人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

社会と私(56) 忘年会と幹事 | トップページ | 教育と私(11) 卒業試験にジミヘン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/277-121d1cb6

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
Sankei Web 国際 公務員試験に奇問珍問続々 南極になぜ熊がいない?/海水はなぜ飲めない?(12/06 11:03)

 その昔は科挙という公務員試験が存在した中国。現代では奇をてらった出題をするらしい。

 意図を好意的に解釈すれば、答えの見当がつかないものに対してどう対応するか、想定外の事態が起こった際にどう対応するかをはかっていると考えられる。

 けれども、そういう意図を実行するにしてはあまりうまくない手法であると感じられる。というか、ペーパーテストで知識を問い、人材を判別するという手法はそろそろ限界じゃないだろうか。



■トラックバック送信先



■関連リンク
Sankei Web 国際 公務員試験に奇問珍問続々 南極になぜ熊がいない?/海水はなぜ飲めない?(12/06 11:03)



■関連エントリー





科挙の話―試験制度と文人官僚
村上 哲見
講談社 (2000/04)
売り上げランキング: 127,500



マックス・ウェーバー
安藤 英治
講談社 (2003/03)
売り上げランキング: 213,747


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/277-121d1cb6

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
- 公務員試験をあげる
裏技といってますが、実際は問題作成者が選択肢を作るカラクリを解説しています。要するに問題作成者の視点が書かれた本です。選択肢のカラクリを知る=選択肢を切る視点を身につける、ということになると思います。ただ、試験の問題に対して「どのようにアプローチするのか
2007/09/30(Sun) 01:15:14
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。