人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

ニュースと私(52) 生協の白石さん | トップページ | 政治と私(21) 法律の遵守と実益と
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/235-cf5259f5

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
鳥取県、効率重視で予算 トータルコスト全国初の導入 (産経新聞) - goo ニュース

地方自治体などの行政組織が人件費を含めずに査定している事業予算要求について、鳥取県は二十四日までに、事業費に人件費も含め総合的な費用対効果で判断する「トータルコスト予算」を導入することを決めた。全国初。現行制度では人件費を「義務的経費」、事業費を「投資的経費」と切り離して予算編成しているが、事業費に人件費を含めることで、事業の外部委託や継続の必要性などの価値判断が可能になり、予算の節約や職員の効率的配置といった行政改革が期待できる。片山善博知事は全国初の予算編成方式として来年度予算から導入する方針。


 不勉強で、行政の予算の立て方の仕組みをよく知らなかったのだが、これまでの制度の仕組みには驚く。「義務的経費」と「投資的経費」とを分化することは、過去にはそれなりに意義があったのだろう。

 しかし、財政の圧迫が目立つ昨今、民間でできることは委託するのがトレンドだろう。しかし、現行制度の下では、それはやりにくいということだ。

 鳥取県が導入するトータルコストは全国に先駆けるもののようだ。全国初の試みが多い鳥取県は、何気に注目している。

 これを機に、この制度が全国的に導入されることが好ましい。しかし、制度導入だけでは、何の改革もなされない。導入された制度により、民間との予算比較をし、きちんと安価なものを選ぶという作業を遂行してこそ、制度が活用されることになる。

 制度ばかりでなく、意識の改革も必要という点が、この出来事のポイントだろう。



■トラックバック送信先



■関連リンク
鳥取県、効率重視で予算 トータルコスト全国初の導入 (産経新聞) - goo ニュース



■関連エントリー
政治と私(18) 官尊民卑の価値観
政治と私(13) 公務員もクビになる





〈改革〉の技術―鳥取県知事・片山善博の挑戦
田中 成之
岩波書店 (2004/11)
売り上げランキング: 32,957
通常2~3日以内に発送
おすすめ度の平均: 5



スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/235-cf5259f5

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。