人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

映画と私(33) 『シンデレラマン』 | トップページ | 漫画と私(6) 甲子園漫画といえば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/180-37547fe5

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
 ふと、今年の夏の甲子園を思い出してみると、アルプスで吹奏楽団が演奏する曲が一過性のものじゃなくなってきているんじゃないかと思ったり。

 もちろん、定番は「サウスポー」と「狙い打ち」が君臨している。70年代の曲なのに未だにこれを演奏する高校があるなんてセンスがないなあと思うのだが、野球のキーワードにタイトルがバッチリはまってもいるし、致し方ないという気もする。

 いっぽうで、その時期の流行の曲を演奏するっていうパターンもまだ散見される。野球にも関係なく、試合の雰囲気無視、一過性のものと、センスのなさは度を増す。

 そんな中、一過性じゃないなあと思ったのが何曲かある。

 いま思い出せるものだと、まずはプロレスラー三沢光晴選手のリングテーマ。まあこれは「スパルタンX」でもあるが。なぜ「スパルタンX」なのか、なぜプロレスのテーマを選んだのか、理由が全然思いつかない。けれど、闘争心を煽るという意味では、僕は好感を持つ。

 あと、TMNの「GetWild」。いまの高校生がこれを知っているとはっていう意味で驚きだった。アニメ「シティ・ハンター」のテーマ曲でもあったけど、これもまた見たことあるわけないし、一体どこから持ってきたんだろうか。でも気持ちを乗せやすい曲だと思う。

 そして、「太陽にほえろ」のジーパン刑事のテーマ。というより、パリーグファンにとっては、ライオンズ小関選手の打席に立つ時のテーマ曲。うーん、小関選手とは何と地味なところをチョイスするんだ!確かに松井・小関両選手がライオンズの一、二番だった頃は、このテーマが流れるとき既に松井選手は一塁に出塁しており、小関選手がエンドランで一、三塁にチャンスを広げ、日替わり三番打者を抑えてもカブレラ選手にドゴーーーーーン!!と打たれ、和田選手にドカーンととどめをさされるイメージが強いが。しかしマニアック。

 意外と侮りがたし、最近の高校生。



■トラックバック送信先



■関連リンク



■関連エントリー
野球と私(30) 駒大苫小牧野球部よ、また来年。駒大苫小牧応援団よ、猛省を。
野球と私(29) 宇部商業左腕エース 八年の悲哀
野球と私(28) 延長の果てに
野球と私(27) 甲子園は平田のためにあるのか
野球と私(26) 横綱を襲う旋風
野球と私(25) エースと四番
野球と私(24) 大阪桐蔭高校打線~2005年夏
野球と私(13) 中村剛也選手
野球と私(8) 大西選手と平石選手





ドキュメント横浜vs.PL学園
アサヒグラフ特別取材班
朝日新聞社 (1998/11)
売り上げランキング: 185,419



TIME CAPSULE all the singles
TIME CAPSULE all the singles
posted with amazlet at 05.08.26
TMN 小室哲哉 Kari Saimon
松井五郎 神沢礼江
EPICソニー (1996/12/12)
売り上げランキング: 8,694



CITY HUNTER COMPLETE DVD-BOX (完全限定生産)
ソニー・ピクチャーズエンタ
テインメント (2005/12/21)
売り上げランキング: 22


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/180-37547fe5

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。