人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

| トップページ |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
goo 教えて!goo

 教えてgooというサービスがある。一時期、NTTレゾナントが強力にプッシュしていて、広告予算消化の時期には決まってこのサービスの宣伝をしていた。質問コミュニティで、ユーザーの質問にユーザーが答えるという、Yahoo!で言えば知恵袋のカテゴリである。ちなみに、教えてgooという冠ながら、このサービスの実質運営者はOKWebである。そういえば、『今夜、妻が浮気します』を出版させたのもこのコミュニティだ。

 最近思うところがあり、このコミュニティで解答することを試みている。僕がよく出入りするのは、教育系のカテゴリなのだが、そこで解答者に徹していると気付くことがある。

 宿題の転嫁と、礼儀の欠如である。教育系カテゴリに棲みつく以上、相手にするのは子どもが主である。しかし、ルールを守れない人間はやはり多いという感想だ。

 教えてgooでは、書き込みの前に、課題・レポートの丸投げは削除されるという注意書きが目立つ文字で書かれているのだが、それさえも読まないユーザーが多い。そして、何の考えもなしに、自分が答えられるという優越感でそのルール違反の質問に解答してしまうユーザーも多々いる。

 また、解答をもらっているにも関わらず、感謝のことばを示さない人間が多い。

 ところで、このコミュニティでは解答者を評価する仕組みが存在する。質問者にとって有用な解答をした解答者には、二人までポイントが与えられる。

 オークションサービスで相互評価が可能がところを目にしていると、質問者評価も可能にすればよいと思う。

 例えば、課題丸投げの質問者がいたとして、僕は、解答は示さないで、その態度を改めるべきという書き込みをする。しかし、僕の後には、解答を書き込んでしまう者が続く。こうなると、質問者にとって耳当たりの良い書き込みをしたのは後者となるから、ポイントも後者に与えられる。

 こんな仕組みを許すのは質問者によくない。質問者評価も加えて、良質な質問をする人間にはポイントを与え、アホな質問をするユーザーにはそれ相応のしっぺ返しを加える仕組みを用意すべきだ。

 人間の営みは、疑問から始まり、それに対して仮説を立て検証し、新たな法則を発見して成長していくものだと思う。そういう意味で、質問の質は評価が可能なものだ。建設的質問をする人間を評価して、コミュニティの質が高まるようにした方がいい。

 また、宿題の転嫁を許すような仕組みは続けるべきでない。実社会では、ルールの逸脱に対して社会的な評価が加えられる。しかし、インターネットの世界ではやり逃げが簡単にできる。一人のユーザーを追いかけ、アホな質問をする人間であるとわかるようにしておけば、擬似的な「世間」をつくることも可能だ。

 特に子どもには、世間の目を感じさせて、ルールの逸脱をよくないことと認識させ、それが自分自身の立場を悪くすることをわからせるようにするべきであると思う。

 ただ、上記の提案は、質問数の減少を招く恐れがある。それはすなわち、広告表示回数の減少を意味し、収入減少につながるわけで、おいそれとは導入できないだろう。けれども、gooで展開するサービスなのだから、そろそろ質を高めることも考えてよいのではないだろうか。



■トラックバック送信先



■関連リンク
goo 教えて!goo



■関連エントリー





アマゾンの秘密──世界最大のネット書店はいかに日本で成功したか
松本 晃一
ダイヤモンド社 (2005/01/28)
売り上げランキング: 3,038



最新WebサービスAPIエクスプロ-ラ ~Amazon、はてな、Google、Yahoo! 4大Webサービス完全攻略
Software Design 編集部
技術評論社 (2005/09/23)
売り上げランキング: 6,326



とっておきの秘技 Google検索の秘伝書
持丸 浩二郎 蒲生 睦男
シーアンドアール研究所 (2005/06)
売り上げランキング: 5,245



グーグる! Googleで知識が100倍増える本
インターネットマガジン編集部
インプレス (2004/03/30)
売り上げランキング: 75,857


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
SOFTBANK Creative:Web of the Year 2005各賞受賞結果

「Web of the Year 2005」の年間総合大賞は「mixi」に
Web of the Year 2005授賞式、mixi笠原氏や2ちゃんねる西村氏らが登場

 Web of the Year 2005が決まった。反応遅すぎであるが、下記のように投票しているので、とりあえず振り返りをしておこうと思う。

Webサービスと私(52) Web of the Year 2005ノミネート

Web of the Year 2005 各賞受賞結果(有効投票総数: 97,886票)

【年間総合大賞】
mixi

【ネットレイティングス賞】
livedoor

(数字は順位)
【新人賞】
1 GyaO
2 ホットペッパー.jp
3 Google マップ

【特別賞:話題賞】
1 mixi
2 電車男
3 がんばれ、生協の白石さん!

【情報検索部門】
1 Yahoo! JAPAN
2 Google
3 goo

【ニュース部門】
1 asahi.com
2 NIKKEI NET
3 共同通信社

【オンラインサービス部門】
1 Yahoo!メール
2 楽天広場
3 MSN Hotmail

【ショッピング・オークション部門】
1 Yahoo!オークション
2 楽天市場
3 Amazon.co.jp

【旅行・チケット予約部門】
1 じゃらんnet
2 楽天トラベル
3 e+

【生活情報部門】
1 ぐるなび
2 Yahoo!地図情報
3 伊東家の食卓

【エンターテインメント部門】
1 ハンゲーム
2 Yahoo!ゲーム
3 うたまっぷ

【マネー部門】
1 イーバンク銀行
2 郵便貯金ホームページ
3 新生銀行

【テレビ・ラジオ部門】
1 フジテレビ
2 日テレ・ホームページ
3 TBS

【コンピュータ部門】
1 窓の杜
2 Vector
3 シマンテック・セキュリティ・レスポンス

【コミュニティ部門】
1 2ちゃんねる
2 mixi
3 Yahoo!掲示板

【お得なサービス部門】
1 ネットマイル
2 MY DIRECTORY
3 ホットペッパー.jp

【動画・音楽配信部門】
1 GyaO
2 iTunes Music Store
3 Yahoo!動画


 ということで、大衆受けしているサイトがすんなりと受賞したという例年通りの結果である。年間総合大賞がmixiというのは意外だが、僕もSNSに参加したのは今年からだし、一般に広がり始めたということを考えれば、mixiを誉めることは重要だろう。

 おもしろみのない(投票でランキングする限り、知名度に偏る結果は変わりはしないだろう)ランキングの中、新人賞は顔ぶれに変化があるのがおもしろい。今年の結果も、今年を象徴する名前が並んでいておもしろい。

 注目は「ネットレイティングス賞」である。今年からの新設で、livedoorが受賞しているが、視聴率のアップ率を考えれば順当なところ。しかし、来年からは、ネットを深く熟知する萩原雅之社長の選考が見られると思うと、意義ある部門創設だと思う。



■トラックバック送信先



■関連リンク
SOFTBANK Creative:Web of the Year 2005各賞受賞結果

「Web of the Year 2005」の年間総合大賞は「mixi」に
Web of the Year 2005授賞式、mixi笠原氏や2ちゃんねる西村氏らが登場



■関連エントリー
社会と私(54) 新語・流行語大賞決定
社会と私(49) ワード・オブ・ザ・イヤー
社会と私(48) 新語・流行語大賞
Webサービスと私(52) Web of the Year 2005ノミネート





アマゾンの秘密──世界最大のネット書店はいかに日本で成功したか
松本 晃一
ダイヤモンド社 (2005/01/28)
売り上げランキング: 3,038



最新WebサービスAPIエクスプロ-ラ ~Amazon、はてな、Google、Yahoo! 4大Webサービス完全攻略
Software Design 編集部
技術評論社 (2005/09/23)
売り上げランキング: 6,326



とっておきの秘技 Google検索の秘伝書
持丸 浩二郎 蒲生 睦男
シーアンドアール研究所 (2005/06)
売り上げランキング: 5,245



グーグる! Googleで知識が100倍増える本
インターネットマガジン編集部
インプレス (2004/03/30)
売り上げランキング: 75,857



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 今年も残りわずかとなり、Web of the Yearの投票の季節になってきた。Yahoo!のトップにもリンクがおどっている。

Web of the Year 2005

 投票したものと、投票理由をメモ。

●新人賞:ZDNet Japan
 以前のゴチャゴチャした感じをすっきりさせ、ビジネス向けとしてリニューアルしたのが印象的。米国の本サイトに近づいたのはよいと思う。

●話題賞:がんばれ、生協の白石さん!
 ネットがネットを飛び出すトレンドが出てきた今年においては、これが一番印象的。鬼嫁や電車男よりも、報道性があり、なおかつ一介の生協職員さんが有名になったというのが重要と思った。

●部門賞[情報検索]:Google
 精度が落ちてきたような気もしないが、それでも検索において他のサービスを寄せ付けない圧倒的な実力から。

●部門賞[ニュース]:nikkeibp.jp
 コンテンツの幅をどんどん広げてきている点から。

●部門賞[オンラインサービス]:Yahoo!フォト/Yahoo!ブリーフケース
 地味にストレージのサービスが重要になってきた昨今、業界一位の立場としてはさすがの容量をドカンと投入してきたのはあっぱれ。

●部門賞[ショッピング・オークション]:Amazon.co.jp
 業界トップの知名度と質に加え、まだまだ潜在能力を感じることから。

●部門賞[生活情報]:Googleマップ
 地図サービスにおいて、どこよりも早くスクロールを導入した点から。

●部門賞[コンピュータ]:CNET Japan
 RSS、トラックバックの許容など、ブログとの親和性をはかり続ける姿勢から。

●部門賞[コミュニティ]:2ちゃんねる
 世の中のトレンドとして無視できない存在に成長した点から。

 といった感じだ。投票していない部門もいくつかある。僕の場合は、視点がどちらかというとニッチなので、賞をとるのはこの中からはあまり出てこないんだろうな。。。



■トラックバック送信先



■関連リンク
Web of the Year 2005



■関連エントリー





アマゾンの秘密──世界最大のネット書店はいかに日本で成功したか
松本 晃一
ダイヤモンド社 (2005/01/28)
売り上げランキング: 3,038



最新WebサービスAPIエクスプロ-ラ ~Amazon、はてな、Google、Yahoo! 4大Webサービス完全攻略
Software Design 編集部
技術評論社 (2005/09/23)
売り上げランキング: 6,326



とっておきの秘技 Google検索の秘伝書
持丸 浩二郎 蒲生 睦男
シーアンドアール研究所 (2005/06)
売り上げランキング: 5,245



グーグる! Googleで知識が100倍増える本
インターネットマガジン編集部
インプレス (2004/03/30)
売り上げランキング: 75,857



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
ブロガー注目記事ランキング - CNET Japan

 CNETJapanのサイドバーの様子が何だか変わっている気がした。よく見るとテクノラティのロゴがある。早速クリックすると、上記のページへ。

テクノラティジャパン、シーネットネットワークスジャパンと共同でニュースサイトCNET Japan上に『ブロガー注目記事ランキング』を提供 プレスリリース - ZDNet Japan

多くのブログでは、CNET Japanの記事を引用する際に、エントリー(ブログの記事)内にその記事のリンクを記述しています。『ブロガー注目記事ランキング』では、このリンクを集計してリンクの数が多かった記事を人気記事とし、CNET Japan上でランキング表示します。リンクの集計にはテクノラティジャパンのブログ検索エンジンを使います。

シーネットネットワークスジャパンでは、すでにCNET JapanおよびZDNet Japan(リンク)上でトラックバックやRSSに対応し、ブログと親和性のある機能を提供してきました。今回提供する機能は、拡大するブログのネットワークで話題となっている情報を、多くの読者に知らしめるものとして提供します。


 ビジネス向けのニュースサイトとは言え、CNETJapanとZDNetJapanは確かにいち早くブログに対応したRSSやトラックバックを提供してきたので、これもまた当然といえば当然の流れだろう。日本のブログが個人向けの日記の内容が中心になっていることから、親和性は薄いという気もするけれど、ブログ自体はIT系の話題を扱うものは意外と多いし、これはおもしろい試みだと思う。

 機能的にはBULOGNAVIが提供しているものという感じだけど、これをテクノラティと組むのもおもしろい。外資同士のタッグという点でも、何か憶測したくなるものがある。

 まあ、利便性という点で、ITニュースで何に注目が置かれているかわかるのはよい。BLOGNAVIだと、いろいろな情報が拡散してしまっていて、注目ニュースの焦点がしぼれていない。また、ニュースサイトやポータルサイトのニュースフィードにリンク先が拡散してしまい、主要ニュースが浮き上がってこない側面もある。

 注目サービスである。



■トラックバック送信先



■関連リンク
テクノラティジャパン、シーネットネットワークスジャパンと共同でニュースサイトCNET Japan上に『ブロガー注目記事ランキング』を提供 プレスリリース - ZDNet Japan
ブロガー注目記事ランキング - CNET Japan

テクノラティ
BLOGNAVI



■関連エントリー
ブログと私(31) ブログ査定
Webサービスと私(41) ZDNetJapan開始から2ヶ月





アマゾンの秘密──世界最大のネット書店はいかに日本で成功したか
松本 晃一
ダイヤモンド社 (2005/01/28)
売り上げランキング: 3,038



最新WebサービスAPIエクスプロ-ラ ~Amazon、はてな、Google、Yahoo! 4大Webサービス完全攻略
Software Design 編集部
技術評論社 (2005/09/23)
売り上げランキング: 6,326



とっておきの秘技 Google検索の秘伝書
持丸 浩二郎 蒲生 睦男
シーアンドアール研究所 (2005/06)
売り上げランキング: 5,245



グーグる! Googleで知識が100倍増える本
インターネットマガジン編集部
インプレス (2004/03/30)
売り上げランキング: 75,857



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
映画と私(41) 『ロビン・フッド』

 上記のエントリーをしようとしていたときに、偶然見つけたAmazon.comの機能。

Amazon.com: Quotes & Trivia: Robin Hood - Prince of Thieves (Two-Disc Special Extended Edition) (1991)

 引用とトリビアということで、なかなかおもしろいコンテンツに仕上がっている。

 日本のAmazonばかりを見ていると、商品は網羅しているものの、どうも一つ一つのページのコンテンツが薄いという印象があった。Google検索でいつもトップに表示されるAmazonのページだが、そこを訪れても商品が買えるというだけで、情報収集には何とも心もとない。

 そういう問題を、米国では解消する試みが既に行われているわけだ。

 見つけたのは映画のDVDのページであるが、劇中のセリフの一部が文字におこされ、検索のヒット率もあがるだろう。ここでこういうセリフがあった映画は何だっけと思ったときに、検索でヒットしてくれるわけである。

 また、トリビアというのもよいコンテンツだ。映画制作の周辺エピソードが付されていておもしろい。トリビアは日本で流行っているだけで、海外輸出していても、そんなに広まっていないと思っていたのだが、Amazon.comがこの言葉を採用しているということは、全米でも知名度を得ている言葉なのだなあ。

 しかし、Googleと同じ方向を目指そうとしているなあという印象だ。図書館から本を借り出し、その内容をサーバーにアップしてしまおうという最近のGoogleの試みがすぐに連想される。ここ一週間でメディアの注目度が高いAmazonとGoogleなわけだが、その一端を見る思いがする。

 AmazonJapanはまだそういう段階ではないかもしれないが、一刻も早くページごとのコンテンツの充実をはかってほしく思う。



■トラックバック送信先



■関連リンク
Amazon.com: Quotes & Trivia: Robin Hood - Prince of Thieves (Two-Disc Special Extended Edition) (1991)



■関連エントリー
映画と私(41) 『ロビン・フッド』
Webサービスと私(48) Googleの自社コンテンツ?








アマゾンの秘密──世界最大のネット書店はいかに日本で成功したか
松本 晃一
ダイヤモンド社 (2005/01/28)
売り上げランキング: 3,038



最新WebサービスAPIエクスプロ-ラ ~Amazon、はてな、Google、Yahoo! 4大Webサービス完全攻略
Software Design 編集部
技術評論社 (2005/09/23)
売り上げランキング: 6,326



とっておきの秘技 Google検索の秘伝書
持丸 浩二郎 蒲生 睦男
シーアンドアール研究所 (2005/06)
売り上げランキング: 5,245



グーグる! Googleで知識が100倍増える本
インターネットマガジン編集部
インプレス (2004/03/30)
売り上げランキング: 75,857



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 サービスを無料で使用させてもらっているにも関わらず、僕はFC2に対しては辛口である。

 そもそも、サービスを無料で使用させてもらっている時点で、こちらがお世話になっている立場になっているのかというと、そうではないと思っているからだ。サービスを利用することで、このブログは彼らの広告スペースの役割を担うわけだし、僕自身が広告閲覧者にもなるという要素があるので、立場は対等だと思う。あとは、僕が利用規約を守り法律を遵守する範囲内では、いくらでも正当な要求はできると考えている。

 翻って、FC2の企業姿勢はいただけないものが多い。FC2ネットワークのトラックバックスパムは特に、公共の福祉に反する行為と考えている。

 その時点で、FC2の姿勢に疑問を抱いていたのだが、今度は謎のリリースを出してきた。

FC2インフォメーション:2ちゃんねる突破

 FC2にはマーケティングをかじった者さえ皆無なのだろう。

 ブログサービスのドメイン全体のトラフィックと掲示板のトラフィックなんて比較対象になりえない。

 単純に考えても、2ちゃんねるの過去ログはdat落ちして閲覧できなくなる一方で、ブログの過去ログというのは残存して検索にもひっかかる。検索に引っかかりやすいドメイン形式をとっているFC2ならば、なおさら検索ヒット率は上がる。

 しかも、2ちゃんねる初心者以外はIEなど使わず、OpenJaneなどの専用ブラウザを使うから、トラフィックに数え上げられないものが大いにある。

 Alexaの結果はIEでのトラフィックを採用しているから、数字を見れば見るほど、2ちゃんねるのすごさが浮き彫りになり、FC2の閲覧者はインターネット初心者が多いという予測が出てくる。

 そういうわけで、意気揚揚と2ちゃんねる突破と宣言しているが、恥ずかしい数字以外のなにものでもないことが明らかである。初心者ターゲットのサービスならば、これは宣伝効果大だろうが、機能的には高い評価を得ているサービスなのだから、中上級者にも目を向けたリリースをするのがブランド価値のアップにつながるに違いない。

 そう思うと、マーケティングをちょっとは勉強しろよと言いたくもなるのである。



■トラックバック送信先
FC2インフォメーション:2ちゃんねる突破



■関連リンク
むだづかいにっき♂:トラフィックの量が、ブログサービスの質の向上のわけではないのだけどな
あの頃のように…:サービスの向上
sugar pot:[微苦夢] 利用しているブログサービスと巡回するブログの関係



■関連エントリー
ブログと私(30) FC2アクセス解析
Webサービスと私(45) ユーザーとのコミュニケーション
Webサービスと私(33) FC2は企業の全うすべき責務を放棄している。
Webサービスと私(32) FC2という企業





人とお金が集まるブログ作りの秘伝書
石崎 秀穂
シーアンドアール研究所 (2005/07)
売り上げランキング: 573



ブログ 世界を変える個人メディア
ダン・ギルモア 平 和博
朝日新聞社 (2005/08/05)
売り上げランキング: 4,932



超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル
百世 瑛衣乎
翔泳社 (2005/04/19)
売り上げランキング: 12,438



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
CNET Japan Blog - CNET Japan Staff BLOG:グーグルがロイターの買収に関心?

 検索結果に価値を見出し、サービスの提供と収益をそこに求めるGoogleが、自社コンテンツををもつかもしれないという憶測の話。

 これが本当であれば、Google社の方針の大転換なわけだが、最近は、サービス提供として第二段階に入ったかなという感じもする。



Webサービスと私(47) GoogleMagazine!?

 先日エントリーしたように、上記の憶測もまた、「広告代理業」として収益をあげようとしているわけであって、「検索結果」の価値からは段々離れてきている。もちろん検索結果がその軸にあり、その周辺を開拓していった結果、さらに遠く離れている広告代理業や報道にたどり着いているわけだが、ここまでくると直接の関係は見出しにくい。

 展開する場合には検索結果の連動がなされるのだろうが、どんどん手を広げるGoogleには目が離せない。



■トラックバック送信先



■関連リンク
Google.com
Google.co.jp
CNET Japan Blog - CNET Japan Staff BLOG:グーグルがロイターの買収に関心?



■関連エントリー
Webサービスと私(47) GoogleMagazine!?
Webサービスと私(24) Googleスタイル





プロが教えるGoogle検索テクニック―ボクらGooglian

宙出版 (2004/12)
売り上げランキング: 117,138
通常1~2週間以内に発送



Googleの秘密
Googleの秘密
posted with amazlet at 05.05.05
K’s Production
ソフトマジック (2003/10)
売り上げランキング: 272,495
通常2日間以内に発送



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
CNET Japan Blog - CNET Japan Staff BLOG:グーグル、紙媒体の広告販売にも進出か

 タイトルを見ると、Googleが雑誌を!?と思っちゃう。いろいろと新たなことをやってくれていて、追いきれなかったGoogleだけど、こればかりはさすがに反応しちゃう。

 ただ、落ち着いてタイトルを読むと、広告代理店を始めるのかともとれる。

 原文を読む(といっても、めんどうで最初のパラグラフしか読んでないけれど。。)と、新たな広告販売戦略というか、広告の再販というか、ってところかな。

Google takes ad sales to print | CNET News.com

Google recently began buying ad pages in technology magazines, including PC Magazine and Maximum PC, and reselling those pages--cut into quarters or fifths--to small advertisers that already belong to its online ad network, dubbed AdWords.


 まったく、次から次へとよくこんなアイデアが出てくるな、Googleは。そして、ざっくりとだが、たまにこんな速報をしてくれるCNET Japan Staff BLOG、あなどりがたし。



■トラックバック送信先



■関連リンク
Google.com
Google.co.jp
CNET Japan Blog - CNET Japan Staff BLOG:グーグル、紙媒体の広告販売にも進出か
Google takes ad sales to print | CNET News.com



■関連エントリー
Webサービスと私(24) Googleスタイル





プロが教えるGoogle検索テクニック―ボクらGooglian

宙出版 (2004/12)
売り上げランキング: 117,138
通常1~2週間以内に発送



Googleの秘密
Googleの秘密
posted with amazlet at 05.05.05
K’s Production
ソフトマジック (2003/10)
売り上げランキング: 272,495
通常2日間以内に発送



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
はてな、政党を株式に見立てて総選挙結果を予測 - CNET Japan

 昨晩、「はてな」からメールが届き、上記企画のアナウンスがされていた。早速総選挙はてなを訪れたものの、自民はもう買える状況ではなかった。

 株ってやっぱり、より早く情報を取得した人が勝つのだなあと思いつつ、はてなファンの多さにびっくり。はてなのやることは確かにおもしろいけど、昼間からはてなポイントの取り引きをしている人がたくさんいるってのは、それを証明したかたちかなあ。



 ところで、この企画が、公職選挙法の人気投票の禁止に抵触する恐れがあるかもしれないらしい。単純な人気投票じゃないから大丈夫だと思うのだけれど、どうなんだろう。



■トラックバック送信先
微熱日記:「総選挙はてな」に思う



■関連リンク
はてな、政党を株式に見立てて総選挙結果を予測 - CNET Japan



■関連エントリー





「はてな」ではじめるブログ生活―はてな公式ハンドブック
鈴木 芳樹 はてな
ディーアート (2004/05)
売り上げランキング: 98,594



はてなダイアリーガイドブック―ウェブログでつながる新しいコミュニティ
水野 貴明 はてな
毎日コミュニケーションズ (2004/05)
売り上げランキング: 25,740



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 FC2からサービス案内のメールがきた。

送信者:FC2 Information
件名:FC2ブログ絵文字対応及び機能追加詳細



平素は大変お世話になっております。FC2ブログ事業部です。
この度、FC2ブログに絵文字機能を追加させていただきました。
対応絵文字数は1300以上になり、多くの表現に対応することが可能です。
また、携帯での閲覧(1部の機種を除く)にも対応しております。
携帯からの絵文字投稿にも順次対応させて頂く予定です。
 
また、公式テンプレートをご使用のユーザー様で絵文字がずれて
表示されてしまう場合は管理画面よりテンプレートの入れ替え等を
実行してみてください。

またテンプレート開発者様向けとして絵文字の画像のクラス指定には
class="emoji" が指定されております。
参考にしてください。



昨年10月開始からの追加機能詳細

ブログペットへ対応
 http://blog.fc2.com/forum/viewtopic.php?t=250

ファイルアップロードの拡充
 http://staff.blog1.fc2.com/blog-entry-34.html

プライベートモード機能の追加
 http://staff.blog1.fc2.com/blog-entry-33.html

禁止IP/ワード機能と設定事項の拡充
 http://staff.blog1.fc2.com/blog-entry-31.html

ブログデータのバックアップ機能の追加
 http://staff.blog1.fc2.com/blog-entry-24.html

管理者画面プレビュー機能
 http://staff.blog1.fc2.com/blog-entry-21.html

テンプレート機能の拡張
 http://staff.blog1.fc2.com/blog-entry-19.html

コミュニティ機能の追加
 http://staff.blog1.fc2.com/blog-entry-14.html

ログのインポート機能追加
 http://staff.blog1.fc2.com/blog-entry-11.html

コメント・TB通知機能追加
 http://staff.blog1.fc2.com/blog-entry-8.html

ジャンルの追加
 http://blog.blog2.fc2.com/blog-entry-16.html

訪問履歴機能の制限について
 http://blog.blog2.fc2.com/blog-entry-15.html

ブログの表示数の変更
 http://blog.blog2.fc2.com/blog-entry-14.html

テンプレートのブロック変数の追加
 http://blog.blog2.fc2.com/blog-entry-13.html

画像名の変更について
 http://blog.blog2.fc2.com/blog-entry-10.html

設定事項の変更についての詳細
 http://blog.blog2.fc2.com/blog-entry-8.html

携帯端末からの閲覧について
 http://blog.blog2.fc2.com/blog-entry-2.html

 
今後とも宜しくお願い申し上げます。


FC2ブログ
http://blog.fc2.com/

FC2,inc.
http://fc2.com/


 サービスの利用者とコミュニケーションをとる気がないのか、それとも言葉づかいを知らないのか。。。ともかくもその稚拙さに驚いた。


平素は大変お世話になっております。FC2ブログ事業部です。


 冒頭の謎の一行改行、そしてビジネスの相手への挨拶であるかのような物言い。ユーザーに対して「お世話になっております」なんて言わないだろよ。。。

 その後もだらだらとサービスの説明だとか他のサービスへのリンクだとか。メールを受けた人は読む気がしないだろうなとか、何が言いたいのかわからないとか思わないとでも思っているのだろうか。。。

 社会人経験半年の新卒でももっとましなメールを書くんじゃないか?

 まずもって、このメールには宛先が表示されていない。誰に対して送ったのかがわからないメールなんていまどき珍しい。しかも返答の宛先や問合せ先も表示していない。

 個人情報保護法が施行されて数多の企業が神経をとがらせているのに、そうした緊張感がないし、何か不正なやり方で情報取得してるんじゃないかと想像をふくらます。不正をしていないだろうが、遅かれ早かれ何らかの違反を起こしそうに思う。

 技術や利益ばかり追っていて、人とのコミュニケーションをおろそかにする姿はツールでしかないITを目的にしてしまう人々のよう。

 うーん、FC2のサービスが停止したらどうしようかなあ。。。



■トラックバック送信先



■関連リンク



■関連エントリー
Webサービスと私(33) FC2は企業の全うすべき責務を放棄している。
Webサービスと私(32) FC2という企業





〈図解〉個人情報保護法 - 中小企業・個人事業者にも役立つビジュアル対策マニュアル
鶴巻 暁 中 康二
朝日新聞社 (2005/04)
売り上げランキング: 1,330



マーケティング10の大罪
フィリップ・コトラー 恩蔵 直人
大川 修二
東洋経済新報社 (2005/01/28)
売り上げランキング: 10,757
通常24時間以内に発送



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。