人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

Webサービスと私(52) Web of the Year 2005ノミネート | トップページ | 社会と私(48) 新語・流行語大賞
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/254-95490ff6

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
 最近は何かと東大の改革が取り上げられるようになっている。

文系でも医師目指せます 東大、学部選択を弾力化 (共同通信) - goo ニュース

 学生時代を思い出してみれば、勉強したいと思うことが変わり、学部を変える人間はたまに見かけたものだった。そういう意味では、こうしたフレキシブルな制度を採用しておくことは好ましい。ある友人などは、制度に阻まれて受験からやりなおして別の大学に行ってしまったものもいる。

 ただ、さも珍しいことのように取り上げられているニュースだが、用意してあって当然の制度であるし、この制度が頻繁に利用されないことが望ましい。

 受験生には、もっとコスト意識を持って大学選びをしてほしいと思う。さらに言えば、親は受験生の子どもに対してコスト意識を持たせるべきだ。

 年間に何十万もの授業料を払い、四年間も時間を費やして勉強するという「投資」に対して、どれだけの「回収」を見込むのかという意識が必要である。やりたいことがないから大学へ行って考えるというような思考方法は言語道断。どうせ何も考えやしない。

 受験生の数と大学の入学定員数が等しくなってしまった昨今、大学を卒業したからといって得られるものは何もない。ならば、高校を卒業してすぐに働き、進みたい道を見つける一助にした方がよいと思う。働くうちにコスト意識も身につくわけで、大学というレジャーランドへ通うよりはよほど有益である。

 そういう観点からすると、学部転換はあまり好ましいものとは思えない。本気でやりたいことが変化したという生徒のためにも必要な制度ではあるが、何も考えてない生徒の甘い考えを聞き入れてやる制度としては使用されないように願いたい。



■トラックバック送信先
受験戦略論 : <東京大>学業優秀なら行きたい学部へ 来年度から



■関連リンク
文系でも医師目指せます 東大、学部選択を弾力化 (共同通信) - goo ニュース



■関連エントリー
教育と私(9) 東大の説明会
教育と私(8) 大学で囲碁の授業





ドラゴン桜を検証!!東大合格法
2005年理3合格者有志
「東大合格法」編集委員会
データハウス (2005/07)
売り上げランキング: 2,698



「ドラゴン桜」わが子の「東大合格力」を引き出す7つの親力
親野 智可等
講談社 (2005/10/14)
売り上げランキング: 24,558



高校生のための参考書選びの本 (平成17~18年版)
高校学習研究会
日栄社 (2005/04)
売り上げランキング: 204,413
通常2~3日以内に発送


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/254-95490ff6

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
- 受験戦略論
受験生の段階で将来の明確なイメージをもつことは難しいので、大学で2年学び、自分自身について少し知ることができるようになった後に、学部を決める東大のシステムは良いと思います。
2005/11/17(Thu) 00:28:25
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。