人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

| トップページ |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
 消費者の動向をふまえて、コンビニの形態が変化し始めている。

99円の生鮮ショップ展開へ サークルKとユニー (共同通信) - goo ニュース

 コンビニ大手のサークルKサンクスは19日、親会社で大手スーパーのユニーと合弁会社を設立し、主に99円(税別)の生鮮食品や日用品などをそろえたコンビニ「99(きゅーきゅー)イチバ」を展開すると発表した。2月17日に東京都江戸川区に第1号店をオープンする。

コンビニ業界では、競争の激化で既存店の売り上げが不振のため、ローソンなどが「100円ショップ」型や女性を意識した品ぞろえなど新業態の店舗展開を進めている。

99イチバは、ユニーの仕入れなどのノウハウを生かし、競合店舗よりも生鮮食品の販売を充実させる方針。ただ、当面は都内で直営店の出店にとどめる。

合弁会社は資本金が5000万円で、サークルKとユニーがそれぞれ50%出資。2009年2月末まで100店舗を出店し、売上高約137億円を目指す。

サークルKは「食事を自分でつくる女性などのニーズがあり、勝算は十分にある」(土方清社長)としている。


 99ショップの成功を受け、「生鮮食品を安く売る」役割をコンビニが請け負い始めた。ローソンに続きサークルKもということで、「安く売る」体力をどれだけもっているかがポイントだろう。

主婦マーケターのどきどき日記:しっかり者の女子高生

 日常ではこんな風景も見られるらしい。安さの点での競争になってしまうと、コンビニ業界も頭打ちということだろう。厳しい世界だ。

 消費動向からの変化と併せて、雇用情勢からのコンビニの変化も見え始めている。

ローソン、24時間営業を一部廃止へ オーナー高齢化で (朝日新聞) - goo ニュース

 コンビニエンスストア2位のローソンの新浪剛史社長は、一部の店舗で、24時間営業を2年後にもとりやめる方針を明らかにした。高齢化が進む加盟店オーナーに「体力的につらい」との声が強まっていることが背景にある。「24時間営業」はコンビニ業界の大きな特色だけに、業界初のこの動きは、競合他社にも波紋を広げそうだ。

 ローソンは現在、夜間閉鎖のビル内の店など2%程度の店を除いた全国約8000店で24時間営業している。75年設立の同社では、加盟店のオーナー年齢は当初、30~40代が中心だったが、最近は50歳前後が主体になった。年齢層が上がるにつれ「24時間開けている必要はないのではないか」との意見が寄せられるようになった。このため、ローソンでは今春から24時間営業の見直しを検討していた。

 新浪氏は一部店舗で24時間営業をやめることについて「来年度に実験店を設けて試し、本格的にやるのは2年後ぐらいではないか。ただ、24時間営業をどの店でやめ、どの店で続けるのか、きちんと線引きしたい」と話す。寒冷地で冬季の深夜営業をやめるなどの案を検討中で、24時間営業をやめる対象店は今後詰める。

 国内の大手コンビニでは発足当初の70年代には深夜営業をしていない店も多かった。80~90年代に入って24時間営業が中心になってからは、いつでも買い物ができる場所として人気が高まり、社会に幅広く浸透した。

 現在の大手コンビニの店は、24時間営業が原則になっている。業界他社からは、ローソンの見直しについて「24時間開いているからこそ売り上げが伸びる」といった声も出ていた。


 団塊の世代というキーワードがここにも影響しているわけで、これは消費者が団塊の世代中心になれば、24時間を廃止するのもアリだろう。いずれにしても21世紀に入って、コンビニはインフラと変わり、成長する業界ではないのだろう。安定した収益体制をとるために、消費と雇用の二点から業態が変化していくのだろう。注視していきたい。



■トラックバック送信先
主婦マーケターのどきどき日記:しっかり者の女子高生



■関連リンク
99円の生鮮ショップ展開へ サークルKとユニー (共同通信) - goo ニュース
ローソン、24時間営業を一部廃止へ オーナー高齢化で (朝日新聞) - goo ニュース



■関連エントリー
ビジネスと私(16) 24時間営業してほしいと思うお店ランキング
ビジネスと私(11) こども取締役
ビジネスと私(2) 100円野菜
社会と私(20) レジ袋
社会と私(19) 買い物はどこでする





消費資本主義のゆくえ―コンビニから見た日本経済
松原 隆一郎
筑摩書房 (2000/09)
売り上げランキング: 89,370



科学する店舗―専門店から百貨店、スーパー、コンビニ、フューチャーストアまで、残るべくして残った繁盛店の英知を全解剖!
店舗システム協会
東洋経済新報社 (2005/03)
売り上げランキング: 23,945
通常24時間以内に発送


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
24時間営業してほしいと思うお店ランキング - goo ランキング

 正直、どうでもよい店ばかりがランクイン。病院と託児所は24時間にすべきだと思うけど、その他はどうしても必要ってわけではない。

 ランク外らしいが、銀行と役所は24時間の要望がもっとあっていいと思う。銀行が24時間年中無休になってしまったら、お金の動きが止まるときがなくなるわけで、一般の仕事の休みがなくなる恐れが高いから、銀行はほどよく休みが必要だけれども、役所なんかは24時間対応すべきだ。今の給料のままで。ヌルい仕事やってるイメージあるし。

 まあそれはさておき、僕の24時間営業してほしい業種は鉄道である。この世から終電をなくしてもらいたい。

 終電を意識していると、どうしても次の日にまわさざるを得ない仕事が出てくるが、常に電車が動いてくれたら、どんなに便利だろう。騒音が問題ならば、スピードを落として運転すればよいのだ。これは需要も高いはずで、鉄道各社は増収に絶対なると思う。

 終電がなくなれば、居酒屋さんも増収。ただしマンガ喫茶やカラオケは減収かな。いや、遊びすぎた人のためではなく、仕事バリバリの人のために24時間鉄道を実現してもらいたいものである。



■トラックバック送信先



■関連リンク
24時間営業してほしいと思うお店ランキング - goo ランキング



■関連エントリー





消費資本主義のゆくえ―コンビニから見た日本経済
松原 隆一郎
筑摩書房 (2000/09)
売り上げランキング: 89,370



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 今日のネットのニュース見出し群を見ていると「ラ社」という文字が躍っている。はて、何の会社かなと思ったが、しばらくして何を指すかわかった。話題のライブドアだ。

 ネットはスペースの関係上、短い見出しを要求される。とうとうネガティブなニュースの対象となったライブドアも、この短い見出しを要求され、「ラ社」が創作されたということだろう。

 ネガティブニュースになれば社名は省略されるという暗黙のルールがあるのかどうか、ちょっと観察してみたい。



■トラックバック送信先



■関連リンク



■関連エントリー
社会と私(17) ネットメディアに期待するなら広告主に圧力をかけよう





電通「鬼十則」―広告の鬼・吉田秀雄からのメッセージ
植田 正也
日新報道 (2001/10)
売り上げランキング: 14,897
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.14




図解 ネット広告のしくみ―出稿の実務と効果・費用がわかる
林 和彦
日本実業出版社 (2004/10)
売り上げランキング: 8,878
通常24時間以内に発送



渋谷ではたらく社長の告白
藤田 晋
アメーバブックス (2005/03/31)
売り上げランキング: 103
通常2~3日以内に発送
おすすめ度の平均: 4.09




教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書
ばるぼら
翔泳社 (2005/05/10)
売り上げランキング: 7
通常3日間以内に発送
おすすめ度の平均: 5




ネットは新聞を殺すのか-変貌するマスメディア
国際社会経済研究所 青木 日照
湯川 鶴章
NTT出版 (2003/09/25)
売り上げランキング: 15,228
通常4~5日以内に発送
おすすめ度の平均: 4




この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
「使い捨てパスワード」ネットバンキングで新サービス (読売新聞) - goo ニュース

 三井住友銀行は12日、インターネットバンキングサービスで、2月20日から「使い捨てパスワード」による日本の銀行では初めての安全対策を導入すると発表した。

 利用者にパスワードを発行する小型の「パスワード生成機」(縦2センチ、横6・8センチ、15グラム)を配布し、ネットバンキング利用時に生成機に表示されたパスワードを打ち込んでもらう仕組み。

 生成機は銀行のシステムと同じタイミングで1分ごとにパスワードを更新するため、盗み見られても2度と使えず、現金の不正引き出しなどを防げるという。サービス希望者は、利用料として月105円が必要となる。


 使い捨てパスワードという概念がいまいち飲み込めない。

 手元には時々刻々と変わるパスワードを表示できる機械があり、それを元にログインできるということで、ネット上での犯罪対策には万全なわけだが、物理的なパスワード表示機が存在すること自体はいかがなものか。

 まあたぶん、機械でパスワードを表示するために、使い捨てではないパスワードがあると思うのだが、このニュースからはそれは読み取れないわけで、新聞記者の仕事ってヌルいなあと思うわけである。



■トラックバック送信先



■関連リンク
「使い捨てパスワード」ネットバンキングで新サービス (読売新聞) - goo ニュース



■関連エントリー





パスワードは、ひ・み・つ―パソコン通信探偵団事件ノート
松原 秀行 梶山 直美
講談社 (1995/06)
売り上げランキング: 101,298



これだけは知っておきたい個人情報保護
岡村 久道 鈴木 正朝
日本経済新聞社 (2005/01)
売り上げランキング: 3,036



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 NTT東日本のキャンペーンがうまいなあと最近思っている。

NTT東日本 「あたりまえ」を、もっと、ずっと。

 昨年末からCMでも展開されているキャンペーンだ。何がうまいって、槇原敬之さんの名曲『遠く遠く』をキャンペーンテーマソングにもってきたことだ。

 この曲が初めて世に出たのは1992年の7月あたりだったと思う。『君は僕の宝物』というアルバムの一曲だった。それから13年、NTTがこの曲を採用したのは遅きに失したが、逆に考えればよく掘り出したものだと思う。


『遠く遠く』

外苑の桜は 咲き乱れ この頃になるといつでも
新幹線のホームに舞った 見えない花吹雪思い出す
まるで七五三のときのよに ぎこちないスーツ姿も
今ではわりと似合うんだ ネクタイもうまく選べる

同窓会の案内状 欠席に丸をつけた
「元気かどうかしんぱいです。」と 手紙をくれるみんなに

遠く遠く離れていても 僕のことが分かるように
力いっぱい輝ける日を この街で迎えたい

いつでも帰ってくればいいと 真夜中の公衆電話で
言われたとき笑顔になって 今までやってこれたよ

どんなに高いタワーからも 見えない僕のふるさと
失くしちゃだめなことをいつでも 胸に抱きしめているから

遠く遠く離れた街で 元気に暮らせているんだ
大事なのは ”変わってくこと” ”変わらずにいること”

同窓会の案内状 欠席に丸をつけた
誰よりも今はみんなの顔 見たい気持ちでいるけど

遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように
力いっぱい輝ける日を この街で迎えたい

僕の夢をかなえる場所は この街と決めたから


 「手紙」というキーワードにはちょっと躊躇するかもしれないけれど、NTT東日本が、「つながらない人をつなげたい、そのお手伝いをしているよ」というニュアンスはよく伝わってくる。

 これにかぶせてくる吉岡秀隆さんのナレーションも優しい感じでいい。僕たちの生活を支えてくれていたのはNTTだったのだと認識させられる。企業ブランドアップには非常に高い効果をもっているCMではないだろうか。

 ところで、この『君は僕の宝物』というアルバムでは、東京に出て一人で頑張っている槇原さん本人の友達へ向けたメッセージがあふれていた。『どんなときも。』のヒットによる確信だろうか。それは『三人』という曲にも表れているし、以後も『SELF PORTRAIT』、『MILK』、『東京DAYS』などの曲を発表している。

 『遠く遠く』を久しぶりに聴いて思ったのは、一人暮らしを始めたときの気持ちだ。僕はこれからこの街で一人でがんばるんだという希望、春先の暖かさに寒さが混じる気候の中、近くにはいない親しい友達を思いながらも、新たな出会いに期待するないまぜの気持ち。

 そうしたものを、NTTのサイト限定公開のCMを見て再確認した。自分は友達に誇れるようなことをしているのだろうか。年賀状も出さない友達もいるけれど、たまには連絡とらなきゃな。

 僕のこういう気持ちは、80年代の都市的時代背景に流行った心情なのだろうけれど、今も変わらず上京して一人で夢をかなえようとしている人たちはいるわけだし、僕も例外にはもれない。時代遅れのようで意外と心の琴線をついてくるこのCMはすごい!



■トラックバック送信先
くらしのなかにアタマのカタマリ:NTT東日本のCMと槇原敬之
Cafe of life カイロプラクティック:NTT東日本のTVCM



■関連リンク
NTT東日本 「あたりまえ」を、もっと、ずっと。



■関連エントリー





君は僕の宝物
君は僕の宝物
posted with amazlet on 06.01.04
槇原敬之
WEAミュージック (1992/06/25)
売り上げランキング: 4,381



SELF PORTRAIT
SELF PORTRAIT
posted with amazlet on 06.01.04
槇原敬之
WEAミュージック (1993/10/31)
売り上げランキング: 55,876



PHARMACY
PHARMACY
posted with amazlet on 06.01.04
槇原敬之
ワーナーミュージック・ジャパン
(1998/11/26)



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
MIKI-Ando.jp

 フィギュアスケートの安藤美姫選手がこのほど公式サイトをオープンさせたようだ。

 ここ一、二年の彼女の人気振りを思えば、この試みは遅きに失したとも思える。コンテンツを様々に用意しているようだが、流出を恐れてか、セキュリティが高めのページのようで、僕のブラウザの設定だと、トップページから下層は見ることが出来ない。そこまでの執着はないので、サイトが見られるような四苦八苦はするつもりがない。。とにかく、細心の注意を払ってのオープンということだろう。

 さて、こうしたサイトを実際に運営しているのは彼女自身であるはずはない。安藤選手に価値を見出した企業が彼女に提案をして権利を得ることでオープンにこぎつけたということだろう。

 スポーツ界にはアイドルが誕生するがその賞味期限は意外と短い。ライオンズの松坂大輔投手の入団当初と現在を比較すればよくわかる。予告先発が発表されるたびに、当時の西武ドームを満員にしていたのだが、それを続けることは結局出来なかった。

 人を集め、お金を使わせるという点において、スポーツ界のアイドルは大変利用価値が高いものなのだろうが、賞味期限の短さを考えても、使い捨てされることには寂しさを覚えることを禁じえない。一流のアスリートとして敬意を払っていく姿勢がファンにもほしいものだ。

 さて、このたびの試みはオフィシャルサイトという点で少し注目している。これは期間限定のサイトではないからだ。安藤選手が引退した際には、サイトを閉じてしまうのか、別の方向を模索するのか。半永久的な運営が可能なものを始めたという点で、運営者は責任を感じてほしいと思うし、選手、企業のそれぞれがWin-Winの関係であるような事業を行っていってほしいと思う。



■トラックバック送信先



■関連リンク
MIKI-Ando.jp



■関連エントリー





氷上の妖精たち(安藤美姫ほか) 2006年度 カレンダー

ハゴロモ (2005/09/24)
売り上げランキング: 22,751



little wings―新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔
Little Wings編集部
双葉社 (2003/12)
売り上げランキング: 55,746



全日本女子バレー フォトブック「球萌え。」
マガジンハウス
マガジンハウス (2005/11/11)



全日本女子バレー 大友愛 フォトブック I Love・・・
塚原 孝顕
ポニーキャニオン (2005/09/06)
売り上げランキング: 483



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
移動コンビニ作ったら…“こども取締役”提案 (読売新聞) - goo ニュース

 基本的に子どものアイデアに利益を考えた実現可能なものは見出せるわけがないだろう。学ぶべきは、サービスの深化や着眼点だと思う。消費者だからこそ、子どもだからこその着眼点には注意深く参考にしたいところだと思う。

 例えば、「芝生や緑に囲まれてリラックスできるコンビニ」という発案は、採用できるわけがない。緑に囲まれていては、道から離れていて訪れにくくなるだろうし、購買者が減って運営困難になるに違いない。

 しかし、コンビニには緑が足りないという視点は貴重だと思う。ただの消費者でしかない僕だって、コンビニに緑がないのは当然と思っているのだけれど、よく考えてみたら、緑があってリラックスできる環境ならば、より利用しやすい店になるに違いない。

 コンビニに限らず、あらゆる分野で、子どもの着眼点には学ぶべきものが多いかもしれない。



■トラックバック送信先



■関連リンク
移動コンビニ作ったら…“こども取締役”提案 (読売新聞) - goo ニュース



■関連エントリー





日本からコンビニがなくなる日!
高久 永道
ベストブック (2002/06)
売り上げランキング: 145,332



コンビニ ファミレス 回転寿司
中村 靖彦
文藝春秋 (1998/12)
売り上げランキング: 283,942



コンビニの仕事が見える図鑑
竹内 稔
日本実業出版社 (2003/05/22)
売り上げランキング: 177,517



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 中身のないエントリーを続けているのは、もちろん多忙になっているからであり、ストックが尽きたからである。しかしながら、今月は毎日エントリーすると密かに目標をおいていたので、無理矢理にでもエントリーしていた。サイドバーのカレンダーが歯抜けになっているのがどうも嫌なのである。

 で、今回は真面目にエントリー。

 萌えビジネスが市場として一躍認知され、オタクをターゲットにしたビジネスが市民権を得た2005年であったが、今までの方法を横にずらす発想も出てきたようだ。

アキバBlog:「お帰り!お兄ちゃん」妹系カフェ「Pash Cafe NAGOMI」が開店するみたい

 2年位前からメイド喫茶はメディアには取り上げられていたし、今年に入って、そのワードは市民権を得たように思うのだが、競争が激しくなっているのだろう。妹系カフェとは恐れ入る。

 メイド喫茶のように格好はメイドのまま。言うセリフが、「お帰りなさいませ、ご主人様」から「お帰り、お兄ちゃん」に変わるだけのようなのだが、それでもこの違いはオタクの心をくすぐるように思う。

 設備投資に何の追加もせずに、キャラクター設定を変えるだけで市場が広がるという点に、萌えビジネスの潜在力を垣間見る気がする。キャラクターが主役の市場になると、アイデアがより大きくものを言うのかもしれない。



■トラックバック送信先



■関連リンク
アキバBlog:「お帰り!お兄ちゃん」妹系カフェ「Pash Cafe NAGOMI」が開店するみたい



■関連エントリー





萌え経済学
萌え経済学
posted with amazlet on 05.11.13
森永 卓郎
講談社 (2005/10/30)
売り上げランキング: 80,066



萌え萌えジャパン 2兆円市場の萌える構造
堀田 純司
講談社 (2005/04/01)
売り上げランキング: 6,744



最強萌系メイド喫茶ガイド

ミリオン出版 (2005/05/31)
売り上げランキング: 1,329



全日本女子バレー フォトブック「球萌え。」
マガジンハウス
マガジンハウス (2005/11/11)



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
車両から煙/横浜市営地下鉄新横浜駅 - カナロコ ローカルニュース

 27日木曜日の話。僕はちょうどこの事故の直後に新横浜駅を訪れた。ひどいものだった。

 改札は逆行する人々でいっぱいで異変は感じたものの、急いでいたのもあり、とりあえず改札に入ってしまった。自動改札が使えるということは電車も動いているということだと思った。

 ホームに下りてみると、電車が止まっている。しかし、客は乗っていない。地下鉄職員はうろうろしているが、説明をする風もない。放送もない。

 様子を見ると、電車は止まっているようだが、復旧の見込みはどうなのかが気になる。五分ほどして初めて放送がなされるが、何を言っているのだかさっぱり判別しない。声は小さいし早口でカツゼツも悪い。

 いずれにせよ、復旧のメドはたっていないと感じられたので、JRを利用することに決め、改札を出ようとした。

 ここは既に行列。しかも、改札は一つしか開いていない。パスネットや定期の自動改札用切符は、出場記録が必要なのだが、自動改札は既にこの時は利用中止になっていたのだ。

 振替輸送という手もある気配だったが、それについての説明はなされていないので、初乗り運賃だけ返してもらって、さっさと出て行った。



 新幹線停車駅と接続する新横浜駅でこの対応はお粗末としか言いようがない。見たところ、十人近くの職員がいるように感じたが、これだけそろって乗客への便宜提供がほとんどなされていない。

 運賃を返してもらう際に、「申し訳ありませんでした」と謝罪の声をそえられたが、そんな言葉はどうでもよくて、情報提供が全くなされないことが腹立たしいのである。



 乗客としての最優先事項は、どうすれば短い時間で目的地に辿り着けるかという点に限るだろう。そして、その乗客は刻一刻と何も知らずに移動して事故現場に来てしまうのである。

 だとすれば、一分に一回は事故の事実と復旧の見込みを放送し、乗客に判断材料を与えることが肝要である。もちろんこれは大きな声ではっきりと情報伝達なされねばならない。

 この点において、いち早く改札を閉じ、地下鉄を利用しようとする乗客にJRへ戻ってもらう措置を講じるべきだっただろう。それだけで、無駄な時間を使わされた僕のような乗客は少なくなっただろう。

 また、既に改札内にいて、出ようとする乗客には、どういう手段があるのかをきちんとアナウンスしなければならなかった。振替輸送はどういった手続きで可能なのかなどは全くわからなかった。



 個別の顧客に対応する職員が散見され、何もしていないように見える職員も何人か見られたが、新幹線接続の駅職員としてはあるまじき行為である。より多くの人々を動かすには、放送においての適切な方法での判断材料の提供が必要だ。

 事故が起こることは仕方がない。重要なのは、その後の人の流れをうまく誘導してやることである。横浜市営地下鉄の危機管理はお粗末である。僕などは、所詮「市営」だからというイメージで今後見てしまうだろう。きちんと総括してもらいたいものだ。



■トラックバック送信先



■関連リンク
車両から煙/横浜市営地下鉄新横浜駅 - カナロコ ローカルニュース



■関連エントリー
ニュースと私(44) 福知山線事故――JR西日本





定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?
三戸 祐子
新潮社 (2005/04)
売り上げランキング: 709
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.67




検証信楽列車事故―鉄路安全への教訓
鈴木 哲法 京都新聞社
京都新聞出版センター (2004/02)
売り上げランキング: 133,080
通常3~4日以内に発送



メディア・リテラシー―世界の現場から
菅谷 明子
岩波書店 (2000/08)
売り上げランキング: 31,250
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.14




この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 今年も手帳選びの季節がやってきた。書店には手帳が並べられたコーナーが目立つ。

 手帳がスケジュールを書き込むだけではなくなった時代になって数年経つ。

 夢実現ツールとしての手帳はどのように使うのかという話題が流行し、成功体験者の本が次々と出版されている。これは特にIT関連企業の若き起業家がお金儲けをしている。

 夢実現ツールとしての側面は、「どう使うか」という点に負う部分が大きいと思う。そうすると、手帳選びで重要になってくるのは、フォーマットであり、書き込んだ後にスケジュールやメモが把握しやすいという点にかかっていると思う。



 手帳を使うようになって数年、常々僕が思うのは、手帳作成者が勝手に僕の時間を支配しているということだ。

 どういうことかというと、既成の手帳に以下の非常に大きな問題点があるということである。

・土曜日・日曜日の欄が小さい(ことが多い)。
・朝の8時から遅くとも夜の21時までしか時間が印刷されていない。

 人間は誰しも多くも少なくも、一日は24時間を享受し、一週間は7日を享受している。時間に長いも短いもない。全て同じである。

 なのに、手帳の欄には一日のうちの一部しか記入できない。

 不規則な生活をする者や土日出勤をする者にとって、このフォーマットは大変不都合である。僕もまた、夜の予定などはメモ欄にはみ出して書いている。



 前述のように人間の一日は24時間と区切られているのだから、それを全て表示するべきである。

 トヨタ流に言えば、「視える化」をするべきである。

 夢実現ツールであり自己管理ツールとしての側面がクローズアップされている現在、自分の行動全てが手帳で把握できることが望ましい。仕事をする自分と休息する自分を分けることはできない。

 また、ビジネスタイムが予定で埋まっている場合には、なおさら、空欄、すなわち睡眠などの休息時間を可視化することで、働きすぎてはいないか、休息をとっているかどうかチェックできるようになるべきだ。バランスの可視化ということは重要である。

 現在の手帳は午前と午後の二分割で時間が表示されているが、夜と深夜・早朝とを加えて、四分割で表示されることが望ましいのではないか。紙幅がもったいないから削除されているのかもしれないが、空欄こそが自分を管理する鍵になるし、縦横無尽に行動する現在のビジネスマンにとって、昼間の時間帯しか書き込めない手帳は不便で仕方がない。

 来年発行の手帳には、少しはこういう意を汲んだ手帳が出てきてほしいものである。



■トラックバック送信先



■関連リンク



■関連エントリー
ビジネスと私(1) 高橋メソッド





新・「超」整理手帳2006 黒
野口 悠紀雄
アスコム (2005/09/23)
売り上げランキング: 137,712



夢に日付を! ~夢実現の手帳術~
渡邉 美樹
あさ出版 (2005/10/24)



図解 一冊の手帳で夢は必ずかなう
熊谷 正寿
かんき出版 (2004/11/30)
売り上げランキング: 7,421



一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
かんき出版 (2004/03/24)
売り上げランキング: 4,218



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。