人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

映画と私(30) 『戦場のメリークリスマス』 | トップページ | 映画と私(31) 『ジョンQ 最後の決断』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/139-d3cd8395

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
ロッテからの提訴を却下 パ・リーグ小池会長 (共同通信) - goo ニュース

パ・リーグの小池会長は9日、ロッテから申請された8日のロッテ-巨人5回戦(千葉)の判定をめぐる提訴を却下する裁定を下した。


 ニュースで映像を見ていたけれども、守備妨害をとるべきプレーだったと感じる。マリーンズ側が激怒するのも当然だ。

 まあしかし、審判のミスもまた折り込んでの野球という観点からは、仕方あるまいとも思う。今後いっそう技術の向上につとめてもらえればそれでいい。最近いっこうに上達しないという点については、今回はあえて目をつぶろう。この問題に関しては、それよりも技術以前に気になる点がある。

ただ、小池会長は、場内説明で柿木園責任審判員が「成り行きとして試合を再開する」とアナウンスしたことについて「説明が不十分。対応がまずかった」と指摘。パの前川審判部長は「成り行きとは審判員同士で使う言葉。『一連のプレー』と発言すればよかった」と話し、審判員に誤用再発の防止を徹底するという。


 タイトルにもしたように、「ファン>>>超えられない壁>>>審判」ということがわかってない審判が多いんじゃないだろうか。

 審判は確かにグラウンド上での神である。選手に対しては毅然とした態度でのぞみ、円滑な試合進行を果たすべきだろう。しかしながら、それは誰のためにやっているものなのか。せっかく昨年から選手や球団の営業戦士たちの意識改革が始まったのに、著しく水さす厚意として感じられる。

 審判だって野球を観戦するファンあってこその商売。お金を払うファンのために円滑な試合進行をし、エンタテインメントを成立させるというのが彼らの仕事の根本だろう。

 言葉の「誤用」をする時点で緊張感が足りない。いま球界を覆う空気を全く読めておらず、プロとして給料をもらうレベルにはないと感じる。しかも、「成り行き」という特殊なことばを使ったことには、「誤用」どころか「意図」を感じるのは訝り過ぎだろうか。

 僕はファンに対しての説明責任を果たさない無責任な姿、ファン軽視の傲慢な態度を感じ取る。審判はグラウンド上では神様であっても、球場のなかではエンタテインメントのプロの演者であることを深く肝に命ずることを要求したい。

 また、その管理者である機構側として、「職員」に対する意識の徹底が全く不十分であることにもその責任を問いたい。「誤用再発防止」などというレベルの低いことを言わないで、説明責任という意識を植え付けることこそが重要なはずだ。ファンサービスを一番真剣に考えなければならない機構がこのような低レベルであるのには失望する。

 この程度のエンタテインメントで高額のチケットを売りつけようとは傲慢もいいところだ。そんな商品は買えない。



■トラックバック送信先



■関連リンク
ロッテからの提訴を却下 パ・リーグ小池会長 (共同通信) - goo ニュース



■関連エントリー
野球と私(10) ファンサービス





南海ホークスがあったころ―野球ファンとパ・リーグの文化史
永井 良和 橋爪 紳也
紀伊国屋書店 (2003/07)
売り上げランキング: 99,001
通常2~3日以内に発送



1988年『10・19』の真実―平成のパリーグを変えた日
佐野 正幸
新風舎 (1999/05)
売り上げランキング: 89,601
通常3~4日以内に発送



パ・リーグを生きた男 悲運の闘将西本幸雄―悲運の闘将西本幸雄

ぴあ (2005/03)
売り上げランキング: 9,306
通常3~4日以内に発送


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/139-d3cd8395

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。