01/11(Wed) 12:36:04
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。