人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

| トップページ |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
[新製品]リンクス、竹で作られたWindows日本語キーボード「竹千代」を発売 (RBB) - goo ニュース

 ほしいか?



■トラックバック送信先



■関連リンク
[新製品]リンクス、竹で作られたWindows日本語キーボード「竹千代」を発売 (RBB) - goo ニュース



■関連エントリー





最悪なことリスト
最悪なことリスト
posted with amazlet on 06.01.23
トリイ・ヘイデン 入江 真佐子
早川書房 (2004/05/19)
売り上げランキング: 217,862


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
反省すべきは「待ち組」…首相、猪口少子化相ら造語で (読売新聞) - goo ニュース

 小泉改革の結果として「勝ち組」と「負け組」の二極化が進んでいるという批判に対抗するため、小泉首相や猪口少子化相が「待ち組」という言葉を使い始めた。
 勝ち負けの“二元論”にくさびを打ち込み、改革の影の部分が論点になりそうな風向きを変えたいという思惑もあるようだ。

 「待ち組」は、フリーターやニートなど「挑戦しないで様子をうかがう人」を意味する造語。猪口氏は1月31日の記者会見で、「『負け組』は立派だ。その人たちは戦ったのだから。本当に反省すべきは『待ち組』だ」と述べて、フリーターらの奮起を促した。

 小泉首相も2日の内閣メールマガジンの中で「待ち組」の存在を指摘し、「そういう人々も持てる力を存分に発揮し、創意工夫を活(い)かすことができる社会にしなくてはならない」とつづった。

 こうした首相の呼びかけに連動するように自民党では、衆院当選1、2回を中心とする若手議員約50人が2日、「若者を応援する若手議員の会」を発足させた。会長の西村康稔衆院議員は設立総会で、「猪口大臣も全面的に協力する。若い世代の声を吸い上げ、国民運動を盛り上げていきたい」と訴えた。

 同会は6月までにフリーター・ニートや少子化対策に関する政策を提言する方針だ。


 小泉内閣の特徴を鑑みた上での発言ととらえると、これは「改革」への批判をかわす手段としか思えない。しかし、言っていることは至極真っ当でもあるのである。

 待ち組を生産するこの社会は問題だろう。小泉内閣がこの社会を本当に問題視しているのか、はっきりとした対策をうってくるのか。非常に期待薄なところで、やはりパフォーマンスであるとしか感じられない。

 ただ、政府に期待しないとしても、待ち組を生産しない社会とする意識は国民一人一人に必要だろう。親として子どもをどう育てるのか。教育現場でどういった施策を打つのか。デキない奴を待っていてはどうしようもない。親や教師がこの言葉をどう捉えるかが問題であると思う。



■トラックバック送信先



■関連リンク
反省すべきは「待ち組」…首相、猪口少子化相ら造語で (読売新聞) - goo ニュース



■関連エントリー





下流社会 新たな階層集団の出現
三浦 展
光文社 (2005/09/20)
売り上げランキング: 362



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 その割りにやったことは小さい。こんなんでストレス解消になったのだろうか。

郵便ポストにアイスクリーム投函 容疑の男逮捕 埼玉 (朝日新聞) - goo ニュース

 埼玉県警狭山署は3日夜、郵便ポストにアイスクリームを投げ入れたとして同県狭山市の40代の派遣社員の男を郵便法違反の疑いで現行犯逮捕した。「会社で上司に嫌なことを言われ、むしゃくしゃしていた。前にもやったことがある」と話しているという。現場付近の郵便ポストでは先月から同様の被害が相次いでいたといい、同署が関係を調べている。

 調べでは、同日午後7時25分ごろ、同市新狭山の郵便ポストの投函(とうかん)口から棒状のアイスを投げ入れた疑い。張り込んでいた郵政公社職員が見つけて通報した。アイスは気温が低かったために溶けず、はがきや手紙に被害は及ばなかったという。


 郵便法というのがあったのは初耳である。守れるようにしなければ。。。



■トラックバック送信先



■関連リンク
郵便ポストにアイスクリーム投函 容疑の男逮捕 埼玉 (朝日新聞) - goo ニュース



■関連エントリー





最悪なことリスト
最悪なことリスト
posted with amazlet on 06.01.23
トリイ・ヘイデン 入江 真佐子
早川書房 (2004/05/19)
売り上げランキング: 217,862



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
貨物室でついうとうと…飛行機が離陸=サウジ空港作業員 (時事通信) - goo ニュース

 コントでありがちなシチュエーションといういんしょうだけれども、暖房がない飛行機では命に関わるらしい。あまり笑えない。ちょっとびっくりするお話である。



■トラックバック送信先



■関連リンク
貨物室でついうとうと…飛行機が離陸=サウジ空港作業員 (時事通信) - goo ニュース



■関連エントリー





最悪なことリスト
最悪なことリスト
posted with amazlet on 06.01.23
トリイ・ヘイデン 入江 真佐子
早川書房 (2004/05/19)
売り上げランキング: 217,862



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
Yahoo!ニュース - 時事通信 - 経済格差悪くない、小泉首相が答弁=「ねたむ風潮慎むべき」-参院予算委

 小泉純一郎首相は1日午後の参院予算委員会で、構造改革に伴う経済格差拡大への批判が強まっていることに関し、「わたしは格差が出ることは悪いこととは思っていない」と答弁した。その上で「ようやく今、光が見えてきた」と景気回復の成果を強調する一方、「光が見え出すと影のことを言う(人がいる)。影に対し、どうやって手当てをしていくかが大事だ」と述べ、経済的弱者にも配慮する姿勢を示した。自民党の市川一朗氏が「改革一本やりでいいのか」とただしたのに対し、答えた。
 一方、社民党の福島瑞穂氏は「貧困層が増えているという認識はあるか」と、社会構造の現状認識をただしたのに対し、首相は「ますます増えているとの認識はない。どの時代でも成功した人と成功しない人がいる」と述べた。
 さらに、首相は「貧困層をなくす対策と同時に、成功をねたむ風潮や能力のある人を引っ張る風潮は厳に慎んでいかないと、社会の発展はない」と答えた。


 首相の意見は至極真っ当と思う。富裕層の充実は認めるべきことだと思う。彼らのスタートラインが先んじていたものとしても、その運不運も含めて人生だと思うし、無闇に影の部分を光の部分のせいにしてはならないと思う。

 しかしながら、記事内容を信じるとすれば、この質疑は会話が成り立っておらずもどかしい。

 貧困層が増えているという認識はあるかという点について、首相はそれを認識しておらず、したがって対策を講じる気がない。

 くしくも先週のダイヤモンドの特集は、上流社会と下流社会についてだった。階層社会の再生産という点が指摘され、貧困層が温存され増加されているという説が提出されていたわけであり、これを全くの無視というのは乱暴のように思う。

 貧困層の増加という点は確認しきれないけれども、維持・減少とも言い切れないという点で、ダイヤモンドの論調への反駁がなければ、首相の言は全くの身勝手なものとしか映らない。

 この階層社会についての公正な認識がなければ、いま最も関心が高い年金や保険への施策が有効に機能しないだろう。退任の時期まではまじめに仕事をしてもらわなければ困る。



■トラックバック送信先



■関連リンク
Yahoo!ニュース - 時事通信 - 経済格差悪くない、小泉首相が答弁=「ねたむ風潮慎むべき」-参院予算委



■関連エントリー





〈改革〉の技術―鳥取県知事・片山善博の挑戦
田中 成之
岩波書店 (2004/11)
売り上げランキング: 32,957
通常2~3日以内に発送
おすすめ度の平均: 5




わが上司 後藤田正晴―決断するペシミスト
佐々 淳行
文藝春秋 (2002/06)
売り上げランキング: 24,752



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
額賀長官、防衛施設庁「解体」を明言 (朝日新聞) - goo ニュース

 05年度補正予算案の審議が1日午前、参院予算委員会で始まった。額賀防衛庁長官は、官製談合事件の舞台となっている防衛施設庁について「原点に返って解体する」と語り、防衛庁との統合を進める考えを明言した。そのうえで「透明性を持った形で問題を処理することが大事だ。これを仕上げて新しい出発体制にするのが私の責任だ」とも述べ、引責辞任はしない意向を示した。

 民主党の前田武志氏の質問に答えた。額賀氏は、98年の防衛庁調達実施本部を舞台にした背任事件で、参院での問責決議を受け防衛庁長官を辞任している。額賀氏は答弁で、98年の事件を機に防衛庁の調達実施本部解体やチェック体制強化に取り組んだと説明。防衛施設庁について「問題を自らの問題としてきっちりと消化されていなかった。施設庁は占領軍時代の特別調達庁として発足し、ある意味で特権意識を持っていた。その中に不正の温床があった」と指摘した。

 一方、前田氏は、米国産牛肉の問題にからみ、民主党議員による質問主意書に対する政府答弁書の内容と実際の輸入再開決定の手続きが異なっていたことについて、首相の見解をただした。小泉首相は「院に対し十分説明をしなかった点は反省しなければならない」と述べ、手続きそのものに問題はなかったとの考えを重ねて示した。


 防衛施設庁と聞いて連想するのは、佐々淳行氏がその公務員生活で最後に骨を埋めた機関ということだ。警察官僚のトップにはなれず、防衛庁本体でもない点に、「偉くなること」が目的ではなかったことがうかがえる。

 それでも防衛施設庁が「ポスト」として存在していたことは確かで、あたら有能な才能が埋もれてしまうのは何か忍びない。しかしながら、それは人事制度に誤った慣習があるからこそで、「ポスト」が少なくなるからこそ、有能な人材をきちんとピラミッド型に配置し、防衛庁を機能的な機関としてほしいと思うわけである。



■トラックバック送信先



■関連リンク
額賀長官、防衛施設庁「解体」を明言 (朝日新聞) - goo ニュース



■関連エントリー





〈改革〉の技術―鳥取県知事・片山善博の挑戦
田中 成之
岩波書店 (2004/11)
売り上げランキング: 32,957
通常2~3日以内に発送
おすすめ度の平均: 5




わが上司 後藤田正晴―決断するペシミスト
佐々 淳行
文藝春秋 (2002/06)
売り上げランキング: 24,752



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。