人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

ブログと私(32) 2006年展望 | トップページ | 社会と私(59) お酒の知識
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/285-494858cf

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
 僕の世代で年賀状をもらう人は、どういう関係の人からもらうことが多いのだろうか。僕自身の場合は親戚や先輩、先生など、上の世代の方である。友人との年賀状交換はほとんどない。

 友人とはネットでの賀状やメールで事足りている。賀状の習慣そのものがない関係の人もいる。mixiなどでよく顔をあわせているからだ。

 年賀状は生き残るという意見もある中、本当に絶滅するんじゃないかという気もした昨日だったのである。

 僕らはネット上で挨拶をかわし、SNSで常に顔をあわせて、年賀状の必要性を感じなくなり始めた世代のように思う。関係を持続するにはmixiで事足りているのだから、わざわざ大量の時間を割いて年賀状をつくらなくてもよいのである。

 これにより、友人に年賀状を送る必要はなくなってきている。年賀状をいただく上の世代の方々に返していればそれでよい。では、上の世代の方々が亡くなり出したら。。。また、我々は下の世代に年賀状を送る習慣をこれからつくっていくのだろうか。

 一概に絶滅するとは言えないし、それがいいこととも悪いこととも言えない。しかし、技術が習慣を変える、そして、より便利なコミュニケーションをつくってくれる時代なのだなあと感じた。



■トラックバック送信先



■関連リンク



■関連エントリー





あなたの仕事が劇的に変わるメール術
平野 友朗
ビジネス社 (2005/05/27)



考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
バーバラ ミント Barbara Minto
山崎 康司 グロービスマネジメント
インスティテュート
ダイヤモンド社 (1999/03)
売り上げランキング: 2,614


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/285-494858cf

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。