人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

映画と私(39) 『サウンド・オブ・ミュージック』 | トップページ | ニュースと私(51) 漫画のパクリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/221-5b691968

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
『後藤田正晴―異色官僚政治家の軌跡』


後藤田正晴―異色官僚政治家の軌跡



保阪正康『後藤田正晴―異色官僚政治家の軌跡』(文春文庫 1998/01)

内容紹介:
「タカ派の元警察官僚」「カミソリ」と畏怖されながら、自衛隊海外派遣に強く反対。また行財政改革のシンボルとして自民・非自民双方から敬意を一身に集めた後藤田正晴。変貌したのは、彼か、政治か。高等文官試験を一度失敗、初の選挙での落選等、挫折から人間の真実を学びとった気骨ある政治家の全貌を描く。

読書期間:2005/09/23-10/06
評価:★★★☆☆(3点/5点)


 以前から本棚の肥やしになってしまっていた本なのだが、後藤田氏の訃報に接してその存在を思い出し、読んでみることにした。

 保阪正康氏の書籍で、詳細に調査した本だろうと思って読んでみるが、全般的には歯切れの悪い感じ。瀬島龍三氏のルポの際には歯切れよく批判を繰り返し、詳細の行動を追っていたものだが、そこから受けた感じと比較すると、どうもここでは調子が悪い。批判対象でないことがその理由なのだろうか。。。

 情報を収集・解析し、正しい判断を下せば運命は変えられるという点について繰り返し述べられていたが、その具体的体験についてもっとたくさんの事例がほしいと思った。

 後藤田氏のモチベーションについてもいまいち定かでない。なぜ官僚の頂点に立ちたいのかという点が希薄で、いまいち納得できずに読み進めてしまう。

 そういうわけで、つぶさに人生を追ってはいるものの、細かな事例や気持ちへの踏み込みに欠ける感のある一冊であった。

 さりとて、後藤田氏の箴言あふれる人生が勉強になることは確かだ。情報収集と解析、実行のセット。現場を想像することに常に心砕くこと。そして揺るぎない信念。

 上記のようなものを常に意識しながら残した実績というのもすごい。中曽根内閣での業績や、その後の政変で首相になることを嘱望されていたことを僕は知らなかったが、男子事を為すした事例として、非常に感銘を受ける事実だ。

 僕としては、昭和中期の政治史の勉強にも役立つ側面があった。田中角栄氏から始まる自民党内部の抗争は初めて知るものがあった。所詮、歴代の総理大臣の名前、すなわち自民党総裁の名前を順番どおりに暗記しているに過ぎなかったのが、どういった抗争の下に総裁が流れていったのかという点について理解を深められた一冊だった。

 思えば小さい頃は、自民党という一つの党の中に、なぜいくつも派閥があるのか疑問に思ったものだ。同じ志を持つもの同士がなぜ相争うのか疑問に思ったものだった。いまいちど、この構造のおかしさを確認することもできた一冊だった。



■トラックバック送信先



■関連リンク



■関連エントリー
ニュースと私(49) 後藤田正晴氏逝去
書籍と私(11) 『時代に挑んだ反逆者たち―近代日本をつくった「変革」のエネルギー』
駄ブログ:書籍と私(6) 『戦時少年佐々淳行 父と母と伊藤先生』
駄ブログ:書籍と私(3) 『瀬島龍三 参謀の昭和史』





わが上司 後藤田正晴―決断するペシミスト
佐々 淳行
文芸春秋 (2002/06)
売り上げランキング: 24,752



後藤田正晴―異色官僚政治家の軌跡
保阪 正康
文芸春秋 (1998/01)
売り上げランキング: 48,992



後藤田正晴の目
後藤田正晴の目
posted with amazlet at 05.09.23
後藤田 正晴
朝日新聞社 (2000/08)
売り上げランキング: 132,145



政と官
政と官
posted with amazlet at 05.09.23
後藤田 正晴
講談社 (1994/07)
売り上げランキング: 491,452



情と理―後藤田正晴回顧録〈上〉
後藤田 正晴 政策研究院政策
情報プロジェクト
講談社 (1998/06)
売り上げランキング: 173,538



情と理―後藤田正晴回顧録〈下〉
後藤田 正晴 政策研究院政策
情報プロジェクト
講談社 (1998/06)
売り上げランキング: 197,640


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/221-5b691968

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。