人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

社会と私(32) 高野連報道を終息させていいのか | トップページ | 社会と私(34) 本当のお父さん
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/159-f4bbe7b4

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
野球と私(22) 明徳義塾高校の甲子園辞退
ニュースと私(48) 乗組員の発言
野球と私(23) 無用の長物、高野連
社会と私(31) 高野連報道
社会と私(32) 高野連報道を終息させていいのか

 ざっくりとだが追ってきた高野連関連。明徳義塾高校への対応に端を発したわけだが、黙祷関連報道で原爆に対する考え方に寄り道をし、報道倫理に行き着くといった感じのテーマ選びをしている。前回のエントリーでひとまず区切りを打ちたいと考えていたのだが、続報を発見したのでリンクを貼る。

甲子園黙とう報道、毎日新聞大阪本社編集局長ら処分 (読売新聞) - goo ニュース
毎日新聞、編集局幹部を処分 高陽東の黙祷報道で (朝日新聞) - goo ニュース

 処分は甘いんじゃないだろうか。虚偽情報を掲載したことへの処分は上司はもっと厳しく断罪されるべきだし、担当記者への処分がないというのも首をかしげる。情報を提供することで利益を得ているという意識が低いんじゃないだろうか。

 まだくすぶり続けそうな話題なので、引き続き注視していきたい。






 さて、前回のエントリーに対し、批判のトラックバックをいただいた。ので、このエントリーでそれに対する感想も書きたいと思う。

そして僕はぼやき続ける(BLOG):ここまで来ると平和ファシズム

 高野連関連の話題に断続的にエントリーされているブログで、このエントリー以前にもいろいろと主張をなさっている。ざっくりとまとめると以下の主張が骨子だと解釈する。

・報道を鵜呑みにしてブログ投稿する人が多すぎる。
・行き過ぎた平和への希求はイデオロギーの押し付けだ。



 「報道を鵜呑みにしてブログ投稿する人が多すぎる」という主張に関しては、確かにそうかもと思う。僕自身、あやしい報道とは断りを入れていたが、それでも批判をするのはちょっと軽率だった。

 意図としては、仮にこういう状況下でこうした発言があったならば、僕はこう思いますよという表明のつもりだったのだけれど、精読なんかされるわけのないブログで政治的発言をすれば、読者をいろいろと不愉快な思いにもさせるだろう。今後は注意したいと思う。



 「行き過ぎた平和への希求はイデオロギーの押し付けだ」という主張に関しては、名指しでご批判いただいた。

(略)「平和ファシズム」そのもの状況です。何の検証も無く、推測だけで「高野連の圧力」一本です。甚だしい方ですと「今後これに反する言動をした者は断罪されることになる流れが見えたので、よい流れなんじゃないかなと思う。」とまで書いてある。もうこうなると自分の思想が守られるためなら事の真偽なんて関係ないらしい。


 僕のエントリーのような長文はざっと読まれることは避けられない。まあ、こういう祭りで多数のブログが参照される際は、十把一絡げで括られて、一部を取り上げられて勘違いされることも仕様があるまい。

 さて、この文脈だと、僕の意見は急進派の先頭を行くもので、高野連参事の発言は各報道で否定されようが事実と信じ込み、平和への希求は誰もが例外なくするものだと取られかねないように感じた。もちろん否である。



 まず「高野連の圧力」についての僕の考え。

 結論から言えば現時点では灰色だと思っている。報道で発言が否定されたからには謝罪するべきというご意見のようだが、報道に基づいて失敗をしてしまった身分から言えば、その愚は繰り返したくない。なぜなら、状況に変化が出そう気配だからだ。

 報道では、毎日新聞側の虚偽の記事だったとなっており、これを尊重すべきだが、取材経緯の続報が出そうな現状を見ると、確定的なことは言えないと思う。そうした中で確定的な発言をしてしまうと、またメディアリテラシーの低さを露呈することになってしまう恐れがあるように思うのだ。

 ただ、現時点の報道を尊重もするので、謝罪まではせずに、軽率な発言をしてしまったと非を認めるのが僕のスタンスだ。



 で、引用された文だけれど、言葉の選び方、構成の仕方が悪かった点で、非は僕にあるだろう。過激な思想に解釈されても仕方ない。。。一連の動きに対して分析と感想を述べた文章は、こういう文脈だ。

 原爆に対する態度に関しては、日本人の原爆への忌避観が垣間見られたように思う。それがイデオロギーに影響されたもので、過度の主張かどうかは現状では見極められなかったのだが、平和を希求する気持ちを根本にもつのは絶対的に悪いことではないと思う。

 今後これに反する言動をした者は断罪されることになる流れが見えたので、よい流れなんじゃないかなと思う。




 前提として、僕はこれを一般論として書いている。個人の発言と原爆に対するイメージは、前回のエントリーでも書いているように、分けて考えている。

 それを踏まえて、僕は、原爆投下という過去は、人類全体の贖罪すべき過去だと思うし、原爆という存在自体も許されないものと思っている。各国間のパワーバランスや抑止力として、現実問題、核兵器は必要と思うけど、原則論としては存在すべきでないと思う。

 そして、核兵器も戦争もあってはならないと思う気持ち、平和を願う気持ちは、絶対的に悪いものではないと思う。

 こうした平和を願う気持ちの発露が多くの人々によってなされた一連のブログ「祭り」を、僕は好ましいものと感じる。

 言いたかったのはこういうことだ。



 さらに補足すると、好戦的な発言が「断罪される」べきとは思っていない。仕方なく必要となる戦争も存在すると思う。日本に軍隊は不可欠とも思っている。けれども、戦争するよりも戦争しない方が絶対にいい。そうした原則に反する言動は叩かれていいと思っている。

 また、原爆がある特定地域だけのものという狭い考えは、僕にとっては許容しがたい。だから「断罪される」べきと思う。



 僕の「平和の押しつけ」の基準は、どうやら甘いところに設定されているみたいで、自衛隊云々だとか九条云々だとかいう論調に直接結びついてこなければ、「押しつけ」とは思わない。だからこそ平和を謳うことはよいことだと思うし、それを根本から否定する言動は慎まれるべきだと思う。

 平和と言うだけで過敏に反応してしまうことの方が、むしろその思想に影響されているもののように感じるのだ。



■トラックバック送信先
そして僕はぼやき続ける(BLOG):ここまで来ると平和ファシズム
むらの樹ダイアリー:なぜか・・・最終章2
人型生命研究所分室:報道と言論と思想と真実と



■関連リンク
甲子園黙とう報道、毎日新聞大阪本社編集局長ら処分 (読売新聞) - goo ニュース
毎日新聞、編集局幹部を処分 高陽東の黙祷報道で (朝日新聞) - goo ニュース



■関連エントリー
社会と私(32) 高野連報道を終息させていいのか
社会と私(31) 高野連報道
野球と私(23) 無用の長物、高野連
ニュースと私(48) 乗組員の発言
野球と私(22) 明徳義塾高校の甲子園辞退





ドキュメント横浜vs.PL学園
アサヒグラフ特別取材班
朝日新聞社 (1998/11)
売り上げランキング: 185,419



東京裁判
東京裁判
posted with amazlet at 05.08.05
キングレコード (2004/08/04)
売り上げランキング: 1,938



東京裁判の正体
東京裁判の正体
posted with amazlet at 05.08.05
菅原 裕
国際倫理調査会 (2002/08)
売り上げランキング: 9,570





スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/159-f4bbe7b4

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。