人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

野球と私(37) 初芝清選手(○з○) | トップページ | ニュースと私(54) ローザ・パークス氏逝去
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/244-d1a09e1b

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
『ブラザーズ・グリム』
【※ネタバレあります※】


原題:THE BROTHERS GRIMM
製作年:2005年
製作国:米国/チェコ  117min.

監督:テリー・ギリアム
出演:マット・デイモン/ヒース・レジャー/モニカ・ベルッチ/ジョナサン・プライス/レナ・ヘディ/ピーター・ストーメア/リチャード・ライディングス/マッケンジー・クルック/ロジャー・アシュトン=グリフィス/ローラ・グリーンウッド


ブラザーズ・グリム
ブラザーズ・グリム - goo 映画
ブラザーズ・グリム@映画生活
ブラザーズ・グリム - allcinema ONLINE


内容紹介:
「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」の奇才テリー・ギリアム監督がグリム童話誕生秘話をイマジネーション豊かに描き出したダーク・ファンタジー・コメディ。地方の村々を巡り民間伝承を蒐集するかたわら、魔物退治と偽り村人から多額の報酬を得ていたペテン師まがいのグリム兄弟が、ある時本物の魔女と対決するハメになるさまを、『赤ずきん』『ヘンデルとグレーテル』『眠れる森の美女』などのエッセンスを散りばめつつ、VFXを駆使したファンタジックで悪夢的な映像で綴ってゆく。
 19世紀のドイツ。兄ウィルと弟ジェイコブのグリム兄弟は各地の村を旅して、その地に伝わる古い物語を集め回っていた。その一方で、村人たちを苦しめている恐ろしい魔物がいればそれを退治し、賞金を手にしていた。ところが、魔物の正体は兄弟とその助手たちがでっち上げたイカサマだった。しかし、それがバレて将軍ドゥラトンブに捕まった兄弟は、ある村で起きている少女連続失踪事件の解明を命じられるのだが…。

評価:★★☆☆☆(2点/5点)
焦点が絞れず中途半端な仕上がり
・2005/11/05 MOVIX橋本


 「グリム」と冠したタイトルの映画が上映されると知って、非常に興味深く思ったものだが、予告編を見てそのストーリーを知り、B級くささがして期待はできないかなという印象をもったものだ。

 B級でも『スリーピー・ホロウ』のようなレベルの高い作品もあることを考え、とりあえず観にいったのだが予感が当たってしまった。緊張と緩和が欠如している点、焦点が絞られていない点が失敗の原因という印象である。

 この映画はファンタジーなのか、ミステリーなのか、ヒストリーなのか、ホラーなのか、ロマンスなのか。印象としては、そのいずれをも取り込もうとして、いずれを描くにも中途半端な結果に終わってしまっている。もっと深く突っ込めば、観ている者の心をつかめたものが、どれも浅く説明不足な描写しかできていないため、物語に入っていけない。

 この浅い描写は、緊張感の欠如でもある。緊張が欠如しているから、随所に散りばめられたコメディーが全く生きていない。緊張感や恐ろしさがあるからこそ、ふとしたくすぐりが面白く感じられて笑いに転化するわけで、これだけ多くのくすぐりを挿入するのであれば、緊迫感の構築をもっと丁寧にやらなければならなかったと思う。

 焦点が絞れていないというのは、観る者が安定した位置を獲得できないということであり、集中力が散漫になってしまう。例えば、森の呪いの謎について、次々と起こる不可思議な事件についての原因は、最後まで詳細明らかにはならなかった。森の王女の呪いという一言で説明してしまうのは雑すぎる。

 なぜ村人は永遠の命の魔法しか教えず若さを保つ方法は教えなかったのか。スライムみたいな生物は何だったのか。科学的であれ非科学的であれ、謎のある事件の原因は明かすことが物語の原則だろう。原因を明かさないことで主題を提示する方法もあるだろうが、この作品については純粋なエンターテインメントであるので、その方法を当てはめるのはすっきりできない感覚を残す効果しか持たない。

 ミステリーに限らず、ファンタジー、ホラー、ロマンス、ヒストリーと万事がこの調子で、あらゆる方向性についての描き方が浅すぎる。『スリーピー・ホロウ』が全てをバランスよく描ききったのと比べると、雲泥の差である。

 ヨーロッパ中世の世界が描かれている作品は映像に関しては好みのジャンルで、『ブラザーズ・グリム』もまた、その映像については大満足なのだが、いかんせんストーリーの構築が稚拙だった。残念である。



■トラックバック送信先
ネタバレ映画館:ブラザーズ・グリム
試写会帰りに:「ブラザーズ・グリム」
Akira's VOICE:ブラザーズ・グリム
★☆★ Cinema Diary ★☆★:ブラザーズ・グリム
シカゴ発 映画の精神医学:ブラザーズ・グリム
エンドロール5分後の叫び!:ブラザーズ・グリム
31歳独身男Kazuakiの映画日記:ブラザーズ・グリム
ひらりん的映画ブログ:★「ブラザーズ・グリム」
空想俳人日記:ブラザーズ・グリム
Chic & Sweet * びいず・びい:ブラザーズ・グリム(試写会) -THE BROTHERS GRIMM-
☆ 163の映画の感想 ☆:映画館「ブラザーズ・グリム」
晴れ、ときどき 三匹と一緒。:「ブラザ-ズ グリム」
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!:ブラザーズ・グリム
映画語るドットコム | ブラザーズ・グリム BROTHERS GRIMM
太郎日記’79J | 映画:ブラザーズ・グリム
ルーピーQの活動日記: ■ブラザーズ・グリム
★SASASAWAのよくばり日記★★☆:☆★★ 『ブラザーズ・グリム』観ました ★★☆(画像あり)
KINGDOM OF KATHARINE:ブラザーズ・グリム@川崎チネチッタ:平日夕方
toe@cinematiclife:ブラザーズ・グリム
利用価値のない日々の雑学:ブラザーズ・グリム



■関連リンク
ブラザーズ・グリム
ブラザーズ・グリム - goo 映画
ブラザーズ・グリム@映画生活
ブラザーズ・グリム - allcinema ONLINE



■関連エントリー
映画と私(41) 『ロビン・フッド』
映画と私(35) 『エバー・アフター』
映画と私(14) 『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』





スリーピー・ホロウ <コレクタ-ズ・エディション>
ポニーキャニオン (2000/09/20)
売り上げランキング: 6,600



シンデレラ プラチナ・エディション (初回限定生産)
ブエナビスタ・ホームエンター
テイメント (2005/10/21)
売り上げランキング: 16



完訳 グリム童話集〈1〉
W. グリム J. グリム 金田 鬼一
岩波書店 (1984/01)
売り上げランキング: 15,755



昔話の深層―ユング心理学とグリム童話
河合 隼雄
講談社 (1994/02)
売り上げランキング: 12,547



本当は恐ろしいグリム童話
桐生 操
ベストセラーズ (2001/01)
売り上げランキング: 23,907


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/244-d1a09e1b

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
- 日本インターネット映画大賞 #- | URL |
突然で申しわけありません。現在2005年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://forum.nifty.com/fjmovie/nma/です。
2005/12/31(Sat) 23:45:31[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
- 俺の話を聴け~!
久々のテリー・ギリアム作品だから期待しすぎたのかなあ。モンティ・パイソンは大好きだったし、『バンデットQ』『未来世紀ブラジル』『12モンキーズ』は面白かったし。1998年の『ラスベガスをやっつけろ!』以来7年ぶりの作品だったので、期待するなというほうが無理なん
2005/12/06(Tue) 02:52:55
- さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
さるおです。 『THE BROTHERS GRIMM/ブラザーズ・グリム』を観たよ。 監督は、69年にコメディ集団モンティ・パイソンを結成し、当時は監督・脚本・出演の3役をこなす大活躍、『TIME BANDITS/バンデットQ』『BRAZIL/未来世紀ブラジル』『THE ADVENTURES OF BARON MUNCHAUSEN
2005/12/02(Fri) 23:44:50
- しょうちゃんの映画観賞日記
劇場で観ました。「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」の奇才テリー・ギリアム監督作品なんで観ました。CGは流石によく出来ています。魔物が出てくる映画だと思っていましたが、そうでもなかったですし、「赤ずきん」「ヘンデルとグレーテル」などグリム童話の話を上手にス
2005/11/29(Tue) 22:36:22
- ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション
本日は『ブラザーズ・グリム』を鑑賞。鬼才:テリー・ギリアム監督の、なんと7年ぶりの新作だ。テリー・ギリアムといえば、映画ファンにとっては“映画界きってのトラブル・メーカー”というイメージが定着しまくっていると思う。“7年間の沈黙を破って”と言えば聞こえはい
2005/11/20(Sun) 23:09:08
- soramove
「ブラザーズ・グリム 」★★★マット・デイモン,ヒース・レジャー,モニカ・ベルッチ出演テリー・ギリアム監督,2005年アメリカ「こうしてグリム兄弟は童話を書くようになったとさ」その前夜、兄弟の驚くべき冒険談が描かれている。この大げさな...
2005/11/20(Sun) 00:52:22
- 利用価値のない日々の雑学
この作品はコンセプトが見事だった。童話というのは所謂、ファンタジーである。しかし、この21世紀のエンタメ界で一大勢力を形成したファンタジー勢力分布派もはや留まるところを知らない。勿論始まりはスターウォーズであったが、その原作をも超え、幾重にも積み重ねた沢山
2005/11/19(Sat) 14:04:16
- toe@cinematiclife
テリー・ギリアムの『未来世紀ブラジル』が大好きで。 なんか、久しぶりにその感覚に再会して嬉しかったよ。 <STORY> ウィル(マット・デイモン)とジェイク(ヒース・レジャー)のグリム兄弟は、魔女退治と称して、“ウソの魔女”を登場させて、退治したフリをしながら、
2005/11/19(Sat) 00:41:27
- KINGDOM OF KATHARINE
映画鑑賞が趣味になって数ヶ月、どうやら私は恋愛物が嫌いでファンタジーが好きらしいということが、だんだんわかってきた。 なので、今日見た『ブラザーズ・グリム』は予告編を見たときから楽しみにしていた映画の一つだ。 さっそく映画の感想を、、といきたいところだが、
2005/11/18(Fri) 23:45:30
- ★SASASAWAのよくばり日記★★☆
   公開を楽しみにしていた『ブラザーズ・グリム』   観てきました。   感想は・・・期待はずれ。。。   お金がかかってるのは分かるけどワクワクしたのは最初だけ。   笑いを狙いすぎてて冷めました。   がんばって初日に観に来たのに残念です。   ..
2005/11/12(Sat) 21:07:47
- ひらりん的映画ブログ
久しぶりーーーーの、映画館鑑賞・・・勿論土曜はレイトショウのひらりん。主演が、マッド・デイモンらしい・・・しかも、モニ壁(モニカ・ベルッチ)も出てるらしいし・・・2005年製作のファンタジー・アドベンチャー、117分もの。あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転
2005/11/11(Fri) 00:20:20
- ルーピーQの活動日記
グリム兄弟、ウィル(マット・デイモン)とジェイコブ(ヒース・レジャー)は、魔物退治で賞金稼ぎをする旅を続けていた。しかし、ドイツの村で芝居がばれて、その地を支配するフランス将軍に逮捕されてしまう。将軍はグリム兄弟に命じ、森で10人の少女が姿を消した事
2005/11/10(Thu) 00:42:21
- 太郎日記’79J
公開初日から、映画「ブラザーズ・グリム」を観てきた。「容疑者室井慎二」や、「ステルス」観た時と比べると、若干空いてた。あんまり話題の映画じゃないのかね?まぁ仕方ないか。B級映画のニオイが漂ってるし。て言うか、完全にB級映画だったし。でも、ノリは嫌いじゃない
2005/11/09(Wed) 23:34:08
- 映画語るドットコム
永遠の名作の誕生にまつわる秘密とは?オススメ度 ★★☆☆☆ひと昔前、本当は恐いグリム童話という本が流行りましたが、、一般的なグリム童話のメルヘンなテイストはゼロ、、、、むしろエグい、、。ドイツ出身のグリム兄弟、兄ウィルを演じるマッド・デイモン(米国出身)
2005/11/09(Wed) 13:16:54
- ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
人気blogランキングに参加してます!ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。ご協力お願い致します。グリム童話の誕生に隠された愛と冒険の未知なるファンタジー永遠の名作<グリム童話>の誕生にまつわる秘密とは?
2005/11/09(Wed) 00:38:56
- 晴れ、ときどき 三匹と一緒。
監督:テリーギリアムキャスト脚本:アーレン・クルーガー出演:マット・デイモン ヒース・レジャー ミニカ・ベルッチ ジョナサン・プライス【あらすじ】19世紀。フランス占領下のドイツの街にグリム兄弟はいた。ふたりは魔物を退治して賞金をかせぎ、各地の民話....
2005/11/09(Wed) 00:29:38
- ☆ 163の映画の感想 ☆
冒頭のシーンでは、かなり期待が膨らみグリム童話に出てくる悪者をバッサバッサと倒してくれるのかと思いきや。。。見事に私の期待は裏切られ、チョットおちゃらけたグリム兄弟(マット・デイモン、ヒース・レジャー)にもゲンナリ。。。勝手に、ストーリーを想像して...
2005/11/07(Mon) 17:48:20
- Chic & Sweet * びいず・びい
19世紀のドイツが舞台。兄・ウィル(Matt Damon)と弟・ジェイコブ(Heath Ledger)のグリム兄弟は各地の魔物を退治して名をあげていた。ところがそれはデッチあげの作り芝居。礼金目当てのヤラセだった。しかしある日思いがけない展開から、ある村で起こった連続少女失踪事
2005/11/07(Mon) 11:54:07
- ネタバレ映画館
 ヅラネタ満載のピーター・ストーメア。彼、笑えます。 「シンデレラ」「白雪姫」「赤ずきんちゃん」「ヘンゼルとグレーテル」等々、グリム童話のエピソードで織り成す冒険ファンタジーなのですが、かなりブラックだったし、ディズニーに対して挑戦状を叩きつけてるような
2005/11/06(Sun) 14:14:15
- ★☆★ Cinema Diary ★☆★
2005年のワースト候補。グリム兄弟を好きになれないせいで作品の全てが悪く思えてしまいました。ストーリーに盛り上がりはなく構成が悪かったです。寝不足の人は観ない方が良いです。
2005/11/06(Sun) 12:40:31
- Akira's VOICE
登場する人物たちにちっとも魅力を感じず,映画の世界を楽しめなかった・・・
2005/11/06(Sun) 11:33:29
- 空想俳人日記
生きている ぼくらはみんな ペテン師だ  ジャンルに「ファンタジー」と書かれてる。でも、「だまされた、ホラーだという」解釈もある。単なるファンタジーだとか、グリム童話が好きで、とかで観てしまうと、なんじゃこれ、になってしまう。この映画は、テリー・ギリアム
2005/11/06(Sun) 08:17:31
- 試写会帰りに
鬼才テリー・ギリアム監督7年ぶりの最新作。 テリー・ギリアムと聞くと何となく凄い人というイメージがある。 今も「未来世紀ブラジル」「12 モンキーズ」が代表作なのね。 19世紀“赤ずきんちゃん”や“ヘンゼルとグレーテル”の住むドイツの村を舞台に、少女の連続失踪事
2005/11/06(Sun) 04:28:26
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。