人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

映画と私(34) 『ギャング・オブ・ニューヨーク』 | トップページ | Webサービスと私(47) GoogleMagazine!?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/184-61b42e3d

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
『エバー・アフター』
【※ネタバレあります※】


エバー・アフター原題:EVER AFTER
製作年:1998年
製作国:米国  118min.

・監督:アンディ・テナント
・出演:
ドリュー・バリモア
アンジェリカ・ヒューストン
ダグレイ・スコット
ミーガン・ドッズ
パトリック・ゴッドフリー
メラニー・リンスキー
ティモシー・ウェスト
ジュディ・パーフィット
ジェローン・クラベ
ジャンヌ・モロー


エバー・アフター オフィシャルサイト FOXJAPAN
エバー・アフター - goo 映画
エバー・アフター@映画生活
エバー・アフター - allcinema ONLINE


内容紹介:
誰しも知ってる「シンデレラ」の物語を現代風にアレンジして映画化した作品。昔々、優しい父と田舎の屋敷で暮らす少女ダニエル。しかし、父が男爵夫人と再婚し二人の娘を連れてやって来たことから一変。しかも、その後父が急死してしまう。それからダニエルはメイドとしてこき使われる生活を送っていた。10年後のある日、フランスの王子ヘンリーと運命的な出会いをしたダニエルは……。

評価:★★★☆☆(3点/5点)
安心して見ていられるスタンダードナンバーという感じ
・2005/08/28 Movieplus


 どこが現代風にアレンジされているのかはいまいち掴みかねたけれども、安心して楽しめる映画だった。オチを知ってても楽しめるっていう点で、やっぱり童話はすごいなあと思いつつ、細部を振り返る。

 まずはシンデレラ役のドリュー・バリモア。めちゃくちゃきれいというわけじゃないから、最初はシンデレラ役としてどうよとも思ったのだけれど、だんだんと話がすすむうちに洗練さを見せた点はさすがだと思った。それとも僕の目の錯覚か。けれども、蝶の格好で舞踏会に訪れた姿は確かに美しかった。

 いっぽうで、王子様役の人物造詣は、ちょっと頼りないなあと思った。「男」として魅力あるわけでもなし、正に「王子」という一点においてのみ彼は好きになられる要素をもっているわけだけれども、現代風の感覚からいくと、「男」としての魅力を見せて、シンデレラが惚れるに足る人物にしてほしかったなあと思った。

 その他、まあ毎度のことだけれどもフランスの話なのに英語でしゃべるこの違和感よ。時代考証もどうなんだろう。フランス国家の権力と基盤、それをとりまく貴族たち、そしてなぜか王子の家庭教師につくレオナルド・ダ・ヴィンチ。

 まあ、それもこれも許せるのはドリュー・バリモア演じるシンデレラの活発さと、アンジェリカ・ヒューストン演じる継母の好演だろう。継母の性格は過度に憎しみを煽るものでもなく、妥当で良識ある範囲で打算的な性格を見せてくれて、「かませ犬」役をうまく演じていたと思う。

 たまにはこういう映画もいいかな。



■トラックバック送信先



■関連リンク
エバー・アフター オフィシャルサイト FOXJAPAN
エバー・アフター - goo 映画
エバー・アフター@映画生活
エバー・アフター - allcinema ONLINE



■関連エントリー
映画と私(22) 『宝島』
映画と私(17) 『ショコラ』
映画と私(15) 『コーラス』
映画と私(14) 『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』
駄ブログ:映画と私(1) ネバーランド





エバー・アフター
エバー・アフター
posted with amazlet at 05.08.31
20世紀フォックス・ホーム・エンター
テイメント・ジャパン
(2000/05/26)
売り上げランキング: 15,603



エバー・アフター
エバー・アフター
posted with amazlet at 05.08.31
サントラ
テキサス ジョージ・フェントン
ユニバーサルクラシック
(1999/04/22)



エバー・アフター
エバー・アフター
posted with amazlet at 05.08.31
玉崎 孫治
フォーインクリエイティブプロダクツ
(2000/10)
売り上げランキング: 97,876



シンデレラ プラチナ・エディション (初回限定生産)
ブエナビスタ・ホームエンター
テイメント (2005/10/21)
売り上げランキング: 30



本当は恐ろしいグリム童話
桐生 操
ベストセラーズ (2001/01)
売り上げランキング: 14,872



完訳 グリム童話集〈1〉
W. グリム J. グリム 金田 鬼一
岩波書店 (1984/01)
売り上げランキング: 18,674


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/184-61b42e3d

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。