人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

社会と私(16) ハブられるのを恐れてるとアホになる | トップページ | Webサービスと私(39) 予測と地図と
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/114-421ffcbe

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
裏編集後記:ネットニュースより速いメディア

 ネットメディア(たぶんITニュース系。僕個人的にはimpressじゃないかとにらんでいる。)の記者をなさっているtinaoさんが運営されているブログで、次のようなエントリーがあった。

我々Webメディアでは午前中に発表されたことを昼休みあたりの時間に公開できることはほとんどない。編集部に帰り、メモしたことを整理して記事を書き、デジカメに納めた写真を転送・編集し、出来上がったものを上司に見せ添削してもらい、そして公開する。腹が減ればその前にメシを食ったりもして、早くても15時過ぎ、夕方近くになることもある。午後も続けて用事があれば当然もっと遅い。新聞などとの比較でWebは速いとよく言われており、自分でもそういうイメージがあったが、テレビはその先を行っていた。よくよく考えてみれば当たり前だし、基本的に後に残らないなどまったく違う性質のメディアでもあるんだけど。


 上記の内容には同意する。ネットの性質としての速報性がイメージにあったけど、それって新聞を比較対象として考えていたんだなあと気がついた。で、気になったのはそのエントリーについているコメント。

それにしても、遅くないですか?>ネットニュース。
紙の新聞だって、午前中(11:30?)までの出来事は、夕刊に載りますよ。

アメリカではblogな人が記者会見にいるそうですけれど、個人的に発信する人が一番速いんでしょうね。
現在、ネット上で一番速いのがNHKじゃないかと思っているのは気のせいかな。鬼のようなblogな人のページを知らないだけかもしれませんが。

今後とも、ご活躍を!
Posted by douda at 2005年05月13日 05:04


> それにしても、遅くないですか?>ネットニュース

ああ、やっぱりそう思います?m(_ _)m
言い訳がましいですが、新聞と比べると編集に関わる人数がとても少ないことが原因となることがあります。午前、午後と予定が入ったり、書き上げても確認する人が出払っていたりすることがありますから。
…とはいえ、自分自身、書くのは遅い方なので、なるだけ速く書けるようがんばりますです。
Posted by tinao at 2005年05月13日 20:25


そうですか、
「新聞と比べると編集に関わる人数がとても少ないことが原因」
ですか…。
Posted by douda at 2005年05月16日 07:41


 ネットに速報性がない原因として、tinaoさんが「編集に関わる人間がとても少ないことが原因」と挙げたことに対して、doudaさんは残念そうだ。「たったそれだけのこと?」というニュアンスがあるように感じられる。

 けれども、これはしょうがないことじゃないかなあ。

 新聞や雑誌は読者から購入してもらうことで収入を得ており、広告収入もまた存在する。新聞は日本独特の宅配制というビジネスモデルがある。テレビはというと広告収入が主だけど、ご存知のように莫大な料金を必要とする。いっぽうニュースサイト(IT系に限る。新聞系は別物。)もまた広告収入に頼る現状だけれど、その単価は想像を絶するほど低い。

 1回あたりの広告表示料金は携帯電話のパケット代よりも低いらしい。ニュースサイトの経費としてコンテンツやデザインやサーバー代がかかっているはずなのにパケット通信代よりも低いんじゃ収益はなかなかあがらないだろう。ネットの広告費がラジオを抜いたなんてニュースが流れてたけど、その恩恵にあずかってるのは一部のポータルだけなんじゃないかと思う。特に検索サイト。

 そんなわけで、編集部員は雇いたくとも雇えないのがIT系ニュースサイトの現状じゃないかと推測する。「たったそれだけのこと」ではないんじゃないだろうかと。だから、ネットの技術を最大限に生かした速報に期待するとすれば、コンテンツにお金を払うか広告料金が値上げされるかじゃないだろうか。

 今さらコンテンツ料金を払えと要求したところで、ユーザーは不満爆発させると予想すれば、広告料金が上がることを期待するしかない。けれどこれもなあ。。。今さら広告主が値上げにうんと言うはずがないし。電通みたいなでっかいところが広告主を説き伏せることに淡く期待でもしておく。



 と、tinaoさんの悩みを邪推したときに見かけた情報。

CJIC 2005 Summer イベント概要 - CNET Japan - CNET Japan

 メディアが主催するイベントって無料っていうイメージを勝手に抱いていたのだけれど、これは事前登録制の参加費必要イベント。後援を募っても広告料金はあまりのぞめないのかなあ。

 イベント自体は、中身はすごく興味ひかれるものだ。サーチエンジン、ブログ、RSSというホットトピックをおさえ、有名どころがスピーカーとして名を連ねている。

 アナウンスをしたばかりなので何とも未知数だけれども、この水準のイベントを開催でき、しかも、参加費をとるっていうのは昨年イベントを開いたCNETだからこそという気がする。

[特集] New Industry Leaders Summit 2004 - CNET Japan
シーネットネットワークスジャパン株式会社株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズとNew Industry Leaders Association設立に参画 - ZDNet Japan

 先進的なトピックをとりあげ、先進的な技術を試みるイメージのあるCNETにしかできないイベント内容であり、紹介制という形態をとっても成功させうるという実績があったからこそのイベントだろう。注文をつけるとすれば略語多すぎ。NILSとかCJICとかよくわからんっす。

 いずれにしても、ビジネスモデルをいろいろと模索するなかで、CNETにしかできないやり方が試みられているという点で注目。その他のネットメディアはどんなやり方を探しているのだろうか。まあITmediaとかimpressであれば、ユーザー系のIT情報を提供しているわけで、ユーザーから収益をあげる方法のほうが近道なんだろうな。

 ときにイベントを前に、そのテーマをレポートする企画もおもしろい。しかも、サーチエンジンやRSSの状況をわかりやすくまとめている。

3大企業にベンチャーも絡む検索エンジン市場のいま - CNET Japan



 。。。最近蛇足が多いな。まあ最初から大したことは言ってないブログだし、ご寛恕いただきたい。。



■トラックバック送信先
裏編集後記:ネットニュースより速いメディア



■関連リンク
CJIC 2005 Summer イベント概要 - CNET Japan - CNET Japan
[特集] New Industry Leaders Summit 2004 - CNET Japan
シーネットネットワークスジャパン株式会社株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズとNew Industry Leaders Association設立に参画 - ZDNet Japan

3大企業にベンチャーも絡む検索エンジン市場のいま - CNET Japan



■関連エントリー
社会と私(14) 2007年問題





電通「鬼十則」―広告の鬼・吉田秀雄からのメッセージ
植田 正也
日新報道 (2001/10)
売り上げランキング: 14,897
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.14




図解 ネット広告のしくみ―出稿の実務と効果・費用がわかる
林 和彦
日本実業出版社 (2004/10)
売り上げランキング: 8,878
通常24時間以内に発送



渋谷ではたらく社長の告白
藤田 晋
アメーバブックス (2005/03/31)
売り上げランキング: 103
通常2~3日以内に発送
おすすめ度の平均: 4.09




教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書
ばるぼら
翔泳社 (2005/05/10)
売り上げランキング: 7
通常3日間以内に発送
おすすめ度の平均: 5




ネットは新聞を殺すのか-変貌するマスメディア
国際社会経済研究所 青木 日照
湯川 鶴章
NTT出版 (2003/09/25)
売り上げランキング: 15,228
通常4~5日以内に発送
おすすめ度の平均: 4



スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://humancomedy.blog7.fc2.com/tb.php/114-421ffcbe

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。