人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

映画と私(41) 『ロビン・フッド』 | トップページ | Webサービスと私(51) ブロガー注目記事ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/241-7a9888c9

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
映画と私(41) 『ロビン・フッド』

 上記のエントリーをしようとしていたときに、偶然見つけたAmazon.comの機能。

Amazon.com: Quotes & Trivia: Robin Hood - Prince of Thieves (Two-Disc Special Extended Edition) (1991)

 引用とトリビアということで、なかなかおもしろいコンテンツに仕上がっている。

 日本のAmazonばかりを見ていると、商品は網羅しているものの、どうも一つ一つのページのコンテンツが薄いという印象があった。Google検索でいつもトップに表示されるAmazonのページだが、そこを訪れても商品が買えるというだけで、情報収集には何とも心もとない。

 そういう問題を、米国では解消する試みが既に行われているわけだ。

 見つけたのは映画のDVDのページであるが、劇中のセリフの一部が文字におこされ、検索のヒット率もあがるだろう。ここでこういうセリフがあった映画は何だっけと思ったときに、検索でヒットしてくれるわけである。

 また、トリビアというのもよいコンテンツだ。映画制作の周辺エピソードが付されていておもしろい。トリビアは日本で流行っているだけで、海外輸出していても、そんなに広まっていないと思っていたのだが、Amazon.comがこの言葉を採用しているということは、全米でも知名度を得ている言葉なのだなあ。

 しかし、Googleと同じ方向を目指そうとしているなあという印象だ。図書館から本を借り出し、その内容をサーバーにアップしてしまおうという最近のGoogleの試みがすぐに連想される。ここ一週間でメディアの注目度が高いAmazonとGoogleなわけだが、その一端を見る思いがする。

 AmazonJapanはまだそういう段階ではないかもしれないが、一刻も早くページごとのコンテンツの充実をはかってほしく思う。



■トラックバック送信先



■関連リンク
Amazon.com: Quotes & Trivia: Robin Hood - Prince of Thieves (Two-Disc Special Extended Edition) (1991)



■関連エントリー
映画と私(41) 『ロビン・フッド』
Webサービスと私(48) Googleの自社コンテンツ?








アマゾンの秘密──世界最大のネット書店はいかに日本で成功したか
松本 晃一
ダイヤモンド社 (2005/01/28)
売り上げランキング: 3,038



最新WebサービスAPIエクスプロ-ラ ~Amazon、はてな、Google、Yahoo! 4大Webサービス完全攻略
Software Design 編集部
技術評論社 (2005/09/23)
売り上げランキング: 6,326



とっておきの秘技 Google検索の秘伝書
持丸 浩二郎 蒲生 睦男
シーアンドアール研究所 (2005/06)
売り上げランキング: 5,245



グーグる! Googleで知識が100倍増える本
インターネットマガジン編集部
インプレス (2004/03/30)
売り上げランキング: 75,857


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/241-7a9888c9

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。