人間喜劇
気が向いたとき気が向いたことを書いていきます。。。

| トップページ |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
トラックバック(-) コメント(-)
反省すべきは「待ち組」…首相、猪口少子化相ら造語で (読売新聞) - goo ニュース

 小泉改革の結果として「勝ち組」と「負け組」の二極化が進んでいるという批判に対抗するため、小泉首相や猪口少子化相が「待ち組」という言葉を使い始めた。
 勝ち負けの“二元論”にくさびを打ち込み、改革の影の部分が論点になりそうな風向きを変えたいという思惑もあるようだ。

 「待ち組」は、フリーターやニートなど「挑戦しないで様子をうかがう人」を意味する造語。猪口氏は1月31日の記者会見で、「『負け組』は立派だ。その人たちは戦ったのだから。本当に反省すべきは『待ち組』だ」と述べて、フリーターらの奮起を促した。

 小泉首相も2日の内閣メールマガジンの中で「待ち組」の存在を指摘し、「そういう人々も持てる力を存分に発揮し、創意工夫を活(い)かすことができる社会にしなくてはならない」とつづった。

 こうした首相の呼びかけに連動するように自民党では、衆院当選1、2回を中心とする若手議員約50人が2日、「若者を応援する若手議員の会」を発足させた。会長の西村康稔衆院議員は設立総会で、「猪口大臣も全面的に協力する。若い世代の声を吸い上げ、国民運動を盛り上げていきたい」と訴えた。

 同会は6月までにフリーター・ニートや少子化対策に関する政策を提言する方針だ。


 小泉内閣の特徴を鑑みた上での発言ととらえると、これは「改革」への批判をかわす手段としか思えない。しかし、言っていることは至極真っ当でもあるのである。

 待ち組を生産するこの社会は問題だろう。小泉内閣がこの社会を本当に問題視しているのか、はっきりとした対策をうってくるのか。非常に期待薄なところで、やはりパフォーマンスであるとしか感じられない。

 ただ、政府に期待しないとしても、待ち組を生産しない社会とする意識は国民一人一人に必要だろう。親として子どもをどう育てるのか。教育現場でどういった施策を打つのか。デキない奴を待っていてはどうしようもない。親や教師がこの言葉をどう捉えるかが問題であると思う。



■トラックバック送信先



■関連リンク
反省すべきは「待ち組」…首相、猪口少子化相ら造語で (読売新聞) - goo ニュース



■関連エントリー





下流社会 新たな階層集団の出現
三浦 展
光文社 (2005/09/20)
売り上げランキング: 362


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
コーヒーの飲みすぎは、カフェイン依存? - [心の病気]All About

 僕はコーヒーが大好きなのである。主食といっても過言ではないくらいに、常にコーヒーを飲んでいる。これってカフェイン依存症にあてはまるのかと、心配になったのだが、現時点の生活ではそれほど不都合は出てきていない。

 けれども、タバコかコーヒーかどっちかをやめろといわれたら、禁煙に挑戦するであろう僕なので、結構依存しているのだろうなあ。



■トラックバック送信先



■関連リンク
コーヒーの飲みすぎは、カフェイン依存? - [心の病気]All About



■関連エントリー





コーヒー&シガレッツ
コーヒー&シガレッツ
posted with amazlet on 06.01.31
角川エンタテインメント
(2005/09/09)



なぜみんなスターバックスに行きたがるのか?
スコット ベドベリ Scott Bedbury
土屋 京子
講談社 (2002/10)
売り上げランキング: 24,361



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
犯罪から小学生守れ…集団下校に都立高生付き添い (読売新聞) - goo ニュース

 下校中の児童を犯罪などから守ろうと、東京都羽村市の都立羽村高校の生徒約40人が28日、同市立松林小学校の集団下校に付き添った。
 高校生の社会参加と児童の安全確保の「一石二鳥」を狙い、都教育庁が主導した。今後は都立の33高校で、土曜日などに小学校で授業がある際、高校生が付き添うという。

 この日は、授業参観を終えた同小の全児童247人が、地区別の37グループに分かれて集団下校し、羽村高の野球部、バレーボール部の約40人が、各グループに付き添った。高校生たちは「横断歩道は手を挙げて」、「白い線からはみ出さない」などと声を掛けながら、児童を自宅近くまで送り届けた。

 同高2年の岡松哲也君(17)が「児童と同じ視線で気遣うのが大切とわかった」と話す一方、同小3年の松崎葵さん(9)は「高校生と一緒に帰ると安心」と笑顔を見せた。

 同高の清原敬一校長は「下校時間が異なり、常に付き添うのは難しいが、機会があれば行いたい」と話した。


 このアイデアはなかなかおもしろい。意外と盲点で、気付きにくいところによく気付いたというべきか。

 たいがいの発想は、子どもとお年寄りを連帯させるものである。保育園と老人ホームを併設させる企画は数多く見られる。しかし、子ども同士を連帯させるのはなかなか見当たらないことだ。

 言われてみれば、一、二年の年の差の先輩後輩は数多いが、それを超えると途端に疎遠な関係の世代となる。こうした結びつきをつくるのは地域コミュニティの連帯強化に効果をあげるだろうし、社会人になろうとする際の縦のつながりは役立つだろう。

 何より、違う世代との対話は学ぶべきものがいろいろとある。この試みは広がりを見せてほしいものだ。



■トラックバック送信先



■関連リンク
犯罪から小学生守れ…集団下校に都立高生付き添い (読売新聞) - goo ニュース



■関連エントリー





日本の警察―「安全神話」は終わったか
佐々 淳行
PHP研究所 (1999/10)
売り上げランキング: 53,372



美人女優と前科七犯―佐々警部補パトロール日記〈2〉
佐々 淳行
文藝春秋 (1998/02)
売り上げランキング: 93,271



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
メード喫茶から女性店員連れ去る 無職男を現行犯逮捕 (朝日新聞) - goo ニュース

 東京・JR秋葉原駅そばにある「メード喫茶」から店員の女性を連れ去ったとして、警視庁は26日、住所不定、無職中村充容疑者(28)をわいせつ目的誘拐の疑いで現行犯逮捕した。「わいせつ行為をしようと思った」などと容疑を認めているという。

 上野署の調べでは、中村容疑者は同日午後10時10分ごろ、東京都台東区上野5丁目のメード喫茶に侵入。閉店し、帰宅しようとしていたアルバイト店員の女性(27)に持ってきたキリを突きつけ、「騒がなければ危害は加えない」などと脅迫。この女性に、別の店員(24)を粘着テープで縛らせて置き去りにし、女性を店外に連れ出した疑い。

 メード喫茶は、女性店員が西洋風のお手伝いさんの姿で接客する。中村容疑者は「体にちょっかい出すけど、静かにしていれば刺さない」などと言って女性の腹部にキリをあてながら歩いていたところ、巡回中のパトカーに見つかり逃走したが取り押さえられた。女性にけがはなかった。


 いろんな情報がつまった事件だと思う。

 階層と嗜好の問題について考えさせられる。メイド喫茶店員を見るだけでは満足できなくなり、行動に移してしまったのは28歳の無職。下層社会側の人間はオタクになりやすいのだろうか。

 それを裏返す形で、アルバイト店員が27歳だったというのが気になる。大学生などがアルバイトでやっているものと思っていたのだが、この年齢でも店員として働いているのだなという点で意外。

 今週のダイヤモンドの特集、上流社会と下流社会にあったように、教育がその格差を助長しているのだなあという印象をもつ。

 事件の加害者も被害者も、「メイド喫茶」の「住人」であり、そこは下層社会なのだというのが何となく感じられる。

 全く別の観点だが、この話のオチにも注目したい。事件が未然に防がれたのは、パトカーの巡回によるものだという。犯罪抑止効果だけではなく、実際の現行犯逮捕にも巡回は一役買っているのだなというのに驚いた。

 これを考えると、巡回をするための警察官はまだまだ増やしていかなければならないだろう。フリーターやニートへ向けて交番勤務の人材募集に力を入れれば需要と供給も一致するのかもしれない。



■トラックバック送信先



■関連リンク
メード喫茶から女性店員連れ去る 無職男を現行犯逮捕 (朝日新聞) - goo ニュース



■関連エントリー





萌え経済学
萌え経済学
posted with amazlet on 06.01.28
森永 卓郎
講談社 (2005/10/30)
売り上げランキング: 80,066



最強萌系メイド喫茶ガイド

ミリオン出版 (2005/05/31)
売り上げランキング: 1,329



日本の警察―「安全神話」は終わったか
佐々 淳行
PHP研究所 (1999/10)
売り上げランキング: 53,372



美人女優と前科七犯―佐々警部補パトロール日記〈2〉
佐々 淳行
文藝春秋 (1998/02)
売り上げランキング: 93,271



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 まがりなりにもお酒を呑み始めて九年目に入った。ただし、僕の場合フライングもしている。

 そうした中で、どう呑めば酔いにくいのか、次の日楽なのかなどの知識はもっているが、呑み会シーズンにおいて、改めて確認しておこうと思った。

お酒に関する常識の落とし穴(1) - goo ヘルスケア
お酒に関する常識の落とし穴(2) - goo ヘルスケア

 まあでも、落とし穴と銘打つ割にはどれも知っている知識。これが基礎となって、どうお酒を美味しく呑むのかが僕にとってのポイントになるのだが、なかなかお酒の名前がおぼえられない。だから、メニューリストを見ても、どれがおいしいのか見えてこない。

 これは、酒の名前をおぼえるくらいなら他にエネルギーを割いたほうがよいという考えにも由来していると思うが、今年はもうちょっと真剣に酒の名前をおぼえてみようかとも思う。

 しかしながら、今回の年末年始ほど呑み会に呼ばれない年も珍しい。僕を含め、周辺が社会人として最も多忙な時期に入り始めたのかと思うとがんばらなくてはなあと思う。



■トラックバック送信先



■関連リンク
お酒に関する常識の落とし穴(1) - goo ヘルスケア
お酒に関する常識の落とし穴(2) - goo ヘルスケア



■関連エントリー
社会と私(56) 忘年会と幹事
社会と私(40) 僕がお酒を飲み交わしたい歴史上の人物
社会と私(39) お酒を飲み交わしたい歴史上の人物





あなたの仕事が劇的に変わるメール術
平野 友朗
ビジネス社 (2005/05/27)



考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
バーバラ ミント Barbara Minto
山崎 康司 グロービスマネジメント
インスティテュート
ダイヤモンド社 (1999/03)
売り上げランキング: 2,614



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 僕の世代で年賀状をもらう人は、どういう関係の人からもらうことが多いのだろうか。僕自身の場合は親戚や先輩、先生など、上の世代の方である。友人との年賀状交換はほとんどない。

 友人とはネットでの賀状やメールで事足りている。賀状の習慣そのものがない関係の人もいる。mixiなどでよく顔をあわせているからだ。

 年賀状は生き残るという意見もある中、本当に絶滅するんじゃないかという気もした昨日だったのである。

 僕らはネット上で挨拶をかわし、SNSで常に顔をあわせて、年賀状の必要性を感じなくなり始めた世代のように思う。関係を持続するにはmixiで事足りているのだから、わざわざ大量の時間を割いて年賀状をつくらなくてもよいのである。

 これにより、友人に年賀状を送る必要はなくなってきている。年賀状をいただく上の世代の方々に返していればそれでよい。では、上の世代の方々が亡くなり出したら。。。また、我々は下の世代に年賀状を送る習慣をこれからつくっていくのだろうか。

 一概に絶滅するとは言えないし、それがいいこととも悪いこととも言えない。しかし、技術が習慣を変える、そして、より便利なコミュニケーションをつくってくれる時代なのだなあと感じた。



■トラックバック送信先



■関連リンク



■関連エントリー





あなたの仕事が劇的に変わるメール術
平野 友朗
ビジネス社 (2005/05/27)



考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
バーバラ ミント Barbara Minto
山崎 康司 グロービスマネジメント
インスティテュート
ダイヤモンド社 (1999/03)
売り上げランキング: 2,614



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
仏の女性、手術成功 顔面移植はアイデンティティーの消失? (産経新聞) - goo ニュース
そっとしておいてほしい=世界初顔面移植の仏女性が訴え (時事通信) - goo ニュース

 顔面移植は皮膚、血管、神経などをつなぐ高度の外科技術を要するだけに、「世界初の快挙」との声が医学界からあがる一方で、顔というアイデンティティーそのものの極めて特殊な部分の移植だけに懐疑的な意見も出ている。

 フランス火傷協会のビラン会長は、仏紙リベラシオンの質問に答えて、「顔面移植は自分のアイデンティティーの消失にほかならない。フランスでは現在、他人の、それも死者のアイデンティティーを受け入れる準備はまだできていない」と否定的だ。

 リヨンの精神科医のブルロ氏も「顔は美的な機能と同時にさまざまな機能を持つ。顔を失うことはすべてを失うも同然だ。もし移植で新しい顔を与えることができたら、他人の死者の顔を自分の新しい顔とする努力が必要だ。患者が精神的に弱いと不安定になることもあり得る」と述べ、懸念を指摘している。


 鷲田清一さんが飛びつきそうな話題だろう。顔面はアイデンティティそのものなのか、顔は自分のものなのか。

 一般的には顔は自分そのものと受け取られているようだ。しかし、身体論の世界になれば、それは他者であるという論が強い。人間は自分自身を自分の目で見ることはできない。他者によって見られる自分を意識し、イメージすることで自分を認識するという点で、身体は他者のものであるということである。そして、アイデンティティもまた、他者に自分を自分と認識してもらうことにより成り立つものだ。

 この点で、顔が変わることは、他者に自分を自分と認識してもらう最も有用な手段を失うことに他ならない。記憶や性格などの内面的部分を頼りにしなければならないということで、より確固とした内面を持ち続けなければならないプレッシャーは強いストレスとなるだろう。

 他者の視線を気にしなければ、内面は変わらない。しかし、自分自身の中に潜む他者との葛藤はその内面を脅かす。自己を客観視する自己が、鏡を見たときにどういう自分を見つけるのか。これは自分ではないと叫び、これは他者に自分と認識してもらえないと悲鳴を上げるだろう。彼女の生活はこの戦いだろう。

 他者に見られることにより保持する自分というのは、もちろん現代の価値観からのものなので、彼女はこの価値観から脱却することでストレスから解放されることになるのかもしれない。彼女は「この顔は私だ」と言っているらしい。克服していくのだろうか。



■トラックバック送信先



■関連リンク
仏の女性、手術成功 顔面移植はアイデンティティーの消失? (産経新聞) - goo ニュース
そっとしておいてほしい=世界初顔面移植の仏女性が訴え (時事通信) - goo ニュース



■関連エントリー





じぶん・この不思議な存在
鷲田 清一
講談社 (1996/07)
売り上げランキング: 19,346



顔の現象学―見られることの権利
鷲田 清一
講談社 (1998/11)
売り上げランキング: 44,235



ちぐはぐな身体(からだ)―ファッションって何?
鷲田 清一
筑摩書房 (2005/01)
売り上げランキング: 8,639



「私」探しゲーム―欲望私民社会論
上野 千鶴子
筑摩書房 (1987/01)



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
「忘年会に参加」6割超 でも「幹事なりたくない」半数 (朝日新聞) - goo ニュース

 ほぼ平均的な呑み会への意識というものが出ている結果だと思う。

 けれど、幹事も呑み会の顔ぶれによりけりとも思う。気乗りしない呑み会であれば、幹事という仕事を口実に席を外すことも話をそらすことも可能。意外と仕事を持っているというのは「使える」。

 しかし、忘年会に参加の割合が、去年は過半数を下回っているというのも驚き。今年の6割台もまた少ないように思う。せめて顔を出すくらいは誰でもすると思うのだけれど、意外とそうでもないのだなあ。



■トラックバック送信先



■関連リンク
「忘年会に参加」6割超 でも「幹事なりたくない」半数 (朝日新聞) - goo ニュース

アサヒビール | ニュースリリース2005 | 1206:『忘年会に関する意識調査』



■関連エントリー
社会と私(40) 僕がお酒を飲み交わしたい歴史上の人物
社会と私(39) お酒を飲み交わしたい歴史上の人物








なぜか人に好かれる心理テクニック
平 準司
日本実業出版社 (2005/06/28)



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
 ヒット商品番付の発表があったようだ。

横綱に「愛知博」「アキバ」 SMBCコンサル 05年ヒット商品決まる - CNET Japan

このヒット商品番付はSMBCコンサルティングが一九八八年から実施しており、今年で十八回目。番付の順位は出荷台数や売上高などの実績だけでなく、マーケットに与えた意義やインパクト、今後の成長性などを総合判断し決めている。


 選考基準は上記らしい。それを踏まえてなお、番付に疑問がある。。。

 まず、「愛・地球博」。かなりの人出があり、経済効果があったとも思うが、単発のイベントを今年一番にすえることもなかろうにと思う。また、愛知に行ってない人間にとっては、実感が非常にわきにくい。ニュースもさほど見ないので、それはなおさらだ。

 いっぽうで、「アキバ」で象徴させたオタクマーケットは今年の最大注目株として注目されてよいだろう。萌えビジネスとして『電車男』からメイド喫茶まで、マーケットの拡大も見込める分野だ。

 大関に入った「ブログ」も首をかしげる。今年が流行の端緒だったかというと疑問だし、ブログが経済効果に貢献したかというと、個人消費に関しては少ないものだし、法人にしたって大きな資本投下をするわけではない。また、ブログというスペースが人を集めている感もあるのだが、一ヶ所に集中させることもないわけで、経済効果として、商品としてどうなんだろうという疑問を呈さざるを得ない。

ヒット商品番付 : Business Watch : SMBCコンサルティング

 さらに、上記のSMBCの分析ではソーシャルネットワークであるmixiをブログに含める基準の甘さ。流行語として選んでいるのではないか。適当すぎる。

 ということで、西の大関にして初めて商品らしい商品が出てくる。「ipodファミリー」だ。実質的な横綱はこのipodシリーズだろうし、2005年を席巻した大ヒット商品はこれしか存在しないと思う。

 その他の番付の商品は、大ヒットかというとそうではない気がするし、「VS」を利用して一気に二商品をノミネートするところがずるい。

 何にしても価値観の多様化の時代で、大ヒットは生まれにくいのだろう。そんな中で、ipodシリーズの大ヒットはもっと評価されてしかるべきだと思うのだが。



■トラックバック送信先
MyPersonalLinks+:2005年をふりかえる~ヒット商品と新語・流行語大賞~



■関連リンク
横綱に「愛知博」「アキバ」 SMBCコンサル 05年ヒット商品決まる - CNET Japan

ヒット商品番付 : Business Watch : SMBCコンサルティング



■関連エントリー
社会と私(54) 新語・流行語大賞決定
社会と私(49) ワード・オブ・ザ・イヤー
社会と私(48) 新語・流行語大賞
Webサービスと私(52) Web of the Year 2005ノミネート





できるiPod & iTunesの「困った!」に答える本 Windows XP & Mac OS X 対応
小寺 信良 できるシリーズ編集部
インプレス (2005/09/30)
売り上げランキング: 149,852



imidas イミダス 2006
imidas イミダス 2006
posted with amazlet on 05.12.03
イミダス編集部
集英社 (2005/11/04)



さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
山田 真哉
光文社 (2005/02/16)
売り上げランキング: 26



萌え経済学
萌え経済学
posted with amazlet on 05.12.07
森永 卓郎
講談社 (2005/10/30)
売り上げランキング: 80,066



Nana (13)
Nana (13)
posted with amazlet on 05.12.07
矢沢 あい
集英社 (2005/08/12)
売り上げランキング: 49



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
今年の流行語大賞、「小泉劇場」と「想定内(外)」 (読売新聞) - goo ニュース

新語・流行語大賞

 新語・流行語大賞が決まったらしい。あと一ヶ月残す時点での選考ってどうなのだろう。あと二週間遅い時点での発表のほうが、より2005年という年をはかれるようになると思うのだが。

社会と私(48) 新語・流行語大賞

 結果は予想通り。トップが二つあるというウラワザにはびっくりしたが、「想定外」と総選挙関連で決まったというのは順当といったところか。

 受賞の中に「ブログ」が入っているのが首をかしげる点か。昨年の時点で既に流行していたと思うし、これが「流行語」かというと、違うと思うのだが。選考者が流行に鈍感なのではないのかという疑惑が非常に深まる一語である。こういう言葉を毎年選んでいるから、「流行語大賞」に対する信頼度がいまいち伸びないわけで、もっと考えたほうがいい。

 もう一点、「クールビズ」ということばは上からの流通だった点で首をかしげる。流行語はメディア発信なわけで、そもそもが押し付けなわけだけれども、政府主導のことばは避けるべきだろう。その意味では「フォーーー」が自然発生的というか、下からの流通という側面が一番強いと思う。

 いずれにしても、これらのことばが、後年、2005年の世相を表すことばとして採用されるわけで、十全とはいえないなあという印象だ。



■トラックバック送信先



■関連リンク
今年の流行語大賞、「小泉劇場」と「想定内(外)」 (読売新聞) - goo ニュース

新語・流行語大賞



■関連エントリー
社会と私(49) ワード・オブ・ザ・イヤー
社会と私(48) 新語・流行語大賞
Webサービスと私(52) Web of the Year 2005ノミネート





レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
posted with amazlet on 05.11.17
レイザーラモンHG
竹書房 (2005/11)



imidas イミダス 2006
imidas イミダス 2006
posted with amazlet on 05.12.03
イミダス編集部
集英社 (2005/11/04)



現代用語の基礎知識 2006

自由国民社 (2005/11/04)



この記事のトラックバックURL

■『人間喜劇』目次
『人間喜劇』の目次はこちら
COPYRIGHT © 2005 人間喜劇 ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。