人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

社会と私(47) googleちゃん | トップページ | ブログと私(31) ブログ査定
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/232-b412f283

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
車両から煙/横浜市営地下鉄新横浜駅 - カナロコ ローカルニュース

 27日木曜日の話。僕はちょうどこの事故の直後に新横浜駅を訪れた。ひどいものだった。

 改札は逆行する人々でいっぱいで異変は感じたものの、急いでいたのもあり、とりあえず改札に入ってしまった。自動改札が使えるということは電車も動いているということだと思った。

 ホームに下りてみると、電車が止まっている。しかし、客は乗っていない。地下鉄職員はうろうろしているが、説明をする風もない。放送もない。

 様子を見ると、電車は止まっているようだが、復旧の見込みはどうなのかが気になる。五分ほどして初めて放送がなされるが、何を言っているのだかさっぱり判別しない。声は小さいし早口でカツゼツも悪い。

 いずれにせよ、復旧のメドはたっていないと感じられたので、JRを利用することに決め、改札を出ようとした。

 ここは既に行列。しかも、改札は一つしか開いていない。パスネットや定期の自動改札用切符は、出場記録が必要なのだが、自動改札は既にこの時は利用中止になっていたのだ。

 振替輸送という手もある気配だったが、それについての説明はなされていないので、初乗り運賃だけ返してもらって、さっさと出て行った。



 新幹線停車駅と接続する新横浜駅でこの対応はお粗末としか言いようがない。見たところ、十人近くの職員がいるように感じたが、これだけそろって乗客への便宜提供がほとんどなされていない。

 運賃を返してもらう際に、「申し訳ありませんでした」と謝罪の声をそえられたが、そんな言葉はどうでもよくて、情報提供が全くなされないことが腹立たしいのである。



 乗客としての最優先事項は、どうすれば短い時間で目的地に辿り着けるかという点に限るだろう。そして、その乗客は刻一刻と何も知らずに移動して事故現場に来てしまうのである。

 だとすれば、一分に一回は事故の事実と復旧の見込みを放送し、乗客に判断材料を与えることが肝要である。もちろんこれは大きな声ではっきりと情報伝達なされねばならない。

 この点において、いち早く改札を閉じ、地下鉄を利用しようとする乗客にJRへ戻ってもらう措置を講じるべきだっただろう。それだけで、無駄な時間を使わされた僕のような乗客は少なくなっただろう。

 また、既に改札内にいて、出ようとする乗客には、どういう手段があるのかをきちんとアナウンスしなければならなかった。振替輸送はどういった手続きで可能なのかなどは全くわからなかった。



 個別の顧客に対応する職員が散見され、何もしていないように見える職員も何人か見られたが、新幹線接続の駅職員としてはあるまじき行為である。より多くの人々を動かすには、放送においての適切な方法での判断材料の提供が必要だ。

 事故が起こることは仕方がない。重要なのは、その後の人の流れをうまく誘導してやることである。横浜市営地下鉄の危機管理はお粗末である。僕などは、所詮「市営」だからというイメージで今後見てしまうだろう。きちんと総括してもらいたいものだ。



■トラックバック送信先



■関連リンク
車両から煙/横浜市営地下鉄新横浜駅 - カナロコ ローカルニュース



■関連エントリー
ニュースと私(44) 福知山線事故――JR西日本





定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?
三戸 祐子
新潮社 (2005/04)
売り上げランキング: 709
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.67




検証信楽列車事故―鉄路安全への教訓
鈴木 哲法 京都新聞社
京都新聞出版センター (2004/02)
売り上げランキング: 133,080
通常3~4日以内に発送



メディア・リテラシー―世界の現場から
菅谷 明子
岩波書店 (2000/08)
売り上げランキング: 31,250
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.14



スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/232-b412f283

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。