人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

映画と私(32) 『魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE』 | トップページ | 野球と私(28) 延長の果てに
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/174-8e427f61

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
 「甲子園は清原のためにあるのか」

 実況の名セリフを思い出した。

 一試合三本の本塁打。これはPL学園の清原和博選手以来の記録だという。大阪桐蔭平田良介選手はこれに並んだ。甲子園の申し子の記録に並ぶとは驚きだ。

 一本目はこすった感じでレフトに高く高く舞い上がった。浜風に乗せられてのスタンドイン。これが序章になるなんて、誰も想像しなかったろう。

 二本目は完璧に捉えた鋭い当たりを左中間に放り込む。一打席目と違い、内容のある本塁打。

 僕にとっては三打席目が圧巻だった。リードされながらも得点圏のチャンスを掴んだ場面。当たった瞬間本塁打かと思った。浜風に押し戻されて50センチ及ばず、フェンス直撃の二塁打になってしまうものの、ライトに飛ばしたセンスは見事としか言いようがない。レフト、センター、ライトへ満遍なくボールを遠くへ飛ばすパワーとテクニック。圧巻だった。

 四打席目は前の打席を修正するかのように、さらにライトへ押し込む。歴史に肩を並べた瞬間だった。

 対戦相手の東北バッテリーの顔が印象的だった。先発の高山投手は、打った相手に敬意を表し、平田選手に拍手を送っていた。いっぽう、中盤からマウンドにあがった三浦投手は、呆然とした表情を見せた。連続本塁打であるかどうかも影響しているだろうが、二年生か三年生かという点でも違いはあるだろう。九回途中で無念の降板になった三浦投手は、ベンチで応援しながら涙は止まることがなかった。

 そして、平田選手の四打席を一番間近で見続けた捕手の竹原選手。打たれるたびに信じられないといった表情がこれもまた印象的。いまは悔しさでいっぱいだろうが、誰よりも間近でこの四打席を見られたことが、人生のよき思い出となる日がいつか来るだろう。

 それにしても、東北高校の二年生は投打の軸がしっかりしていて、新チームにも期待がもてる。四番成田選手が満塁からライトに放ったツーベースは見事。きれいな打撃フォーム、きれいな当たりで、辻内投手から打ってみせたことも糧になるだろう。



 さてこの試合、平田選手の怪物ぶりに終始したものだったが、スコアを見れば二点差の接戦であった。大阪桐蔭が先制、東北が逆転、ジワリジワリと桐蔭は得点を重ねて逆転、そして八回裏にダメ押しの一点が入り、6-4のリードのまま辻内投手が抑えきったという点差である。

 個人的には、八回裏のダメ押しはなかった方がよかったのではないかと思う。好調篠原選手があわや二試合連続本塁打のエンタイトルツーベースを打ったのは見事ではあったが、結果、辻内投手に楽をさせることにつながった。

 確実に勝つためには、こういう点の取り方は大きい。しかし、大阪大会も含めて。接戦をほとんど全く経験してこなかった(特に、一点差の試合は経験してないようだ)大阪桐蔭にとって、心に余裕のない状態で九回を迎える経験がないのは弱点といっていい。

 特にエースの辻内投手は、精神的に弱い部分があるようだから、一点差のプレッシャーがかかるクロージングは経験すべきもののように思っていたのだ。仮に九回表に逆転されたとしても、後攻で、九回に平田選手にまわるという状況下だったので、再逆転の可能性も充分期待できたから、修羅場を経験させておきたかったなあと、ちょっと残念なのだ。



 残る二試合、横綱相撲で完勝を続けられればよいのだが、次の準決勝は昨夏優勝の駒大苫小牧。一試合三本塁打の平田良介選手、一試合19奪三振の辻内崇伸投手の甲子園記録コンビが、どれだけのネームバリューになり、どれだけのプレッシャーになるのか。ここまで来たら、甲子園の伝説に加われるよう武運を祈りたいのだが。。。



大阪桐蔭・平田3発14塁打!清原超えた新怪物 (サンケイスポーツ) - goo ニュース
平田3発!清原超えの14塁打 (スポーツニッポン) - goo ニュース



■トラックバック送信先
ほぼ日刊ベースボール:大阪桐蔭・平田が1試合3本塁打
*82beans:敬遠しちゃいけないの?
BBスクラップ:怪物・平田良介



■関連リンク
大阪桐蔭・平田3発14塁打!清原超えた新怪物 (サンケイスポーツ) - goo ニュース
平田3発!清原超えの14塁打 (スポーツニッポン) - goo ニュース



■関連エントリー
野球と私(26) 横綱を襲う旋風
野球と私(25) エースと四番
野球と私(24) 大阪桐蔭高校打線~2005年夏
野球と私(13) 中村剛也選手
野球と私(8) 大西選手と平石選手





ドキュメント横浜vs.PL学園
アサヒグラフ特別取材班
朝日新聞社 (1998/11)
売り上げランキング: 185,419


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/174-8e427f61

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
>乃慧さん
- 管理人 #2mK3jtMU | URL |
コメントありがとうございます。

僕はバリバリに大阪桐蔭派だったのですが、僕の文章で冷静になれるのでしょうか。。(笑)。でも、大阪桐蔭は華があって注目し続けたいですけど、敗者の中にこそキラリと光る何かがあるとも思うんです。

準決勝のレビューもアップしましたので、よろしければどうぞ。。
2005/08/20(Sat) 14:00:56[ 編集 ]
TBありがとうございました。
- 乃慧 #0DfsMD2w | URL |
こんばんは。
コメント&TBありがとうございました。
地元の学校なので、ついつい東北高校寄りで観てしまっていたのですが、hcomedyさんの記事で冷静に試合を思い出すことができました。
大阪桐蔭が勝って決勝に行くことを望んでいたのですが、やはり駒大苫小牧は強かったんでしょうか・・・。延長までいったのに、残念です。
2005/08/19(Fri) 21:49:02[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
- BBスクラップ
平田の4打席目、つまり三本目のHRの時の話。 これは、交替した三浦投手との初対戦の打席でもありました。
2005/08/20(Sat) 20:13:49
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。