人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

| トップページ |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
 gooトップページの「検索で知る言葉」に「放電コミュニケーション」ということばがあったので、思わずクリックしてしまった。

 何となれば、僕は静電気がたまりやすい体質で、この冬もいつも金属のドアの取っ手に悩まされているからだ。「放電」ということばに思わず悩み解決の糸口を見出してしまったが、どうもそうではないらしい。

ブログ使った交流、来年から活発に・博報堂生活総研が予測?インターネット-最新ニュース:IT-PLUS

 博報堂生活総合研究所は14日、2006年を予測する生活予報を発表した。ブログ(日記風の簡易型ホームページ)などに日常生活でのちょっとした発見を気軽に公開する行動を「放電コミュニケーション」と名付け、知らない人の意見に刺激を受ける人が増えると分析している。

 「料理がうまくなりたい」「同じ関心を持つ人と知り合える」などと、ブログに書き込むことで行動が積極的になる人が増えると分析。5年後の生活変化では、20―30代の女性が同じ趣味趣向を持つ人と同好会を設ける動きが目立つようになると予測している。

 今年9―10月に、首都圏の15―69歳の男女1500人にインターネットを使って調査した。「ブログなどを週1回以上更新する人」は全体の22.1%で、20代では35.5%を占めた。

[2005年12月15日/日本経済新聞 朝刊]


 ということで、ブログを書く人々の行動に名づけられたもののようだ。

 がっかりしたものの、まあこれはこれで興味深い。僕はこのブログ上では、プライベートなことはほとんど書かないので、積極性がついてきたという実感はまったくない。いっぽうmixiではプライベートなことも書くには書くが、いかんせん更新頻度が非常に低いので、こちらも効果は感じない。

 というか、プライベートなことを書いたブログにはあまり興味がわかないわけだが、それでも、興味をもってコミュニケーションを形成していく人々がいることには少し驚いている。

 前向きに生きるツールとしてのブログという側面は興味深いが、もう少し静観するかと思う。



■トラックバック送信先



■関連リンク
ブログ使った交流、来年から活発に・博報堂生活総研が予測?インターネット-最新ニュース:IT-PLUS


■関連エントリー





人とお金が集まるブログ作りの秘伝書
石崎 秀穂
シーアンドアール研究所 (2005/07)
売り上げランキング: 573



ブログ 世界を変える個人メディア
ダン・ギルモア 平 和博
朝日新聞社 (2005/08/05)
売り上げランキング: 4,932



超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル
百世 瑛衣乎
翔泳社 (2005/04/19)
売り上げランキング: 12,438


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 年末は多忙にかまけ、全くエントリーできなかった。正直、11月からの二ヶ月はブログにかまっていられない状態で、質も低いエントリーをしてきたように思う。

 この期間、テレビ、本、映画などのインプットは少しずつしていたのものであるが、アウトプットとなると、そこまで時間をとれないし、モチベーションも直後に書かないとどんどん下がっていくわけである。

 自分としては、優先順位はブログは低い部分にあるので、これはこれでかまわないと考えているのだが、やはり後になって自分の感想を見ることができることは有用だと思うし、また、何かを見た直後の感動を書き留めておくことは記憶に定着させるためにも重要な作業であると思う。

 『七つの習慣』流にいえば、僕にとってのブログは緊急度は低いが重要度は高い部類に入るのだろう。これを日頃取り組む環境を整えなければ自己成長はおぼつかないということでもあるので、時間の使い方とモチベーションの維持との点で課題を認識したい2006年である。



■トラックバック送信先



■関連リンク



■関連エントリー





人とお金が集まるブログ作りの秘伝書
石崎 秀穂
シーアンドアール研究所 (2005/07)
売り上げランキング: 573



ブログ 世界を変える個人メディア
ダン・ギルモア 平 和博
朝日新聞社 (2005/08/05)
売り上げランキング: 4,932



超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル
百世 瑛衣乎
翔泳社 (2005/04/19)
売り上げランキング: 12,438



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 ブログ査定というのがあるらしい。自分のブログがいくらの価値なのかを計ってくれる。

Business Opportunities Weblog | How Much Is My Blog Worth

 早速やってみた。


My blog is worth $20,887.98.
How much is your blog worth?



 2005年10月30日時点で我がブログは「$20,887.98.」。「1$=115.5700円」らしいから、2,414,023.85円?そんなに価値があるとは思えないのだが。。。

 あのネタフルさんが0円だよ?

ネタフル:[N] あなたのブログはいくら? ブログ査定

 いっぽうで、上には上がいる。

ある編集者の気になるノート:あなたのブログは、おいくらですか?

 こちらはまあ負けて当然なのだけれども、どういう基準で算定しているのだか。。。サイドバーに加えて値動きを注視してみたい。



■トラックバック送信先
無料ソフトレビュー フリーソフト,フリーウェア:番外編 ブログの価格はいくら How Much Is My Blog Worth
40代なかばで?:ブログのお値段はHow much is your blog “worth”?



■関連リンク
Technorati
Business Opportunities Weblog | How Much Is My Blog Worth

ある編集者の気になるノート:あなたのブログは、おいくらですか?
ネタフル:[N] あなたのブログはいくら? ブログ査定



■関連エントリー





人とお金が集まるブログ作りの秘伝書
石崎 秀穂
シーアンドアール研究所 (2005/07)
売り上げランキング: 573



ブログ 世界を変える個人メディア
ダン・ギルモア 平 和博
朝日新聞社 (2005/08/05)
売り上げランキング: 4,932



超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル
百世 瑛衣乎
翔泳社 (2005/04/19)
売り上げランキング: 12,438



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
FC2 アクセス解析 -無料アクセス解析レンタル-

 ちょっと前のことになるが、FC2提供のアクセス解析が機能アップしたというアナウンスがあった。


お知らせ (08/19/2005)
要望の多かったブログ専門の検索サイトにも対応致しました.
また、下記検出率も大幅に機能UP致しました。
  検索エンジン" の検出率
  ブラウザ" の検出率
  OS の検出率


 今でも上記のようにトップページに表示されている。

 が、検索エンジンの検出率について機能アップしたとはあっぱり思えない。

 三ヶ月前は大手ポータルサイトの検索エンジンならば、検索キーワードが何だったかをきちんと統計できていたのに、ここ一ヶ月くらいは、さっぱり統計できていない。統計できている割合は、二割程度のように感じる。

 ブログ検索エンジンについては以前から検出不能で、まとめ検索などに対応したことからこのアナウンスをしたようだが、gooブログの検索などには未だに対応していない。

 致命的なのは、Yahoo!の検索エンジンを検出できない点だ。最近ベータ版を公開したYahoo!の検索エンジンだが、これに伴い、さっぱりベータは元より、従来のYahoo!検索エンジンも検出できなくなってしまったのだ。

 検索エンジンといえばGoogleと思いがちだが、日本では、それもブログのような娯楽のコミュニティでは、Yahoo!で検索する人が圧倒的に多い。だから、Yahoo!の検索エンジンを検出できないのは、アクセス解析としては致命的で、それこそ無用の長物だ。

 何に自信をもって「検索エンジンの検出率が機能アップ」したとアナウンスしているのか理解に苦しむが、アクセス解析は乗り換えようかなと思う今日この頃。別にFC2のサービスで統一する必要もないしな。。。



■トラックバック送信先



■関連リンク



■関連エントリー





プロが教えるGoogle検索テクニック―ボクらGooglian

宙出版 (2004/12)
売り上げランキング: 119,212
通常2~3日以内に発送



ビジネスブログのつくりかた 集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!
齋藤 伸也 小暮 正人
秀和システム (2005/04/09)
売り上げランキング: 1,549
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5




この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 議論しつくされた感のあるトラックバックだが、ありえねーと思うトラックバックをいただいてしまった。

ブログと私(22) トラックバックポリシー

 以前、トラックバックポリシーを上記のようにエントリーしたわけだが、サイドバーにリンクを用意しておらず、アナウンスをしていないも同然なので、その責は僕にあるわけだけれども、まあ今回不快に思ったトラックバックは削除させていただく。

 ポイントは以下の通り。

・4ヶ月も前の「時事」の話題であること
・先方のエントリーには、大して「意見」が含まれておらず、ただの雑感で有益には思えない(当時の感情の垂れ流しに過ぎず、4ヶ月も後の現在では価値の見出せない文章である)こと
・先方のエントリーが当方のブログに言及していないこと
・先方のエントリーが当方のブログにリンクをしていないこと
・先方のエントリーがコメントを受け付けていないこと
・先方のエントリーがトラックバックを受け付けていないこと

 いや、もうこれはスパム同然の行為だと思う。削除決定。



■トラックバック送信先



■関連リンク



■関連エントリー
ブログと私(22) トラックバックポリシー





プロが教えるGoogle検索テクニック―ボクらGooglian

宙出版 (2004/12)
売り上げランキング: 119,212
通常2~3日以内に発送



ビジネスブログのつくりかた 集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!
齋藤 伸也 小暮 正人
秀和システム (2005/04/09)
売り上げランキング: 1,549
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5




この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 アクセス解析をしていると、時々おもしろいページにたどりつく。今回はこちら。

人間喜劇 漫画とあたき(2) 『スラムダンク』

 僕のブログの文章が博多弁フィルタによって翻訳されている。博多弁フィルタの存在は知っていたけれど、読んでみるとおもしろい!

 これが博多弁のおもしろさなのか、僕の文章を手前味噌で有頂天になっているのか自分では判断しかねるけれど、過去の忘れ去った文章にこういう具合に再会するのはなかなか楽しい。

 僕はこのブログで常体と「僕」という一人称とを採用しているけれど、それが結構うまくマッチしている気がする。僕の地元の方言でも読んでみたいな。。



■トラックバック送信先



■関連リンク
いろいろな文章変換
人間喜劇 漫画とあたき(2) 『スラムダンク』



■関連エントリー
ブログと私(21) アクセス解析





プロが教えるGoogle検索テクニック―ボクらGooglian

宙出版 (2004/12)
売り上げランキング: 119,212
通常2~3日以内に発送



ビジネスブログのつくりかた 集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!
齋藤 伸也 小暮 正人
秀和システム (2005/04/09)
売り上げランキング: 1,549
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5




この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
ついに日本でもブログが世論を動かすか--総選挙特集が続々と登場 - CNET Japan
テクノラティ、衆議院選挙に関する“生の声”を提供--テレビや新聞との連携も - CNET Japan

 選挙特集といっても、ブログポータルでできることはキーワード検索とトラックバックだけのようだ。例としてテクノラティとブログピープルしか出ていないし、選挙とブログの関係を論ずるのはちょっとなあという気もする。

 いちいちトラックバックするブログって限られてるし、キーワード検索だと、きちんとした話題にしていないエントリーでも引っかかってしまう。

 選挙特集というしくみをやるとすれば、BLOGNAVIのような、個別のブログがリンク先として選んでいるソースで多くなっているものはどこか、みたいなしくみが一番信用に値する気がする。まあ、リンク貼っただけで終わるようなブログも引っかかってしまうのは難ありだけど、それ以上は望みがたい。

 というか、選挙の話題がきちんとブログで話題にされるのかなあという気もする。

 イデオロギーに関することは、最近ちょっと辟易してしまった僕とすれば、あんまり政治信条を主張することには二の足を踏むし、政治的なことを話題にして信用に値するブログなんて、日本では思い当たらない。

 僕が、bloggerはいるけれどブロガーはいないと思う由縁である。欧米と日本とでブログの成り立ちは違うのだから、政治的な意見をブログに求めるっていうのは何だか心もとない。

 はてなでもおもしろいことやっているけれど、「どうなるか」をネットに求めることはできても、「どうなるべきか」はネットでは探しにくいんじゃないかなあ。。



■トラックバック送信先



■関連リンク
ついに日本でもブログが世論を動かすか--総選挙特集が続々と登場 - CNET Japan
テクノラティ、衆議院選挙に関する“生の声”を提供--テレビや新聞との連携も - CNET Japan



■関連エントリー
ブログと私(26) BLOGカンパニー





Bloggers(ブロガーズ)―魅惑のウェブログの世界へようこそ
高間 剛典 みらの 平田 大治
久井 亨 坂井 恵 河端 善博
加野瀬 未友 田口 和裕 増田 真樹
長野 弘子
翔泳社 (2003/11/06)
売り上げランキング: 149,967



シリコンバレーは私をどう変えたか―起業の聖地での知的格闘記
梅田 望夫
新潮社 (2001/08)
売り上げランキング: 21,057



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 BLOGNAVIあたりで話題になってたのか、辿った道はよく覚えていないけれど、BLOGカンパニーというブログポータルサイトを発見し、早速登録してみた。

BLOGカンパニー

 まず目につくのが、すぐにリダイレクトされてしまうのだが、URLが「blog.co.jp」だという点。中小企業だからこそ取れたドメインだろうな。

 で、ポータルの仕組みとしては、ブログ管理者でBLOGカンパニーに登録した人を「社員」とみなし、ブログの内容によって、部や課の配属が決まるというところ。カテゴライズを部署に言い換えただけなのだけれど、登録時にそれぞれのブログをチェックしてから配属先を「辞令」として出して、手間をかけている。

 まあ規模としてはまだまだだから、こういう手作業も可能なんだろう。

 で、こんな特徴じゃ「ポータル」にはなるほど登録者は増えるわけないわけで、特徴的なのは懸賞金制度。登録時に独自URLを与えられる。僕の場合はこれ。

http://myblog.to/humancomedy

 このURLをクリックしてると、懸賞金が当たるときがあるよっていう仕組みらしい。僕としては、このURLで移動すると左側にバーが出てきて鬱陶しいのだが、お金がもらえる可能性があるなら我慢しようじゃないのっていうところを狙われているのだろう。

 このしくみで広告が入るのか、登録者が増えていけばいくほど収入より出費が増えるんじゃないか心配なところだけど、まあ様子見である。



 で、僕は登録後すぐに「調査部ニュース課」に配属された。うーん、執筆再開してからはニュースばっかりとりあげてるからなあ。。かといって映画ブログでも野球ブログでもない。総務部総務課に配属されなかっただけでもよしとしよう。

 ちなみに名刺を右サイドバーに貼ってある。ブログタイトルとかその説明が表示されないのは何だかなあって感じだ。選ぶ側だって、ハンドルネームだけで得体の知れないブログに積極的に飛んでいこうとは思わないだろうに。。。まあ効果にはそんなに期待してないから別にいいんだけど。

 ところでこれ、部署内でチーフとかに昇進できるらしいんだけど、どうすれば昇進できるのかは明かされていない。まあ、誘導したり登録させたりする人数が多いと昇進なのかな。



■トラックバック送信先
Dorothy of Magical:BLOGカンパニー



■関連リンク
BLOGカンパニー



■関連エントリー





ビジネスブログのつくりかた 集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!
齋藤 伸也 小暮 正人
秀和システム (2005/04/09)
売り上げランキング: 1,549
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5




この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 前の習慣を戻すのはなかなかに難しい。

 かたい話題をあんなに取り上げていたのに、ちょっと骨が折れる。。。とりあえずブログアップを意識しているということで。。。継続継続。。。



■トラックバック送信先



■関連リンク



■関連エントリー





超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル
百世 瑛衣乎 白石 崇
翔泳社 (2005/04/19)
売り上げランキング: 1,917
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.57




この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 まさか、こんなに長期間ブログを離れるとは自分でもびっくりである。

 継続していたものを、一度途切れさせると、再び復活するのも結構なエネルギーが必要のようだ。まあ多忙ではあり、時間もあまりなかったのだが。

 もちろん、自分の生活の優先順位が高くなるわけで、ブログ執筆などは多忙になれば優先しないのは当然だ。

 しかし、一ヶ月半も書かないうちに随分ネタもたまってしまった。ブラウザのブックマークには数え切れぬニュースネタが。。。映画もたまってるし、うーん、書けるのだろうか。。。



 と、自分への言い訳を並べたところで、継続できるようにがんばってみる。とりあえずはリハビリのエントリーであった。



■トラックバック送信先



■関連リンク



■関連エントリー





超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル
百世 瑛衣乎 白石 崇
翔泳社 (2005/04/19)
売り上げランキング: 1,917
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.57




この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。