人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

Webサービスと私(24) Googleスタイル | トップページ | ITサービスと私(4) Microsoft OfficeとOpenOffice.org
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/22-12989829

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
年収1億なのに維持費21億…京都の「私のしごと館」 (読売新聞) - goo ニュース

独立行政法人「雇用・能力開発機構」が、おもに中学、高校生の職業意識向上のために建設した「私のしごと館」の昨年度収入が1億1000万円にとどまる一方、同館に常駐している機構職員27人の年間給与だけで2億4000万円かかっていたことが14日、分かった。


 独立行政法人って、結局は公的機関と比較して思考方法に変化はもたらされないのだろうか。

 建ててしまったものはしようがないのだから、なるべく損益を少なくして赤字垂れ流しを避けることが第一の目標なのだろうが、これはひどい。

 この結果、04年度の入館料などの収入は1億1089万円にとどまり、目標の1億6574万円の3分の2にとどまった。

 これに対し、支出面では、同機構から派遣されている職員27人の給与が計2億4726万円。1人当たりの平均年収は915万円に上る。民間企業からの出向職員や臨時職員分も含めると人件費は6億円を超え、情報システムの管理費3億8000万円などを加えた全体の年間維持費は約21億円に達していた。


 収入が目標に達成しないことはまああるだろうが、目標の2/3とは情けない。収益をあげるために努力したのか。施設の性質にこだわるあまりに、顧客の心理を無視した結果だろう。こうなったら方針転換して、近隣の学校を対象にした利用促進をはかるべきなんじゃないか。

 で、問題は支出。人件費で平均年収915万円ってひどい話だ。彼らは915万円の給料をもらうほどの価値を提供していないだろう。これはかなり圧縮できるはずだ。平均年収300万円程度に圧縮して、差額600万円×27人=1億6200万円は支出を減らせる。

 他にもまだまだ無駄があるだろう。減らせる減らせる。

 施設の機能の一部は停止してしまい、施設の目的・性質の方向転換をして経費の圧縮をはかることが必要だ。



■トラックバック送信先



■関連リンク
年収1億なのに維持費21億…京都の「私のしごと館」 (読売新聞) - goo ニュース







■関連エントリー
政治と私(9) 道路公団は職員用テニスコート94面所有
政治と私(8) 大阪市民の逆襲


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/22-12989829

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。