人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

教育と私(13) 漢字を書けない中学生 | トップページ | 趣味と私(2) 最強運芸能人決定戦
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/290-05d98091

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
 gooトップページの「検索で知る言葉」に「放電コミュニケーション」ということばがあったので、思わずクリックしてしまった。

 何となれば、僕は静電気がたまりやすい体質で、この冬もいつも金属のドアの取っ手に悩まされているからだ。「放電」ということばに思わず悩み解決の糸口を見出してしまったが、どうもそうではないらしい。

ブログ使った交流、来年から活発に・博報堂生活総研が予測?インターネット-最新ニュース:IT-PLUS

 博報堂生活総合研究所は14日、2006年を予測する生活予報を発表した。ブログ(日記風の簡易型ホームページ)などに日常生活でのちょっとした発見を気軽に公開する行動を「放電コミュニケーション」と名付け、知らない人の意見に刺激を受ける人が増えると分析している。

 「料理がうまくなりたい」「同じ関心を持つ人と知り合える」などと、ブログに書き込むことで行動が積極的になる人が増えると分析。5年後の生活変化では、20―30代の女性が同じ趣味趣向を持つ人と同好会を設ける動きが目立つようになると予測している。

 今年9―10月に、首都圏の15―69歳の男女1500人にインターネットを使って調査した。「ブログなどを週1回以上更新する人」は全体の22.1%で、20代では35.5%を占めた。

[2005年12月15日/日本経済新聞 朝刊]


 ということで、ブログを書く人々の行動に名づけられたもののようだ。

 がっかりしたものの、まあこれはこれで興味深い。僕はこのブログ上では、プライベートなことはほとんど書かないので、積極性がついてきたという実感はまったくない。いっぽうmixiではプライベートなことも書くには書くが、いかんせん更新頻度が非常に低いので、こちらも効果は感じない。

 というか、プライベートなことを書いたブログにはあまり興味がわかないわけだが、それでも、興味をもってコミュニケーションを形成していく人々がいることには少し驚いている。

 前向きに生きるツールとしてのブログという側面は興味深いが、もう少し静観するかと思う。



■トラックバック送信先



■関連リンク
ブログ使った交流、来年から活発に・博報堂生活総研が予測?インターネット-最新ニュース:IT-PLUS


■関連エントリー





人とお金が集まるブログ作りの秘伝書
石崎 秀穂
シーアンドアール研究所 (2005/07)
売り上げランキング: 573



ブログ 世界を変える個人メディア
ダン・ギルモア 平 和博
朝日新聞社 (2005/08/05)
売り上げランキング: 4,932



超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル
百世 瑛衣乎
翔泳社 (2005/04/19)
売り上げランキング: 12,438


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/290-05d98091

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。