人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

野球と私(25) エースと四番 | トップページ | 映画と私(32) 『魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/172-2a3d7101

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
 僕からの好感度が日に日に高まる大阪桐蔭高校。三回戦は長崎県代表の清峰戦である。

 県立で青田買いもしない甲子園初出場の高校。しかし、一回戦では今年の選抜優勝校である愛工大名電を、二回戦では昨年選抜優勝、昨夏準優勝校の済美を次々と撃破し、旋風を起こしているチームである。勢いあるチームを優勝候補大本命がどう受け止めるのか、興味深い対戦となった。

 初回、相手の集中力が高まる前に三点をとった大阪桐蔭はさすがだった。清峰エース古川投手をきちんと捉えたのは、六番米川選手だけ。相手のミスでたまったランナーを還し、セイフティリードをものにする。

 しかし、その後は試合は動かない。古川投手の粘投には脱帽だ。牽制球のテクニックでピンチを脱する姿は格好よかった。

 そして、4-0で大阪桐蔭のリードで迎えた九回表が手に汗握る。出会い頭で本塁打を打たれた辻内投手は、コントロールを乱し、満塁のピンチを迎えてしまう。辻内投手を見ていると、どうも接戦は心もとない。。。セイフティリードがあるにもかかわらず、ストライクが入らなくなってしまうのはなあ。。

 辻内投手のボールを見ていると、普段は高目に入る球で攻めていくべきと思っている(でも、大阪桐蔭バッテリーは、基本低めを使いたがるようだ。辻内投手はコントロールが甘いため、それが真ん中近くに入ってしまってヒヤリとする。。)のだが、この九回のピッチングでは、高めに入るたびにヒヤリとする。しかも、だんだん、始めからボールとわかる球しか投げられなくなる。

 誰にも打てない球を投げているのだから、もっと自信を持って楽に投げてほしいなあ。

 結局清峰は得点することができず、試合は4-1で終わってしまうのだが、チャンスをつくったときの恐ろしさは脅威だった。これが勢いあるチームの怖さである。まず、ヒットを打っただけで、スタンドが派手に盛り上がる。辻内投手もこれに結構影響されたんじゃないかな。九回に出たホームランでは、その雰囲気の変わりように驚いた。一気に存在感を増し、スタンドの誰もが清峰の奇跡を信じているように感じられた。旋風を起こしているチームはこれだから怖い。

 それに乗って相手のミスを誘いチャンスを広げる打線もまた勢いを感じた。スコアを見ると全く歯が立たなかったように見えるが、内容としては金星に迫る横綱を追い詰めたものだと言って間違いないだろう。惜しくも敗れはしたが、大健闘だ。県立高校がここまでやってくれるのは非常に気持ちがよい。間違いなく清祥旋風は甲子園ファンの記憶に刻まれたことだろう。拍手で健闘をたたえたい。

 大阪桐蔭は次回までにどれだけ修正するかにとりあえず期待ですな。



辻内154キロ、12K完投!清峰止めた (スポーツニッポン) - goo ニュース



■トラックバック送信先



■関連リンク
辻内154キロ、12K完投!清峰止めた (スポーツニッポン) - goo ニュース



■関連エントリー
野球と私(25) エースと四番
野球と私(24) 大阪桐蔭高校打線~2005年夏
野球と私(13) 中村剛也選手
野球と私(8) 大西選手と平石選手





ドキュメント横浜vs.PL学園
アサヒグラフ特別取材班
朝日新聞社 (1998/11)
売り上げランキング: 185,419


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/172-2a3d7101

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。